経営者インタビュー 伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長) Vol.2

経営者インタビュー 伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長) Vol.2

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長)です。今回は、株式会社ウェイビーの代表取締役社長、伊藤健太氏にお越しいただきました。慶應義塾大学卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名と資本金5万円で起業。起業当初はお金がなさ過ぎて、カードで借金をしながらの企業経営を行う。その後、年間3,000件以上の起業に関わる事業を経営し、会社は急成長。日本最大規模の起業イベントや、累積4,000人以上が参加する「TERACOYA」、起業支援ポータルサイト「助っ人」の運営等に携わる、起業に関する日本の第一人者である経営者です。

(2017年11月配信)



前回に続き、伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:慶応に受かったということは、頭も良いのですね。大学時代はどんなことをして過ごされましたか?

伊藤健太:私って、対象物を選ぶセンスがないと思います。なので、別に何でもいいから、「決めたことをちゃんとできる行動習慣を身につける」ことを決め、勉強とバイトとサッカーの3つをやりました。高校生の時には、「文武両道と面白いこと、という3つの軸を追いかけていたのです。私にとってはこの3つが達成できることが一番の楽しみ、この3つをバランス良くやっていたのです。就活の時とかもよく言っていたことが2つあります。「強みは何ですか?」とか聞かれて、「バランス感覚」「決めたことをちゃんと実行できます」という2つを強みとして、ずっと言っていました。

新谷哲:お聞きしているだけで、私の反省が始まってしまいますね。私の反省のことを話すことはやめておきます(笑)。

伊藤健太:いえいえ、全然(笑)。

新谷哲:何学部で勉強をしたのですか?

伊藤健太:法学部です。何でも良かったので法学部に意味はありませんが、普通の人よりも1.5倍ぐらい単位を取り、成績もほとんどAとかで出ているのです。だからちゃんと授業に出るということが、1つ。あとは、形に残そうと思って資格を取ったりしました。例えば英語を勉強しても、法学部なので形に残らないので。

新谷哲:資格は何を取られたのですか?

伊藤健太:資格は色々取りました。FPとか、法学部なので行政書士とかも取りました。大学2年ぐらいの時に面白いなと思って中小企業診断士の勉強もやっていたのですが、それは途中で頓挫してしまいました(笑)。

新谷哲:大学卒業後は、起業して経営者になっていますが、就職活動はしなかったのですか?

伊藤健太:就職活動はしています。でも当時「就職するって何だろう?」とよく分からなかったのです。今になって明確に分かりますが、就活って仕組みはどう考えても死んでいて、おかしいじゃないですか!400万社ぐらいの企業から、世の中が分からない中で、1社を選ぶって本当にセンスが私にはないと思いました。でも当時は私もメインストリームに乗っかってしまっていて、何となく流される中で、「就職しない」と最初に言いました。でも周りが就職活動をし始めて「会社説明会に行かないのはやばいな」と感じ、大学3年の夏ぐらいからスタートし、いわゆる戦略コンサルみたいな会社を1社受けたのです。私、その1分の1に受かったのです。ゼミの中で最後にスタートしたのですが、最初に内定をもらい、周りからものすごくいじめに合うのです(笑)。

いじめって悪いいじめじゃなくて、「お前ふざけんなよ」みたいな、「やらないって言っていたのに何で最初に内定もらっているんだよ」とか言われました(笑)。単位を取り終わっていたので、ゼミがほとんど唯一の楽しみで、ゼミの人達と仲良かったです。でも就活が忙しくて、皆ゼミに来なくなってしまうのです。それが寂しかったので、皆と一緒に会社説明会とかを周り始めました。

リクルートがウィンター勝負か何かで、筆記試験と面接が2回あって、それを通るとビジネスコンテスト型の採用直結プログラムをやっていました。そのプログラムに説明会に行って、面白そうだなと思ってゼミの人と一緒に受けました。一緒に受けたゼミの人は頭が悪いので面接とか筆記で落ちますが、私は通りました。そのプログラムは「事業開発などをやってくれ。最後3か月で役員に事業提案をする」という感じなのです。そこで50人ぐらい選抜された中で、私のチームが優勝したのですよ。そこで「何か事業を作るのって面白い」と思ったり、「リクルートという会社は面白い」と思いながら、最初に内定をもらったコンサル会社とどちらにするか、進路に迷いました。結果として、コンサルを辞めました。「事業をするのも意外と面白い」と思ってしまったからです。でもリクルートに行くのかといわれると、「昔のリクルートは良かったけど、今行く必要はあるのか?」と思うと、流されやすかったので迷いが生じるのですよ。結果リクルートも行かずに、行く場所がなくなってしまいました。

でも「就職しないといけない。何の為に働くのか?」を考えた時に、「自分はもっと地球が良くなる仕事がやりたい」と思いました。学生の頃に「国連に就職したい。世界の平和って誰が責任を持って管轄しているのか?それは国連だ」と思っていたので、「国連に行きたい」と思います。でも「国連に行くには3か国語を話せないといけないが、1か国しか話せないから無理だ」と諦めてしまったのです。でも、「何百万社もある企業から、それに近い企業を1社を選ぶ」ではなく「自分の名前で戦える仕事がしたい」と考え、消去法で政治家になろうと思います。世襲以外の政治家は、官僚や芸能人、放送関係出身が多かったです。私は法学部で勉強も好きだったので、「検察官になって、政治家に転身しよう」と進路がちょっと見えました。けれど秋口の採用で検察官になるには、ロースクールを挟まないといけません。実家にお金はないので、自分で貯めないといけなくなりました。そこで、「お金のために就職しよう」と金融業界に入ります。9か月だけ働き、400万ぐらいお金を貯めて、慶応のロースクールに合格しました。でも結局病気をしてしまい、進学を取りやめて、起業し経営者になりました。

新谷哲:どういう病気になったのですか?

伊藤健太:大腸にポリープがある病気です。発見されたときは、悪性と良性が半々くらいでした。ロースクールの受験のため、働きながら深夜まで勉強したタイミングなので、過敏になっていました。体調悪いなと思っていたのですけど、病院に行っても「悪いものはありません。何の問題もないので大丈夫。自律神経とかがちょっと弱っているだけだよ」と言われていたのですが、不安になって色々な病院を回りました。6件ぐらい回っても同じことを言われるので、「血が出ました」と嘘をついて内視鏡の許可をもらいます。そのときにポリープがありました。大腸ポリープって、良性でも時間経過とともに悪性になっていくので、「今ぐらいに見つかっていたら、もうマジで死んでいた」と思うのです。発見したのが良性悪性の半々のタイミングだったので、何の問題もありませんでしたが、当時の私からしたらめちゃめちゃショッキングな出来事です。「問題ない、ポリープない」と言われていたので、ポリープがあった瞬間は今でも覚えています。新谷さんはポリープをやったことあります?

新谷哲:ないですね。

伊藤健太:内視鏡やったことないですか?

新谷哲:ないです。

伊藤健太:横になりながらモニターが見えるのですよ。麻酔を打っているので眠い状態なのですが、私はちょっと見えている。お医者さんが「ほら大丈夫でしょう」と言って、最後肛門のほうからこうして遡っていくので。そしたら最後出口辺りで、お医者さんが「は?」となって「ポリープ見つけました」と言うのです。私それを覚えていて「やばい」と思って起きたら、もうベッドの上です。病理検査が「3週間後に出ます」と言われてからの3週間がもう地獄のような時間でした。検査結果を聞く前に進学を取り止めして、会社を経営すると決めました。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]
伊藤健太氏
株式会社ウェイビー代表取締役社長

慶應義塾大学卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名と資本金5万円で起業。企業支援業務をスタートさせ、年間3,000件以上の起業に関わる。日本最大規模の起業イベントや、累積4,000人以上が参加している「TERACOYA」の主催、起業支援ポータルサイト「助っ人」の運営に携わる。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。