経営者インタビュー 大塚誠氏(株式会社Globridge 代表取締役) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 大塚誠氏(株式会社Globridge 代表取締役) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、大塚誠氏(株式会社Globridge 代表取締役)です。今回は、飲食店のプロデュースと運営を行う、株式会社Globridgeの大塚誠社長にお越しいただきました。学校内でバイクが走るのが当たり前の荒廃した中学校に通い、高校時代は不登校。大学ではアルバイトと麻雀に明け暮れたという学生時代を過ごしながら、現在では国内72店舗、海外(2か国)4店舗の飲食店経営をされています。大塚誠社長の人生を大きく変えた経験や出会いについて、そして飲食店店舗展開にて成功を収めた秘策も、経営者インタビューでお話いただきました。座右の銘である「挑戦無くして成長なし」体現されたような経営者インタビューをぜひお聞きください!

(2019年2月配信)



前回に続き、大塚誠氏(株式会社Globridge 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:大学卒業後は、どのような会社に就職されたのですか?

大塚誠:プレキャスト製品を販売する、建設業の会社です。プレキャスト製品とは、工事現場で使用するために予め固めたコンクリートのことで、その営業をやっていました。

新谷哲:その会社を選ばれた理由はございますか?

大塚誠:大学4年までずっと麻雀とバイトしかせず、就活もリクルートスーツを買っただけで、1回もしていなかったのです。ある時友達の家に行くと、僕と同じく1回も着ていないリクルートスーツがあり、「就活をしないのは親に悪い、やっぱりやろう」と思いました。2月に最後の合同説明会に参加し、その中で一番給料高いところに行ったら、そこに決まりました。

新谷哲:その会社には、何年ほどいたのですか?

大塚誠:4年ちょっとです。

新谷哲:退職された後は、私も前職で所属していたベンチャー・リンクに入られますが、ベンチャー・リンクに転職しようと思われた理由はございますか?

大塚誠:就職して2年ぐらい経った時に、「自分は凡人だ」と気付きました。これまでの人生を振り返っても、履歴書に書ける勲章や経歴が1つもないのです。タイムカードを押す前にはもう居酒屋に入って、皆と酒飲んで会社の愚痴ばかり言っていました。その姿は、小さいころに思った「こんな人生だけは送りたくない」という姿そのもので「人生を変えよう」と決意します。でも当時は、人生を変える方法が分からなかったので、手に職を付けるため、学校に通い出し2年かけて宅建を取ります。不動産業の会社を受けて、面接が良かったのか、部長待遇で内定が取れました。でも「この会社に入っても何も変わらないのではないか?」と悩みます。どんな人生にしたいかを考え「経営とかを語れるようになりたい。なら、経営コンサルタントだ」と不動産会社を蹴って、ベンチャー・リンクに入社しました。

新谷哲:ベンチャー・リンクに入られてから、人生は変わりましたか?

大塚誠:驚異的に変わりました。それまでの僕は「親が金を持っていなかったから、いい学校に入れてくれなかったから、頭の出来が悪いから」と、自分の所為じゃない、と考えていました。でもベンチャー・リンクの経営者に憧れて入社して、驚きました。経営者の小林会長と同じレベルの人が何人もいて「この会社は何だ!この会社にいる人たちのようになりたい」と思いました。ベンチャー・リンクでの労働は過酷でしたが、モチベーションはずっと高かったです。

新谷哲:過酷な労働とおっしゃいましたが、お仕事は辛かったですか?

大塚誠:辛いことは一切ないです。すっと楽しかったです。

新谷哲:私とは違っていて、びっくりな話です(笑)。ベンチャー・リンクで経営について学んだことはございますか?

大塚誠:もう全部です(笑)。経営者としての僕は、99.9%がベンチャー・リンクでできていますが、一番は物事の捉え方を学べたことだと思います。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]大塚誠氏
株式会社Globridge 代表取締役

栃木県出身。亜細亜大学卒業後、建設資材の会社に就職し、2年間勤務。より高みをめざし、株式会社ベンチャー・リンクに転職。はじめて仕事の意義と意味を見出す。12年、勤め、独立。2008年9月18日、6年で世界一になることを目標に株式会社Globridgeを設立する。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、大塚誠氏(株式会社Globridge 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。