経営者インタビュー 清水康一朗氏(ラーニングエッジ株式会社 代表取締役社長) Vol.4|経営ノート

経営者インタビュー 清水康一朗氏(ラーニングエッジ株式会社 代表取締役社長) Vol.4|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、清水康一朗氏(ラーニングエッジ株式会社 代表取締役社長)です。今回は、「教育を通じた社会の成長発展に貢献する」という理念のもと、セミナーポータルサイト「セミナーズ」を運営するラーニングエッジ株式会社 代表取締役社長の清水康一朗氏にお越しいただきました。高校生まではかなりのわんぱく少年だったという時代から、慶応義塾大学理工学部卒業後、人材会社を経てラーニングエッジ株式会社を設立。経営者自身が、経営セミナーを企画するのも、経営セミナーに参加するのも大好きと語ります。変化の激しい不安定な現代社会だからこそ、経営者やビジネスマンに、質の高い情報、知識、知恵を提供したい!そんな熱い思いのこもった経営者インタビューを、ぜひお聞きください。

(2018年2月配信)


前回に続き、清水康一朗氏(ラーニングエッジ株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.3はこちら

新谷哲:違う質問をさせていただきます。好きなもの、好きなことを事前にお聞きしたところ、「好きなもの、経営セミナー」「好きなこと、経営セミナーで学ぶこと」とお答えいただきましたが、そんなに経営セミナーお好きでいらっしゃるのですか?

清水康一朗:経営セミナーを作るのも好きですし、経営セミナーを聞くのも参加するのも大好きです。やはり分かっていないことは多いですし、分かっていないことが分かった瞬間は楽しいですよ。

新谷哲:経営セミナー好きになったきっかけはございますか?

清水康一朗:前職で経営コンサルティングをしていたので、結果を出さないと首を切られるので、必死に経営の本を読みました。でも経営の本を読んでも分からないことがあったので、著者が行う経営セミナーや講演会に行って、一生懸命質問しました。それを経営コンサルの現場で実践したら、具体的な名前は出せませんけど、100億円を超える利益が出ちゃったことがあったのです。100億円を超えるような結果が自分の一言や、経営コンサルタントの現場でのアドバイスで出てしまうので「教育というのは本当に価値ある」と思いハマってしまいました。

新谷哲:素晴らしいお話ですね。座右の銘もお聞きしていまして、「人生は心一つの置きどころ」「敬天愛人」「人事を尽くして天命を待つ」という3つをいただきました。何かこちらを選ばれた理由はございますか?

清水康一朗:色々な先生から学んだり、本は大量に読む中で、心に響いたものというか自然に自分の印象があって残ったものを選びました。結局「人生は心一つ置きどころ」だと思っています。私は中村天風先生をすごく尊敬していまして、人生にすごく影響を受けました。経営者というかリーダーという意味では、西郷隆盛さんの「西郷南洲遺訓を読む」。経営者であれば読まれている方多いと思いますが、ものすごく影響を受けています。

新谷哲:経営者らしい座右の銘で素晴らしいと思います。最後の質問になりますが、全国の経営者向け、これから起業する方に向けて、経営者として成功する秘訣・方法などをお教えください。

清水康一朗:我々はもう3万人以上の経営者の方と直接お会いして、業績をいかに上げていくか、会社をいかに良くするか、という事業を経営してきました。結論から言うと結局「売上や業績を上げられないと何も始まらない」ですよ。社員に良いことをしようと思っても、結果が出ていなければ、社員のための制度を作ったり、給与やボーナス出すことも出来ません。売上や業績を上げるには、「マーケティングをやる」だけです。

ほとんどの経営は、営業は頑張るし営業力もありますが、マーケティングを知りません。それで、もったいない思いをされている経営者がたくさんいるので、まずはマーケティングを導入されるべきです。ただ、ある意味セミナーズの功罪でもあると思うのですが、小手先のマーケティングが世の中に広まっています。世界中のマーケティングが日本で紹介されたことで、劣化コピーになったマーケティング手法が多くございます。まずは、劣化コピーの原点となる、マーケティングの本質的な部分を学んでいただきたいと思います。

新谷哲:私も、もう1回マーケティングを勉強しなきゃと思うようになりました。清水康一朗社長、本日はありがとうございました。

清水康一朗:ありがとうございました。

 


 
編集後記(聞き手・新谷 哲 談)

清水康一朗社長とは、昔からお付き合いがあります。経営セミナーを行っている点で、弊社WizBizとは、「ライバルといったらライバル、仲良し先といったら仲良し先」という感じです。経営者らしい経営者だと感じております。特に座右の銘の「人生は心一つ置きどころ」は、自分次第ということなのだと思います。まさに成功している経営者だと感じております。

 

[プロフィール]
清水康一朗 氏
ラーニングエッジ株式会社 代表取締役社長

1998年、慶應義塾大学卒業。デロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)等を経てラーニングエッジ株式会社を設立。N0.1のセミナーポータルサイト「セミナーズ」を運営。アンソニー・ロビンズの日本唯一のイベントパートナー。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、清水康一朗氏(ラーニングエッジ株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。