経営者インタビュー 大知昌幸氏(株式会社MJE 代表取締役社長) Vol.4|経営ノート

経営者インタビュー 大知昌幸氏(株式会社MJE 代表取締役社長) Vol.4|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、大知昌幸氏(株式会社MJE 代表取締役社長)です。今回は、「企業の成長をサポートするサービスカンパニー」としてオフィスソリューション事業・シェアスペース事業等を経営する株式会社MJE代表取締役CEOの大知昌幸社長にお越しいただきました。注目の西日本ベンチャー100にも選ばれる、話題の経営者です。目立ちたがり屋だった小中学校時代、サッカーに没頭した高校時代を経て、流通科学大学にご入学。卒業後は光通信にご入社、ヤフー子会社への出向を経験した後、独立されました。「起業成功のための機会を創出したい」という想いには、これから起業する方々への熱いメッセージが込められています。大知昌幸社長の経営者インタビューをぜひお聞き下さい!

(2018年8月配信)


前回に続き、大知昌幸氏(株式会社MJE 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.3はこちら

新谷哲:ここからは違う質問をさせていただきます。事前に「好きなもの・好きなこと」をお聞きしましたら、「スマホ・ゴルフ・サッカー応援」とお答えいただきました。スマホがお好きなのは、光通信が関係していますか(笑)?

大知昌幸:光通信は関係ないです(笑)。もう24時間に近いぐらいスマホをずっと見ている、スマホ中毒ということです(笑)。

新谷哲:スマホ中毒ですか!光通信さんご出身でスマホと言われたので、そちらでの経験が関係していると思いました。お好きなことでもう1つ、「サッカー応援」ということですが、どのくらいお好きなのですか?

大知昌幸:今、奈良に住んでいるのですが、サッカー専用のスタジアムがないのです。サッカースタジアムは、めちゃくちゃ金かかりますので、行政などが関わらないとできません。でも、サッカースタジアムの建設が実現しそうにないので、「ポケットマネーでサッカースタジアムを作りたい!」と思うぐらい好きです。ポケットマネーはそんなにないですが(笑)。

新谷哲:自分でサッカースタジアムを作りたいくらいですから、相当なサッカー好きですね(笑)。次の質問に移ります。座右の銘も事前にお聞きしましたら、2つお答えいただきました。「神様は細部にこそ宿る」「しゃあないことは、しゃあないですませな、しゃあない」。さすが関西の経営者、と感じる面白い座右の銘ですが、選ばれた理由をお教えいただけますか?

大知昌幸:1つ目の、「神様は細部にこそ宿る」は、僕が最も尊敬する経営者が座右の銘にしています。その尊敬する経営者から起業する時に「何をやるにも、細かいところにこだわって注意を払わないと、良いサービスは生まれない、良い関係性は生まれない、良い経営ができない。何事も良くならない」と教えていただき、「本当にそうだ」と思ったので座右の銘にしました。2つ目の座右の銘は、メンタリティーの言葉にしました。「神様は細部にこそ宿る」と言っても、どこかで区切りをつけないと、経営は前に進めません。そこで、区切りをつける言葉として「しゃあないことは、しゃあないですませな、しゃあない」を選びました。

新谷哲:経営者様らしい座右の銘で、本当に尊敬しています。では最後のご質問です。全国の経営者、これから起業する方に向けて、経営者として成功する秘訣・方法をお教え下さい。

大知昌幸:弊社はシェアオフィス事業の経営をしていますが、これは「これから起業する人、起業したての人が成長していけるため」のサービスです。会社経営を始めてから10年が経過した時「これからの10年はどのように経営しようか?」と考え、社会課題に目を向けました。その時に目に付いたのが、「日本の起業の実態」という統計の数字です。その統計によると、「日本では年間10万社前後の新規設立法人があるが、85%の企業が5年以内に廃業する」とありました。廃業する85%の中には、日本を変えるようなイノベーターが含まれていると感じたので、「85%の廃業している人達のために何かできないか?」と考えました。

彼らが成功するために必要なものを考えたときに、10年以上、企業経営を続けている方の共通点を見つけようと思いました。インタビューなどで「あなたはなぜ、経営者として成功したのですか?」と質問すると、色々な答えがあるのですが、1つの共通点がありました。それは「出会いのこと」を言っているのです。偶発的な出会いを活かしている人が成功する経営者になっているので、「偶発的に起こる機会や出会いをどう生かすか?」を考えた答えが、「人・もの・金・情報の出会いや、交流や調達の機会創出」で、その手段としてのシェアオフィスです。これから起業する方は、ぜひ、偶発的に起こる出会いや機会を活かしていただければ、成功する経営者になると思います。

新谷哲:大変深いことをお話しいただきありがとうございます。大知昌幸社長、本日はありがとうございました。

大知昌幸:どうもありがとうございました。

 


 
編集後記(聞き手・新谷 哲 談)

大知昌幸社長のお話は、自身の勉強になりました。大知昌幸社長は大変頭も良く、明るい経営者です。そして、深く深く考えて、経営をされています。振り返ってみますと経営者インタビューでお話を聞いた経営者の皆様は、経営について深く考えて、真剣に取り組んでいると感じております。皆様方も、ぜひ、真剣に深く経営に携わっていただければと思っております。

 

[プロフィール]大知昌幸氏
株式会社MJE 代表取締役社長

流通科学大学卒業後、光通信に就職。2006年9月株式会社MJE創業。「注目の西日本ベンチャー100」掲載、「女性活躍リーディングカンパニー」認証等々、設立から丸11年が経過した現在も成長を掲げるベンチャー企業として事業展開中

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、平野哲也氏(株式会社オンリーストーリー 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。