経営者インタビュー 中島 康博 氏(メガエフシーシステムズ株式会社 代表取締役社長) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 中島 康博 氏(メガエフシーシステムズ株式会社 代表取締役社長) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、中島 康博 氏(メガエフシーシステムズ株式会社 代表取締役社長)です。複数のFCビジネスを展開するマルチフランチャイジーとして有名な、メガエフシーシステムズ株式会社の経営者、中島康博氏にお越しいただきました。牛丼の「吉野家」9店、「牛角」6店、とらふぐ料理専門店「玄品ふぐ」1店など、計25店のFCを経営。中島康博氏は座右の銘で挙げられていた「当たり前のことを当たり前にする」という、凡事徹底の考え方を体現されている経営者です。皆さんもぜひお聞きいただき、経営者としての在り方を改めて見つめ直すきっかけとしていただければと思います!

(2017年6月配信)



前回に続き、中島 康博 氏(メガエフシーシステムズ株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:卒業後、サトレストランシステムズにご就職されていますが、選ばれた理由はございますか?

中島康博:実家が、新規事業として和食屋の店をドライブイン形式やっていたので、現場を知らないといけないと思いました。少なくとも包丁が出来ないといけないと思い、大阪の叔父に紹介されて、飲食店に入りました。

新谷哲:サトレストランシステムズではどんなことを学ばれましたか?

中島康博:店舗のオペレーションから、調理、ホールなど何でもやりました。半年後に、セントラルキッチンに移動になり、全店のソースなどの加工をやりました。ガリバー旅行号みたいで、見張り場の親方みたいなことをしながら作っていました。そこで「チェーンストアはこういう事」と実践として学べました。

新谷哲:その後、吉野家に入社していますが、吉野家に行かれた理由は何かありましたか?

中島康博:大きな理由は、先代が既に、吉野家にフランチャイズ加盟していたことです。後継者として、吉野家のチェーンストア理論を学ぶために入社しました。

新谷哲:吉野家ではどのようなことを学びましたか?

中島康博:ものすごくインパクトがありました。飲食は水商売といわれている事業で、一般の人からは地位が低く見られていました。しかし、サトレストランや吉野家は、感覚で盛り付けるのではなく、規定量を盛り付けたりする。牛丼でいうと、肉を投入するたれの温度や何度、ご飯の量は何グラムなど、どんぶり勘定ではないとびっくりしました。そこでスイッチが入りました。水商売の部分ではなく、きちんと科学されている部分、事業として成り立つ部分が勉強出来たのが、大きかったです。

新谷哲:吉野家は、インダストリアルエンジニアリングを投入し、科学的に行っていますからね!当時から科学的な文化を取り入れていたのですか?

中島康博:そうですね。当時から、コンピューターも導入しておりました。驚いたのが棚卸しを1日に3回やるのですよ。

新谷哲:3回もしていたのですか!?

中島康博:なぜかと申しますと、きちんといい商品が出ているのか、規定量が守られているのか、1kgあたりのお肉が正確に盛られているかなど、確かめるため。本当に感動的で、これは飲食ではないと思いました。

新谷哲:初めてお聞きしますし、大変勉強になります。その経験は、今のマルチフランチャイジーの事業に生きていますか?

中島康博:実は、いま行っている管理項目、例えば「人事管理」「労働生産性」「分配率」など、全て吉野家から学びました。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]中島 康博 氏
メガエフシーシステムズ株式会社 代表取締役社長

牛丼の「吉野家」9店、炭火焼肉酒家「牛角」6店、とらふぐ料理専門店「玄品ふぐ」1店、こだわり かつ丼「かつさと」2店、介護施設(デイサービス)「茶話本舗」6事業所、高齢者専門宅配弁当「宅配クック123」1店舗 計25店のFC経営。新たな業態を続々と開発中。そして何人の起業家を育成できるかに挑戦中。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、中島 康博 氏(メガエフシーシステムズ株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。