経営者インタビュー 吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長) Vol.3|経営ノート

経営者インタビュー 吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長) Vol.3|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長)です。今回は、PC・スマートフォン向け各種サービスの事業を経営する、株式会社イオレの代表取締役社長の、吉田直人氏にお越しいただきました。吉田直人社長は、1995年に咽頭がんの発覚、1997年に倒産そして自己破産という経験をされています。これらの苦難を乗り越えて、2001年に株式会社イオレを創業、2017年12月に東証マザーズに上場を果たしました。これらの経験を踏まえて、今、経営者の皆さんに伝えたいことは、「明けない夜はない」という言葉。大なり小なり、迷い悩みながら進んでいる吉田直人社長のお話は、経営者の皆様の大きな勇気となります。ぜひ、経営者インタビューをお聞きください!

(2018年4月配信)



前回に続き、吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.2はこちら

新谷哲:その後、1995年にがんを発症されたということをお聞きしているのですが、今は完治しているのですか?

吉田直人:20数年経っていますので、がんに関しては完治していると思います。しかし他の場所でがんが出る可能性がありますから、年に2回、しつこく検診しています。

新谷哲: 1995年にがんが見つかった時は、どんなお気持ちでしたか?

吉田直人:「がんが見つかった」と告知はなされなかったです。最初は「声帯にポリープができているので、これは切らなきゃ駄目だね」という話でした。手術は無事終わり、4日~5日後に退院する時、「実は放射線を来週からやるから」と言われました。「うん?ポリープなのに放射線?それはポリープじゃなくて、まずい病気じゃないの?」と思いながら「先生、それは何かまずい病気でしょうか?」と聞いたのですが、がんだと告知されませんでした。そこから放射線治療が始まって、だんだんとヒドくなるので、母親にかまをかけました。すると「発見が早かったので大丈夫」と言うので、そこで初めて「がん」だったと認識しました。

新谷哲:その当時は、3社の経営をしていたのですか?

吉田直人:ゲーム事業が会社メインでしたが、3社とも経営を続けていました。ゲームの会社は、20億円ぐらいの規模で、200人~300人ぐらいに急成長していた時期だったので、本当に青天の霹靂でした。

新谷哲:がんだと分かった後、会社経営についてどのように考えたのですか?

吉田直人:がんになって、考えました。実は僕ががんになる前年に、僕の友達がリンパ腫で亡くなっているのです。それを見ていたので、「人生は非常に儚いな」という気持ちもあって、「このまま死ぬのかな?」という気持ちのほうが強くなり、焦ってしまいます。死ぬのであれば「ドラゴンクエスト」とか「ファイナルファンタジー」とか、そういうすごい作品を残して、世に名前を残して死のう、と思いました。

新谷哲:その思いは、ヒットに繋がったのですか?

吉田直人:実は作品を作っている最中に、会社がなくなってしまうのです。銀行からの借り入れも結構していましたので、「がんで作品を残して死ぬから、みんな手伝ってくれ」と言えないじゃないですか。もし言ったら、みんなが死ぬ気で手伝ってくれたかもしれないのですが、当時は言えませんでした。85kgの体重だったのが60kgになり、狂ったように仕事をしましたが、理由を知らない社員から「狂った」と言われました。ずっと苦楽をともにしてきたメンバーには、「大作を残して死にたいから」と言えば、会社が倒産する結果にはならなかったかも、と今でも思います。

新谷哲:ゲーム事業で経営していた会社が倒産される訳ですが、他の2社はどうなったのですか?

吉田直人:編集プロダクション事業で経営していた会社は、その段階で閉じています。人材派遣業で経営していたシオンコーポレーションは手放して、それが結果的にマザーズに上場しています。私自身は、自己破産という流れになりました。

Vol.4へ続く

 

[プロフィール]吉田直人氏
株式会社イオレ 代表取締役社長

株式会社ホワイトT&R、株式会社シオンコーポレーション(現・株式会社セレブリックス)、グラムス株式会社、株式会社サイバービズ(現・株式会社ザッパラス)など数々の会社を創業。2001年4月株式会社イオレを設立し代表取締役社長就任。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。