経営者インタビュー 鈴木清幸氏(株式会社アドバンスト・メディア 代表取締役会長兼社長) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 鈴木清幸氏(株式会社アドバンスト・メディア 代表取締役会長兼社長) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、鈴木清幸氏(株式会社アドバンスト・メディア 代表取締役会長兼社長)です。今回は、音声認識ソリューションの企画・設計・開発を行う、株式会社アドバンスト・メディア鈴木 清幸社長にお越しいただきました。愛知県ご出身、学生時代は勉強とテニス、生徒会長などを同時にこなされながらも、独学で京都大学に合格されます。京都大学大学院、博士課程に進んだ後、東洋エンジニアリング株式会社にご入社され、AIの普及活動に邁進されます。その後1997年に起業をされ、株式会社アドバンスト・メディアを設立。2005年には東証マザーズに上場されました。学生の頃より目的志向・飽くなき成長への探求を絶やさず、事業では一貫して最先端の技術で社会を変えることに取り組まれている、素晴らしい経営者です。

(2019年3月配信)



前回に続き、鈴木清幸氏(株式会社アドバンスト・メディア 代表取締役会長兼社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:京都大学大学院の博士課程を中退とおっしゃいましたが、博士課程まで進まれたら普通は学問の道に入り教授を目指すと思うのですが、目指さなかった理由はございますか?

鈴木清幸:教授を目指すことは学問の道の1つですが、私の書いた確率統計の論文を証明する必要がありました。そのために東洋エンジニアリングの研究所に入ったことがきっかけです。私は目的志向型の人間なので、「企業のために自分はどう動いたら良いか?」を考えて動き、結果が出てきます。そのときに、「やっぱり自分は学問や研究の道ではなく、ビジネスや経営者の道が合っている」と感じ、どっぷり漬かることになりました(笑)。

新谷哲:なるほど(笑)。東洋エンジニアリングでは、どのようにお過ごしになりましたか?

鈴木清幸:東洋エンジニアリングの研究所では、主にデータ解析をやりました。そのほかには、プラント設計、建設、制御などの理論、実際解析と理論構成の辺りをしました。

新谷哲:今で言うビッグデータに繋がる分野、ということでしょうか?

鈴木清幸:そうです。

新谷哲:東洋エンジニアリングの後、株式会社インテリジェントテクノロジーに転職されたのですか?

鈴木清幸:そうですね。京都大学には、フィールズ賞を獲得された広中平祐氏という著名な数学者がおり、この方と縁がありました。インテリジェントテクノロジーでは広中平祐氏の弟子達が第二次AIブームを起こしていまして、その縁からヘッドハンティングされました。

新谷哲:今流行っているAIの大本の会社ということですか?

鈴木清幸:そうです。私が入社したころの第二次AIブームは1980年ごろから始まったもので、今は第三次AIブームになります。2011年辺りに画像認識の世界でディープラーニングという技術が発見されたことで、囲碁のようにプロに勝つような実績が出てきます。この技術は音声認識それが適応されていて、今の第三次AIブームは、AIが進化したことによって起きました。

新谷哲:第二次AIブームから最前線にいる鈴木清幸社長は、日本におけるAIの先駆者だと思うのですが、インテリジェントテクノロジーではどのような仕事をされたのですか?

鈴木清幸:当時の仕事で一番分かりやすいものは、エキスパートシステムです。これは熟練者が培ってきた効率の良い作業を、コンピューターがマネするものです。熟練者が行う効率の良い作業は、「A状況が起こった時はAという方法、Bという状況が起こったらAでは効率が悪いので別の方法を行う」という人間にしかできない処理をしています。それをコンピューターのAIシステムで再現し、世の中に提供していました。

新谷哲:非常に先進的なお話で、読者の皆様も私を含めて、「AIって1980年代から始まっていたんだ」と感じていると思います。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]鈴木清幸氏
株式会社アドバンスト・メディア 代表取締役会長兼社長

京都大学大学院工学研究科化学工学専攻博士課程中退。1978年、東洋エンジニアリング株式会社に入社。1986年に株式会社インテリジェントテクノロジーへ転職後、1987年に米国カーネギーグループ主催の知識工学エンジニア養成プログラム(KECP)を修了。1989 年に研究開発部長を経て常務取締役に就任。1997年、株式会社アドバンスト・メディアを設立して代表取締役社長に就任。2005年、東証マザーズ上場。2010年に代表取締役会長兼社長に就任。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、鈴木清幸氏(株式会社アドバンスト・メディア 代表取締役会長兼社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。