経営者インタビュー 杉村哲人氏(リフト株式会社 代表取締役) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 杉村哲人氏(リフト株式会社 代表取締役) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、杉村哲人氏(リフト株式会社 代表取締役)です。今回は、外国人留学生や就労希望者を日本の企業に紹介する、リフト株式会社の杉村哲人社長にお越しいただきました。北海道函館市出身、生徒会長を務めたり、勉強に勤しむ真面目な学生時代を経て、早稲田大学政治経済学部に入学。卒業後に就職した株式会社ベンチャー・リンクでは、インタビュアー新谷の部下でもありました。2011年に株式会社プレイフルを創業。その後、リフト株式会社を立ち上げて現在は2社の会社を経営されています。「家族を大切にする」、「日本に生まれたことに感謝する」、「当たり前の素晴らしさに気付く」。そんな誠実な思いを持ち、事業を通じて社会問題を解決し続ける、杉村哲人社長の経営者インタビュー、ぜひお聞きください!

(2019年3月配信)



前回に続き、杉村哲人氏(リフト株式会社 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:ベンチャー・リンクには何年いらしたのですか?

杉村哲人:6年半ぐらい働かせていただきました。

新谷哲:ベンチャー・リンク時代はどのようなお仕事をされましたか?

杉村哲人:最初の2年は営業の担当になり、朝から晩までお客様にお電話をかけました。お客様が電話に出なくなったら手紙を印刷して、送り続けていました。後半の4年半は、フランチャイズの加盟企業を見つけてきて、お店のオープンをお手伝いする部署にいました。

新谷哲:ベンチャー・リンクで、経営者として学ばれたことはございますか?

杉村哲人:経営者としていろいろなことを勉強しましたが、一番は、多くの経営者を感じることができたことです。起業して経営者になりたいと思っていましたが、サラリーマン意識は残っていました。しかし仕事でお会いする経営者の方から、給料を貰っている側と払っている側の違いや、経営者の悩み、苦しさ感じることができたのが、経営者として一番の勉強になったと思います。

新谷哲:ベンチャー・リンクをお辞めになった後、ベンチャー・リンクの仲間達とリレーションズという会社を起業されていますが、理由はございますか?

杉村哲人:ベンチャー・リンクの調子が良くない時期があり、希望退職が多く募られていました。退職しない社員も、ベンチャー・リンクに出資していた会社に出向することが経営方針で決まります。私が所属していた20人ぐらいのチームもなくなることが決まったので、「起業するタイミングかな?」と思い、7人仲間達とリレーションズを起業しました。

新谷哲:その時に起業したリレーションズには、何年いらっしゃったのですか?

杉村哲人: 2009年の1月から2011年の9月まで所属していました。

新谷哲:では、株式会社プレイフルを起業して経営者になられたのは、リレーションズに所属されていた時でしょうか?

杉村哲人:そうですね。2011年5月に作りましたので、所属している時です。

新谷哲:仲間と起業したリレーションズをお辞めになり、自分の会社を起業して経営者になろうと思った理由はございますか?

杉村哲人:仲間で起業をした流れで、楽しく仕事をしていたのですが、リレーションズの社長であった長谷川に頼ってしまう部分が多く「これは本当の意味で、起業して経営者となったと言えるのだろうか?」とすごく悩みました。自分でリスクを取って、本当の意味で経営者をしたいと思い、仲間と相談します。起業した仲間は経営者になることを応援してくれたので、株式会社プレイフルを起業して経営者になりました。

新谷哲:プレイフルでは、どのような事業を経営しようと考えたのですか?

杉村哲人:お恥ずかしい話ですが、自分が経営者になるとこだわって起業したので、決めていませんでした。最初の2年ほどはリレーションズの代理店みたいな仕事をしていました。その後、ベンチャー・リンクの先輩が経営していた保険ショップの「ライフサロン」に、加盟金なしで加盟して、保険代理店の事業を経営しました。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]
杉村哲人氏
リフト株式会社 代表取締役

北海道函館市出身。早稲田大学卒業後、株式会社ベンチャー・リンクに入社。2011年、株式会社プレイフル設立。2015年、リフト株式会社設立。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、杉村哲人氏(リフト株式会社 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。