経営者インタビュー 今野清志氏(株式会社六方社 代表取締役) Vol.2

経営者インタビュー 今野清志氏(株式会社六方社 代表取締役) Vol.2

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、今野清志氏(株式会社六方社 代表取締役)です。今回は、『目は1分でよくなる!』の著者、35万部の大ヒットベストセラーを執筆された、株式会社六方社 代表取締役の今野清志氏にお越しいただきました。中学では柔道で東北大会のチャンピオンとなるほど力が強かったという今野清志氏。様々な経緯から中央大学法学部を卒業後、慈恵医大のアイソトープ科に出向して医学を学ばれます。患者を救うには予防医学が最も大切だということに開眼し、薬を使わない治療法の確立をライフワークとされています。ご趣味では演劇や日本舞踊も嗜まれていたという、多才な今野清志氏の魅力溢れるお人柄を、ぜひ経営者インタビューよりお楽しみください。

(2017年10月配信)



前回に続き、今野清志氏(株式会社六方社 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:大学時代はどんな学生でしたか?

今野清志:大学1年、2年生では柔道をやりましたが、腰に負担がかかったので止めました。次に興味をもったのが、全く逆方向の演劇です。演出家が面白いのではないかと思い、ドイツに留学するつもりでいろいろ勉強しました。

新谷哲:知らないことが出てきてびっくりしています(笑)。演劇というと、演劇部ですか?

今野清志:演劇部じゃないですが、昔から小説が好きで本はたくさん読んでいました。それから歌舞伎や松竹新喜劇、舞台などが好きでした。それと、親戚が東京におりまして、「感想文を書きなさい」と言ってよく本を送っていただきました。その中でドイツの文学があったので、ドイツ語も含めて少し勉強していこうかなと思いました。

新谷哲:想定外の新しいお話ばかりですね。プロフィールには演出や演劇の道には進まれず、慈恵医大のアイソトープ科に出向して医学を学ぶ、と書いていますが、柔道でもなく政治でもなく演劇でもなく、なぜアイソトープなのですか?

今野清志:ドイツへの留学が決まっていたのですが、一緒に飛び立つ予定のドイツ文学の先生が心臓病で倒れてしまいました。ドイツ留学は先生と一緒にと思って企画したものだったので、留学は中断しました。そこでアイソトープの研究室に縁があって、滑り込みました。

新谷哲:そうですか。そのアイソトープというのはどういう意味ですか?

今野清志:アイソトープは核医学です。ラジオアイソトープといって放射性同位元素を使う検査方法です。当時としては珍しいというか、ありませんでした。新しいものだから、古い先生方は分からないのです。分からないから教わりにくる、という感じでした。

新谷哲:今野清志社長は、研究員として入られた感じなのですか?

今野清志:そうそう。

新谷哲:大先生達に教えているという感じですか?

今野清志:そうですが、逆転していますね(笑)。知識が違うからですが、それで色々な病院に入りました。するといろんな科があって、科によって全然違う。研究熱心な科もあれば、不熱心な科も、いろいろあります。

新谷哲:その後、中医学に出会われて中国に渡られるのですが、慈恵医大を辞めたのですか?

今野清志:そうです。なぜかというと、病院で働いていると、いくら検査しても、原因は分かるのに治す方法がないものがあります。自問自答して、これじゃ駄目だなって思いました。その時に中医学の先生と出会って、私が施術を受けたのです。その時「手技でこんなに体が楽になるものがあるものか!薬を出しても効かないのに」と衝撃を受けました。後で聞いたら、中国の中医学でした。病院にいると患者が何万人も来ます。しかし患者は治せない状態だから病院に何度もくる。それで予防したほうが良いのではないか、予防医学が良いのではと思い、中国に勉強しに行ったのです。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]今野清志 氏
株式会社六方社 代表取締役

1953年、宮城県生まれ。中央大学法学部卒業後、慈恵医大アイソトープ科にて医学を学ぶ。当時日本初のRIの血液検査を紹介するかたわら、予防医学の重要性に気づき、薬を使わない治療法の確立を目指すようになる。その後、中国北京国際針灸倍訓中心結業・中国中医研究院で研修などを行なう。30代から整体治療院を開業し、これまでに15万人以上の目や身体の健康を治してきた。著書に、『目は1分でよくなる!』、『耳は1分でよくなる!』などがある。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、今野清志氏(株式会社六方社 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。