経営者インタビュー 平野哲也氏(株式会社オンリーストーリー 代表取締役) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 平野哲也氏(株式会社オンリーストーリー 代表取締役) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、平野哲也氏(株式会社オンリーストーリー 代表取締役)です。今回は、国内最大規模の経営者インタビューサイトを運営する、27歳の若手経営者、株式会社オンリーストーリーの平野哲也社長にお越しいただきました。テニス漬けだった学生時代を経て、偏差値30代から早稲田大学に入学。20代前半で病気をした経験から、「経営者になる」という思いに気付き、就職活動をせず2014年にオンリーストーリーを創業・起業され経営者となりました。現在は、1000名以上の経営者へのインタビューを無料掲載するという、日本初のビジネスモデルで会社経営をされています。若くして様々な経験をされ、強い志を持って事業経営をされる平野哲也社長のお話は、多くの経営者様に大変参考になるかと存じます。ぜひお聞きください!

(2018年6月配信)



前回に続き、平野哲也氏(株式会社オンリーストーリー 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:大学では、テニスサークルに所属されていますが、活動は4年間されたのですか?

平野哲也:ほぼ4年間やっていました。

新谷哲:ではプロの実演販売士の仕事は、テニスを続けながらしていたという感じですか?

平野哲也:実演販売の仕事は、アルバイトに近い形でした。サークル活動だけでは生活ができないので、実演販売で生計を立てる、というイメージです

新谷哲:普通の方は選ばない、実演販売士の仕事を選んだ理由はございますか?

平野哲也:理由はいくつかあります。1つ目は単純に「自分の裁量で働けること」。決められているのは、販売する場所と、販売目標だけで、それ以外の部分は自由に動けました。経営にも通じる要素があったと思います。2つ目の理由は「毎回違う現場に行く」です。同じ現場の方もいるのですが、自分の場合は毎回違う現場に行きました。毎回新しい土地に行って、1人で成果を出して帰ってくるという、セレンディピティ制みたいな部分が面白いなと思いました。最後の3つ目は、単純にお金が稼げたからです(笑)。

新谷哲:お給料は、歩合制ですか?それとも時給制ですか?

平野哲也:登録している会社によって違いますが、自分の場合は「1日いくら」という料金体系だったので、歩合制ではなかったです。でも売れる販売員には指名が入り、指名が入ると基本給が上がる、という仕組みでした。

新谷哲:面白い仕組みですね。販売員としてトップの実績を記録しておりますが、トップになった理由は何でしょうか?

平野哲也:良い意味で、PDCAを回せたことが良かったと思います。例えば、「今だけ半額」というポップを出すときは、高さや位置を色々と調整しました。あとは経験豊富な先輩方の営業方法を盗み、それを自分に落とし込むこともしました。それによって販売成績が上がったと思います。

新谷哲:大学卒業後、起業家支援の会社に入られていますが、これは在学中にインターンをした会社ですか?

平野哲也:そうですね。大学を卒業する1か月前に、起業家支援の会社にインターンではいりました。インターンの期間は約半年間です。

新谷哲:就職活動はされなかったのですか?

平野哲也:はい、1社も受けませんでした。

新谷哲:就職活動をしなかった理由はございますか?

平野哲也:自分の中に「起業をしたい、経営者になりたい」という思いがあったのですが、退路を断たないと経営者になれないと分かっていたので、「就活しない」と覚悟を決めた形です。

新谷哲:では、大学在学中に、起業して経営者になることを決めていたのですか?

平野哲也:経歴には書いていませんが、割と長く病気生活をしていました。大学2年生の時に、頭にウイルスが入る髄膜炎という病気になります。大学4年生の時には、肺に穴が開く肺気胸に2回かかりました。また社会人1年目の時には盲腸破裂、腹膜炎にもかかっています。色々と死にかける経験をして、人生について考えるようなりました。「死んで後悔が残らないようにしたいが、自分は本当は何がしたいのだろう?」と考えて「やっぱり自分は経営者になりたい」という気持ちと「経営者を応援したい」という思いが強かったのです。父親や叔父、周囲が経営者だったので、経営者への興味は昔から持っていたのですが、踏み出すきっかけになったのは病気でした。それで「就活をしない」と覚悟を決めました。

新谷哲:その後、オンリーストーリーを創業・起業し、経営者となられますが、インターンで入られた会社には就職しなかったのですか?

平野哲也:していないです。

新谷哲:インターンを半年間行って、すぐに起業して経営者になったのですか?

平野哲也:そうですね。ただ、インターン先の経営者や経営幹部、社員の方とは今でも仲が良いです。8月にインターンを終わって、準備期間の半年間を経て、2014年のバレンタインデー、2月14日に会社を立ち上げて経営者になりました。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]平野哲也氏
株式会社オンリーストーリー 代表取締役

大学を卒業後、起業家支援の会社にて半年間インターンを経験。同社インターン生として初の新規事業立ち上げ責任者となり、学生向けフリーマガジンを創刊する。黒字化するとともに、1万部を配布。その後、同社にて『起業家スーパーカンファレンス』を主催。ビッグサイトを貸し切り、渡邉美樹氏、茂木健一郎氏、堀江貴文氏等、著名な方々と学生1000人を集めた。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、平野哲也氏(株式会社オンリーストーリー 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。