経営者インタビュー 有吉徳洋氏(株式会社ソーケン 代表取締役社長) Vol.3|経営ノート

経営者インタビュー 有吉徳洋氏(株式会社ソーケン 代表取締役社長) Vol.3|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、有吉徳洋氏(株式会社ソーケン 代表取締役社長)です。今回は、オフィス空間をプロデュースする、株式会社ソーケンの有吉徳洋社長にお越しいただきました。北海道出身、旅行会社へ就職後に、昭和42年にお父様にあたる、有吉徳礼氏が経営する株式会社ソーケンの2代目社長として就任されました。幾多の試練の時期もありましたが、ピンチをチャンスととらえ、新たな飛躍へのバネに変えて成長されたストーリーは、2代目社長に限らず、多くの経営者様にご参考にしていただけるかと存じます。「日本一にふさわしい企業になる」と事業に邁進される有吉徳洋社長の経営者インタビュー、ぜひお聞きください!

(2018年9月配信)



前回に続き、有吉徳洋氏(株式会社ソーケン 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.2はこちら

新谷哲:株式会社ソーケンは今後、どのような事業を経営していこうと考えていますか?

有吉徳洋:会社の将来を考えたとき、「有吉家と働いている社員が、いかに一緒に繁栄するか?」が課題になりました。売上などの数字も大事なのですが、リーマンショックを経験した後は、「数字にこだわるのは、企業としてどうなのか?」と悩んで、「日本一に相応しい会社になろう」と思いました。そこからは、例えば図面が出てきたときに「この図面は、日本一の会社に相応しい図面だろうか?」という考え方に切り替えて、経営をしています。

新谷哲:日本一の企業、素晴らしいテーマです。ここからは、違う質問をさせていただきます。事前に好きなもの・好きなことをお聞きしたところ「鉄道・格闘技・楽しい企画をして人が喜ぶことが好き」とお答えいただきました。この楽しい企画というのは、どのようなものですか?

有吉徳洋:今までやってきたことは、社会貢献活動、CSRです。自分達が関わって、他の人が幸せになれる仕組みは何かを考えたときに、社会貢献活動をするようになりました。面白い事例だと「猫好き社員が集まって、猫を幸せにできる豊かな暮らしを考えよう」と、キャットタワーとかキャットボックスを売り、その売上を猫のワクチン注射や、野良猫を増やさないための手術費用として寄付をすることを考えました。

新谷哲:ソーケン社はCSRに力を入れていることで有名ですが、他にはどのようなCSRを行っているのですか?

有吉徳洋:本業では木を扱っているので、木を使ったワークショップや、児童養護施設に木を使った組み立て式のクリスマスツリーを送ったりしました。子どもが触れるものですので、舐めても安全な、とうもろこしで作った塗料などを輸入して使いました。他には環境省から頼まれて、間伐材普及促進会という団体を立ち上げて、木を使った活動をしています。千葉県のいすみ鉄道とは毎年2~3回コラボさせてもらい、木で作った切符や、行き先案内のヘッドマークなどを作りました。もともと鉄道が好きでしたので、喜んでコラボさせていただきました。木以外でいきますと、三陸鉄道とさかなクンが客員准教授をしている東京海洋大学とコラボをして、1車両貸し切ってさかなクン列車をやったりしました。内容は、さかなクンが利尻昆布や、ビニールが環境にストレスを与えているというお話をしました。今、プラスチック製のストローが問題になり、スタバ等が動いていますが、さかなクンは当時から危機感持っていたので、すごいと思っています。この経験から、CSRをするときは、環境やECOとコラボすることを心がけています。

新谷哲:なるほど。鉄道がお好きで、楽しい企画もお好きで、それが上手くコラボしたらCSRになったのですね。

Vol.4へ続く

 

[プロフィール]
有吉徳洋 氏
株式会社ソーケン 代表取締役社長

1968年生まれ、北海道出身。2004年に株式会社の代表取締役社長に就任。オフィス、ショールーム、美術館、博物館の設計施工デザインや店舗再生、ITwebデザイン、木工の自社工場を持ち仕事の範囲は多岐に渡る。国内を拠点とし、公益財団法人理事・環境省登録団体での地域活性化プロジェクト、かわさきFMのパーソナリティ、CSRアニメ映画のプロデューサー、デザイナーや社会起業家の育成として携わり、本業を基本とした企業のCSR活動を中心に現在多数のプロジェクトが進行中。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、有吉徳洋氏(株式会社ソーケン 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。