経営者インタビュー 清水貴久氏(株式会社シルバーライフ 代表取締役) Vol.2

経営者インタビュー 清水貴久氏(株式会社シルバーライフ 代表取締役) Vol.2

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、清水貴久氏(株式会社シルバーライフ 代表取締役)です。今回の経営者インタビューは、日本一の高齢者向け配食サービスを運営する株式会社シルバーライフ代表取締役の清水貴久氏にお越しいただきました。親の言うとおりに勉強をしていたという小学校時代から、大学卒業後には警視庁に入庁。その後民間企業で修業を経たのち、起業・独立し創業経営者となられます。「事業戦略として上場が必要」と感じてから上場を目指し、2017年に東証マザーズに上場を果たされています。上場までの苦労、今後の展望などもリアルにお話いただいています。ぜひ、インタビューをお聞きください!

(2017年11月配信)



前回に続き、清水貴久氏(株式会社シルバーライフ 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:警視庁を退職後、私も在籍した株式会社ベンチャー・リンクに、私の後輩として入社されます。ベンチャー・リンクを選ばれた理由は何かあったのですか?

清水貴久:世間のことを教えてもらえそうだったからです。辞めるといっても、当時の私は民間企業のことは何一つ知りませんでした。あとは妻が「私の為にあんなに好きだった警察の仕事を辞めさせてごめんね」と罪の意識を持っていたようなのですね。ですから、「少しでも民間企業や経営のことを教えてくれそうな会社に入り、修行しよう」と思いました。そこで「経営コンサルタントという会社が、いろいろな経営者に経営の技術を教えるところだ」と知り、修行しようと思いベンチャー・リンクに入社しました。

新谷哲:修行はいかがだったのでしょうか?

清水貴久:いや、厳しい修行でしたね。これは新谷社長もご存知の通り、すごくひどい…いや、ひどくはないですね(笑)。素晴らしい会社でした。

新谷哲:私がちょっと質問しにくくなりました(笑)。その後、ベンチャー・リンクをお辞めになって独立起業し創業経営者となります。起業して経営者となった経緯をお教えいただけますか?

清水貴久:当時できたばかりだった「高齢者向けの配食サービス」という業界を知り、どうしても自分で経営したくなったことが一番の理由です。

新谷哲:「高齢者向けの配食サービス」の経営は、順調でしたか?

清水貴久:順調でした。当時、この「高齢者向けの配食サービス」の業界を作った宅配クック123というチェーンに経営者として入ります。店舗数が300店舗あった中で、私は売上No.1とNo.2の店を作ることができました。

新谷哲:そういうエピソードを聞きますと清水貴久社長は経営者の才能がもともとあったのではないか感じます。この時に創業したマーケットインという会社は、もう畳んでいるのですよね?

清水貴久:残念ながら宅配クック123の本部さんと喧嘩をしてしまい、畳むことになります。ただマーケットインで私が雇っていた第一号の教え子となる、戸井武司という人間が株式会社シルバーライフを創っていました。マーケットインを畳んだ後は、私も身を寄せました。

新谷哲:では、株式会社シルバーライフには清水貴久社長の前に、初代経営者がいらしたのですね?

清水貴久:そうです。

新谷哲:清水貴久社長は、2代目経営者になられるのですか?

清水貴久:そうですね。私は2代目経営者であり、初代経営者の先生という、ちょっと不思議な立場です。

新谷哲:初代経営者の後に2代目経営者になられる訳ですが、どのような経緯でシルバーライフの2代目経営者になられたのですか?

清水貴久:予想以上にシルバーライフが、特にフランチャイズの事業が大きくなったからです。もともと初代経営者である戸井社長は、「自分の目の届く範囲で2店舗3店舗やっていきたい」という考えだったのです。しかしベンチャー・リンクでフランチャイズを色々と教わっていた私が入社し、事業をどんどん大きくしていきました。そうすると、初代経営者の戸井社長から「清水貴久さん、どこまで大きくなっていくのか分からず、正直怖い。経営者を代わってくれないか?」という話を受けて、私が2代目経営者になりました。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]清水貴久氏
株式会社シルバーライフ代表取締役

大学卒業後には警視庁に入庁。その後民間企業で修業を経て平成14年に有限会社マーケットインを創業。平成21年に株式会社シルバーライフに移動後、代表取締役社長に就任。2017年に東証マザーズに上場。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、清水貴久氏(株式会社シルバーライフ 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。