経営者インタビュー 相浦 孝之氏(株式会社このみ 代表取締役) Vol.4|経営ノート

経営者インタビュー 相浦 孝之氏(株式会社このみ 代表取締役) Vol.4|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、相浦 孝之氏(株式会社このみ 代表取締役)です。今回は、独自ブランドの制服を立ち上げ、インターネット通販を通じて人気を集めている、株式会社このみの経営者、相浦孝之氏にお越しいただきました。原宿の店舗にはイマドキの女子高生が殺到しており、日本テレビ「マツコ会議」でも「原宿オシャレ制服専門店」として取り上げられるほど、大人気となっています。新潟県生まれの相浦孝之氏は、学生時代はスキーに没頭し、そこで忍耐力を鍛えたといいます。そして今や自ら「商売は天職」と言い切る社長の、商売・経営に対する深い情熱とは?経営者インタビューをぜひお聞きください!

(2017年8月配信)


前回に続き、相浦 孝之氏(株式会社このみ 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.3はこちら

新谷哲:違う質問をさせていただきます。好きなことは「快眠グッズとお酒」とお答えいただきました。ずいぶん違う2つですが、こちらを選んだ理由はございますか?

相浦孝之:実は、シンクロしています。体の体調を修正、回復するには3つあると思います。食べて回復させる、薬で回復させる、寝て回復させる。この3つです。自然治癒は寝ること、食べることだと思っているので、この2つをきちんとやろうと決めました。そして僕は、お酒というのは、毎日少なからず飲みます。全く飲まなかったら眠れないのです(笑)。そのため、快眠グッズとお酒がシンクロしています。

新谷哲:お酒のところは、私と一緒なのでシンパシーを感じてしまいます(笑)。他にも好きなもので「温泉、ドライブ、ゴルフ」と書かれています。ドライブ好きということは、妙高から車で東京に来られることもあるのですか。

相浦孝之:そうですね。時間制限や荷物を運ぶのが大変なので、車を使うことが多いです。深夜の時間帯を使うと仕事の時間も削られないので、非常に有意義です。車に乗っている時間でボーっと考えるのがいいと思います。年間5万キロくらいは乗っていますね。

新谷哲:すごいですね。それでしたら車も結構乗り換えますね。

相浦孝之:僕の場合、車3台であっちを乗ったり、こっちを乗ったりしています。

新谷哲:そして、座右の銘ですが、「夢なき者に目標なし、目標ない者に計画なし、計画ない者に行動なし、行動ない者に成果なし、成果ない者に幸福なし」と、素晴らしい座右の銘を掲げられています。選ばれている理由は何ですか?

相浦孝之:これは、他社に行っていたとき、柱に掲げられていた言葉です。何かと思って調べましたら、高杉晋作さんの言葉を少し変えたもので、見たときに「これだ」と感じました。順番に見ていくと、夢より大きな目標なんてあるわけない、目標より大きな計画なんてあるわけない、計画より成果が大きいなんてなかなかない、なのでやっぱり夢は大きくもとう、という意味です。周りからは見えないようにしていますが、僕の机の前に貼ってあります。

新谷哲:素晴らしいですね。最後の質問ですが、全国の経営者、もしくは、これから起業する方に向けて、経営者として成功する秘訣をお教えいただけたらと思います。

相浦孝之:僕が考える経営者の成功の秘訣は、「勇気をもってチャレンジしていくこと」です。チャレンジは失敗するもの。なので、余力を残してチャレンジすることが、経営者として成功する絶対条件だと思います。僕も年齢を重ねましたが、周りを見てみると、当時「一緒に頑張って行こう」と言っていた経営者は、少なくなっています。なぜかと言うと、全身全霊100%でチャレンジしてしまう。余力を残さないので、失敗すると何も残らない。なので、何事もうまくいかない。そのため、余力を残してチャレンジするべきだと思います。

新谷哲:余力を残してチャレンジですね。大変勉強になります。相浦孝之社長、本日は、誠にありがとうございました。

相浦孝之:ありがとうございました。

 


 
編集後記(聞き手・新谷 哲 談)

制服が無い学校に制服を売るなんて私には想像付かなかったです。それで、全国展開して、事業を伸ばされ、経済産業省にも認められるので、大変びっくりしております。これから、もっと拡がっていくと思います。また、余力を残してチャレンジというのは、冷静でいらっしゃいます。販売力、発想力、冷静で、しかしながらチャレンジして成功している経営者だと感じました。ぜひ皆さまも真似していただけたらと思います。

 

[プロフィール]
相浦 孝之 氏
株式会社このみ 代表取締役

母親が経営していた新潟県妙高市内の衣料店を継ぐ。2000年頃から、「なんちゃって制服」の販売が話題になる。2008年に原宿に出店、オリジナルブランドを立ち上げる。パリ、ローマ、ブラジル、中国、韓国などで制服のファッションショーを開き、注目を集める。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、相浦 孝之氏(株式会社このみ 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。