経営者インタビュー 大嶋啓介氏(株式会社てっぺん 代表取締役) Vol.4

経営者インタビュー 大嶋啓介氏(株式会社てっぺん 代表取締役) Vol.4

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、大嶋啓介氏(株式会社てっぺん 代表取締役)です。てっぺん独自の「公開朝礼」はテレビや雑誌などで取り上げられ、今や大活躍の株式会社てっぺんの大嶋啓介社長ですが、中学時代や社会人、なにもかもやる気がなくなるほどの大きな挫折を経験したこともあると言います。現在は「子どもたちに夢や希望を与える」という熱い志のもと、人間力を究極に高める勉強会「人間力大学」の活動に最も力を入れられています。成功の秘訣はいかに楽しみ、ワクワクし、面白がれるかどうか?と言い切る株式会社てっぺんの大嶋啓介社長のお話は、聞いているだけで明るい気持ちになります!

(2018年1月配信)


前回に続き、大嶋啓介氏(株式会社てっぺん 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.3はこちら

新谷哲:大嶋啓介社長は、セミナーとか研修を年間何本くらい行っているのですか?

大嶋啓介:学校講演が100本ぐらいで、それ以外の経営者や経営幹部向けも合わせて、だいたい300本ぐらいです。

新谷哲:ほぼ毎日ということですか?

大嶋啓介:1日3講演とかやるので、毎日ではないです。

新谷哲:1日3講演やる時もあるのですか!すごいですね。

大嶋啓介:日数にすると150日ぐらい、回数は300本ぐらいです。

新谷哲:是非、経営者の皆様も大嶋啓介社長のセミナーをお聴きになってください!では、違う質問をさせていただきます。好きなもの・好きなことをお聞きしたら、「仲間」、「講演をすること・海外で夢を語ること・セミナーなどで学ぶこと」とお答えいただきました。なぜ、仲間好き、セミナー好きになられたのですか?

大嶋啓介:僕は小学校の時から大好きなのが祭りなのですね。地元に、日本で一番元気な祭り、やかましい祭りと言われている「石取祭」というのがあるのですが、それに集まると仲間と一緒に盛り上がります。そういうことがあって、今の居酒屋てっぺんがあります。あと一時期、僕が鬱になった時は、仲間ともあんまり会わなくなりました。研修の中で、「自分が本当に欲しいものとかは何か?」を考えるセッションで「自分は仲間が欲しかったんだ」と気付けました。何を成し遂げるかということよりも、誰と成し遂げるかというところを僕はすごく大切にしています。

新谷哲:大嶋啓介社長らしいです。座右の銘は、「可能性のない人はいない」とお聞きしました。理由はおそらく言わずもがなと思いますが、どうしてこの座右の銘に決めたのですか?

大嶋啓介:これは僕が「すごく感動した」言葉です。「自分も変われるのではないか。自分も可能性があるのだ」と気付かせていただいた言葉であり、今度はその言葉を「たくさんの人に伝えていきたい」と心から思っております。本当に自分の人生が変わった言葉であり、たくさんの人に伝えていきたい言葉だということです。

新谷哲:大変感動するお話ばかりをありがとうございます。

大嶋啓介:ありがとうございます。

新谷哲:最後のご質問です。全国の経営者向け、これから起業する方に向けて、経営者として成功する秘訣をお教え下さい。

大嶋啓介:これからもっと結果を出していきたいと思いますので、僕は決して成功とかしていないです。ただ僕は「たくさんの成功されている方に学ぶ」ことが大好きで、「成功されている方には共通項がある」と考えています。成功されている方は「夢を実現する、目標達成をする上で、とにかく楽しむワクワクするとか、面白がること」を大切にしています。僕はこれが経営者としての成功の秘訣だと思います。西田文郎先生という僕の大好きな師匠、脳科学の先生も「成功したからワクワクするのではなくて、ワクワクしている人が成功するだけだ」と言っています。この言葉も大切にしている言葉なのですが、まさに「ワクワクこそが成功の秘訣」だと思っています。

新谷哲:ありがとうございます。私ももっとワクワクしなければと反省しました(笑)。

大嶋啓介:新谷社長も、全然ワクワクされていますよ(笑)。

新谷哲:是非、経営者の皆様も、ワクワクしながら成功してほしいです。大嶋啓介社長、本日はどうもありがとうございました。

大嶋啓介:ありがとうございました。

 


 
編集後記(聞き手・新谷 哲 談)

今回は私が尊敬する経営者である株式会社てっぺんの大嶋啓介社長でした。経営者として成功する秘訣の「ワクワクするから成功するんだ」は、なるほどと感じます。私はもともとネガティブな人間なので、私自身はまだ全然ワクワクできていません。ポジティブにならなければと反省した次第です。是非、経営者の皆様も「成功者たるものはワクワクする、楽しむ」そして「仲間も大切にする」という部分を学んでいただき、大嶋啓介社長の真似をしていただければと思います。

 

[プロフィール]大嶋啓介氏
株式会社てっぺん代表取締役

三重県桑名市生まれ。「株式会社てっぺん」を設立。独自の「朝礼」がテレビや雑誌で取り上げられ、話題になっている。高校野球界では、2015年~2017年にかけ30校に強化研修をおこない、福島県の聖光学院や、長崎県の海星高校など、12校が甲子園に出場。現在は、企業講演だけでなく、学校講演を中心に、日本中の子供達に夢を与えたいという思いで日本全国で活動をしている。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、大嶋啓介氏(株式会社てっぺん 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。