経営者インタビュー 広野道子氏(21LADY株式会社 代表取締役社長) Vol.3|経営ノート

経営者インタビュー 広野道子氏(21LADY株式会社 代表取締役社長) Vol.3|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、広野道子氏(21LADY株式会社 代表取締役社長)です。今回は21LADY株式会社 代表取締役社長 広野道子様にお越しいただきました。シュークリームの老舗チェーン「ヒロタ」、北欧家具・インテリア雑貨・キッチン用品の販売店舗の運営及び企画開発を行う「イルムス(ILLUMS)」の2ブランドを擁するライフスタイル産業の総合支援事業を展開されています。関西学院大学卒業後、ポッカクリエイト、タリーズコーヒージャパンなどのフランチャイズチェーン企業を経て、会社を設立した経緯など、活きた経営の話はとても参考になるかと存じます。男性顔負けのパワフルな女性経営者、広野道子氏の経営者インタビューを、ぜひお聞きください!

(2018年5月配信)



前回に続き、広野道子氏(21LADY株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.2はこちら

新谷哲:その後、シュークリームの老舗チェーンの「ヒロタ」のスポンサーになりますが、スポンサーになった経緯はございますか?

広野道子:これはヒロタを買う前の話になるのですが、一緒にプラザクリエイトで経営幹部をしていた方が、シューファクトリーという事業を経営していましたが、業績がどんどん悪くなり、債務超過になりました。債務超過なので資金調達できず、「食材費が払えない、給料が払えない」と、大変なことになっていました。

そこで「シュークリームの事業を買いますから、これで給料を払ったらどうですか?」と3000万円で会社を買ったのです。それが、創業から1年後のことです。その2か月後に洋菓子のヒロタが民事再生になり、株主の1社である三井物産の人から「ヒロタという会社が潰れて民事再生になるのですが、興味ありますか?」というメールがきたのです。

新谷哲:ではご縁という感じなのですね?

広野道子:そうですね。2か月後に、同じシュークリーム繋がりでたまたま話がきました。

新谷哲:スポンサーになられる訳ですが、実質は買収しての立て直しになりますから、「怖い」などの思いはございましたか?

広野道子:基本的にヒロタの事業自体は、誰でも知っているシュークリーム屋さんでしたので「シューファクトリーという誰も知らないシュークリームよりはブランド力もあるから何とかなるのではないか」と思ったのですよね。

新谷哲:じゃあ怖いとか、そんな感じは無かったのですか?

広野道子:はい、あんまり思わなかったですね。

新谷哲:ちょっと横道にそれますが、広野道子社長は経営をしているときに、怖いとは思われないのですか?

広野道子:あんまり思わないですね(笑)。

新谷哲:スッといく感じなのですね。

広野道子:どちらかというと文学部なので、あんまり考えないのです。理系や経済の人なら「このケースだったら大丈夫」と先を考えますが、私は全然考えないです。

新谷哲:考えないのではなく、度胸があるのだと感じます。話しを元に戻しまして、現在の21LADY様の経営している事業をご説明いただけますか?

広野道子:現在、21LADYはホールディングスカンパニー、持ち株会社です。この下に洋菓子のヒロタという会社と、デンマークの家具とか雑貨をやっているイルムスジャパンという会社と、フィンテックの会社、の3つがぶら下がっているという形で経営しています。

新谷哲:では起業の時にお考えになった「ライフスタイルの提供」が着々と広がり、経営の幅も広がっているのですね?

広野道子:そうですね。将来は、10ブランドぐらいに増やして経営しよう思っています。

新谷哲: 「10ブランドにして、事業領域もっと広げていく」という経営方針と思ってよろしいでしょうか?

広野道子:そうですね、はい。

Vol.4へ続く

 

[プロフィール]広野道子氏
21LADY株式会社 代表取締役社長

関西学院大学卒業後、株式会社ベンチャー・リンクに入社。FC本部の支援するグループ会社の代表取締役専務として20社のFC本部と提携及びFC開発を行う。1993年プラザクリエイトに入社、取締役社長室長としてグループ戦略の構築推進を行う。2000年にはライフスタイル産業総合支援事業として21LADY.COM株式会社を創業。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、広野道子氏(21LADY株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。