経営者インタビュー 吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長)です。今回は、PC・スマートフォン向け各種サービスの事業を経営する、株式会社イオレの代表取締役社長の、吉田直人氏にお越しいただきました。吉田直人社長は、1995年に咽頭がんの発覚、1997年に倒産そして自己破産という経験をされています。これらの苦難を乗り越えて、2001年に株式会社イオレを創業、2017年12月に東証マザーズに上場を果たしました。これらの経験を踏まえて、今、経営者の皆さんに伝えたいことは、「明けない夜はない」という言葉。大なり小なり、迷い悩みながら進んでいる吉田直人社長のお話は、経営者の皆様の大きな勇気となります。ぜひ、経営者インタビューをお聞きください!

(2018年4月配信)



前回に続き、吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:広告代理店は2年ぐらいでお辞めになっていますが、勉強になったのですか?

吉田直人:新卒の会社説明会やOB訪問の時に質問したところ、「イベントをやるんだったらセールスプロモーションだ」とお答えいただきました。そのため、頭の中に「セールスプロモーション」という言葉が頭に残ります。結果的にセールスプロモーションの事業を専門に経営する会社に入社しますが、僕の考えていたセールスプロモーションとは違ったのです。メーカーさんのプレミアムグッズや、おまけを使ったスーパーマーケットでのイベントなど、同じイベントでもバンドで経験したものとは雲泥の差でした。それで悩んでしまい、会社を辞めました。

新谷哲:会社を辞めて、すぐに起業して経営者となったのですか?

吉田直人:経営者というよりも、フリーで仕事を始めた感じです。フリーで仕事を始めて、1年ぐらい経ってから起業し経営者となります。

新谷哲:起業経営者になるとき、「怖さ」とかは感じなかったのですか?

吉田直人:今の若い子が起業して経営者になるとき、理念・理想が高く、色々なことを考えて経営者になることが多いと思いますが、僕が経営者になったのはバブルの頃でした。志とか理念・理想はなく、アルバイトの延長線上で経営者になったのです。バブルだったので、世の中に仕事がいっぱいあって、至るところから仕事が降って湧いて出る時代背景でした。ですので、怖さとかはなく、「いただいた仕事を一生懸命こなすことを連続して行う日々」という感じですね。

新谷哲:広告代理店の事業は、何年されたのですか?

吉田直人:最初は広告代理店と申しますか、編集の仕事から事業経営を始めました。大手の出版社からの仕事が多く、「若者はこんなことを考えている、あんなことが面白いと思っている」という、自分の目線で捉えられる企画を提案させていただき、編集の方と一緒にページを作っていく仕事です。

 

新谷哲:その事業経営は、何年されたのですか?

吉田直人: 3年~4年ぐらい経営していたと思います。

新谷哲:その後、1991年にシオンコーポレーションという会社を起業されていますが、職業紹介所の事業を経営する会社ですか?

吉田直人:職業紹介というよりも、請負とかの派遣業に近い事業でした。その会社は知り合いの経営する会社と合併しまして、一度マザーズに上場をしています。株式会社セレブリックスという名前で、博報堂プロダクツさんの100%子会社として存続しています。

新谷哲:その会社は「編集の事業経営を続けながら、別の会社を創業しよう」と思い、事業経営を開始したのですか?

吉田直人:当時は、人材が流動化していく時代でしたので、数多くの請負業や派遣業の事業を経営する会社が出てきました。その中で、「僕らも新たなチャレンジをしようと、見よう見まねで経営をはじめたところ、上手くいってしまいました。

新谷哲:それは編集プロダクションの会社も経営しながら、派遣の会社も経営する、ということですか?

吉田直人:新規事業の一環として立ち上げたので、両方の事業を経営しました。

新谷哲:ゲーム事業を経営する会社も、同じ年に創業ですか?

吉田直人:派遣業の会社から、ちょっと経ってからです。ただ、ゲーム事業を経営する会社の立ち上げに関しては、半年間ぐらい悩みました。先程言った通り理念・理想もない形で、流れの中で企業経営者となりました。ある時「自分が本当に経営したい事業は何か」を考え、悩み、立ち止まってしまいます。半年間ぐらい考え出た結論が「ゲームが好きだから、ゲームを作ろう」でした。急に会社を創業しましたので、無茶な立ち上げだったと思います。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]吉田直人氏
株式会社イオレ 代表取締役社長

株式会社ホワイトT&R、株式会社シオンコーポレーション(現・株式会社セレブリックス)、グラムス株式会社、株式会社サイバービズ(現・株式会社ザッパラス)など数々の会社を創業。2001年4月株式会社イオレを設立し代表取締役社長就任。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。