経営者インタビュー 宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事)です。今回は、日本各地でウェルスダイナミクス普及のために活動する、一般社団法人日本適性力学協会の代表、宇敷珠美氏にお越しいただきました。マサチューセッツ大学ボストン校政治学部卒業後、20代をアメリカにて過ごし、日本帰国後は、アメリカ大学大学院日本校、インターナショナルスクールのディレクターなどを経て2002年に起業されました。サクセスリソーシズ(アジア最大のイベント会社)グループ会社の日本支社代表を務め、日本の起業家たちに海外ビジネスセミナーを紹介。多くの優秀な人材を様々な海外セミナーに導いた先駆け的存在となっています。サスペンスドラマを癒しの時間と楽しみながらも、「仕事が大好き」と断言するパワフルな女性経営者のお話は、大変興味深いかと存じます。ぜひ、お聞きください!

(2018年6月配信)



前回に続き、宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:アメリカでお仕事をなさっていた時は、どのようなスケジュールで動いていたのですか?

宇敷珠美:大学時代はバイトを掛け持ちして働いていました。卒業し、フルタイムで働けるようになっても、同じようにバイトを掛け持ちしました。目標が「お金を稼ぐ」だったので、稼げる職種を選び、ダブルシフトで働いていました。

新谷哲:宇敷珠美代表らしい一面が見えてきました。その後、日本に戻られていますが、帰国のきっかけは何でしょうか?

宇敷珠美:きっかけは、アメリカで子どもを産んだことです。アメリカのことは大好きでしたが「子どものためには、家族や親戚がいる環境の方が良いのかな?」とすごく悩みました。大きな決断でしたが、「子どものためには日本に戻った方がいい」と思い、帰国します。

新谷哲:日本に戻られてからはアメリカ大学大学院の日本校とか、インターナショナルスクールのディレクターをされていますが、就職活動をしたのですか?

宇敷珠美:いえ、就職活動はしていないです。私は「経営者になって何かビジネスを経営したい」と思っていました。ある起業家セミナーに参加し、そこで出会った女性の起業のお手伝いをしていて、彼女の会社で教育ビジネスの仕事をしました。アメリカ大学の日本校に関しては、その会社から出向している形です。

新谷哲:では「経営者になろう」と決め、起業志望の集団に近づき、縁ができたという感じですか?

宇敷珠美:そうですね。子どもがいるのでフルタイムで仕事をせず、本当に好きな仕事だけをやっていた感じです。私の場合は大学時代から、「常に好きなことしかやっていない」です。

新谷哲:羨ましい人生を送られていますね(笑)。その後、起業され経営者になっていますが、起業のきっかけはございますか?

宇敷珠美:きっかけは、「子どものための起業家教育のフランチャイズ」に出会ったことです。「そのフランチャイズをやりたい」と思ったことで、起業して経営者になることを決めました。

新谷哲:経営者になる際に「経営することが怖い」とは思われなかったのですか?

 

宇敷珠美:全然なかったです。むしろ「やりたい仕事・事業を経営できる」と、すごく嬉しかったです。

新谷哲:その事業の経営は、順調だったのですか?

宇敷珠美:全然駄目でした。今なら駄目だった理由が分かるのですが、内向的な人達というのは、地元ビジネスやローカルビジネスの経営が苦手なのです。「子どものための起業家教育のフランチャイズ」はまさにローカルビジネスで、スキルや適正が全くありませんでした。

新谷哲:その事業の経営が駄目だったということは、その後、違う事業の経営に移っていったのですか?

宇敷珠美:「子どものための起業家教育のフランチャイズ」の経営を始めて6ヶ月目の時、サクセスリソーシズという会社に出会いました。当時ですでにアジアNo.1の大きなイベント会社で、「新しいプロジェクトを日本向けにやってくれないか?」という話をいただきました。起業家教育のビジネスは「駄目だな」と思っていたので、それをきっかけにサクセスリソーシズのお仕事が中心になりました。

新谷哲: 6ヶ月目で「駄目だ」と思うところがプロの経営者ですね。サクセスリソーシズでは、「いろんな方を講師として日本に呼ぶ」という事業だったのですか?

宇敷珠美:基本的には、サクセスリソーシズがアジアで展開するいろんな経営セミナーをオンライン化して配信する事業の経営です。私はその部門の日本支社で、トップとして経営に携わっていました。

新谷哲:では、前に経営者インタビューでご出演いただいた、ラーニングエッジ社の清水社長と少し業種がかぶっていますね。

宇敷珠美:実は私の後任が、その清水社長だったのです(笑)。

新谷哲:そうなのですか(笑)。じゃあもうお親しい間柄でいらっしゃるのですね。

宇敷珠美:そうです。着任前から清水社長のことは「私より前に起業経営者になっていてすごいな」と思っていました。でもサクセスリソーシズの仕事に関しては、私のすぐ後に清水社長が着任されたという感じですね。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]
宇敷 珠美 氏
一般社団法人日本適性力学協会 代表理事

マサチューセッツ大学ボストン校政治学部卒業後、20代をアメリカにて過ごす。日本帰国後は、アメリカ大学大学院日本校、インターナショナルスクールのディレクターなどを経て2002年に起業。サクセスリソーシズ(アジア最大のイベント会社)グループ会社の日本支社代表を務め、日本の起業家たちに海外ビジネスセミナーを紹介、多くの優秀な人材を様々な海外セミナーに導いた先駆け的存在となる。現在、パッションである起業家の支援をしながら日本各地でウェルスダイナミクス普及のための活動に務めている。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。