経営者インタビュー 鵜飼裕司氏(株式会社FFRI 代表取締役社長) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 鵜飼裕司氏(株式会社FFRI 代表取締役社長) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、鵜飼裕司氏(株式会社FFRI 代表取締役社長)です。今回は、日本発のサイバーセキュリティをリードする専門家集団、株式会社FFRIの鵜飼裕司社長にお越しいただきました。1973年徳島県生まれ、小学5年生の頃からコンピューターに没頭する、自称オタク少年だったとのこと。徳島大学大学院では情報工学を熱心に学ばれました。卒業後はKodak研究開発センターを経て、2003年に渡米しカリフォルニア州の企業にて研究開発に従事。帰国後、2007年に株式会社FFRIを起業し経営者となりました。コンピューターセキュリティという、現代において不可欠な課題に取り組むことをミッションとし、会社経営に挑む経営者の素晴らしいお話を伺うことができました。座右の銘・経営者として成功する秘訣も、すべての方にご参考にしていただけます。

(2019年4月配信)



前回に続き、鵜飼裕司氏(株式会社FFRI 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:大学時代はどのようにお過ごしになりましたか?

鵜飼裕司:大学時代は、小学校・中学校時代と違って真面目に勉強をしました。アルバイトもプログラミングの仕事で、情報系の専門教育を受けながら、情報系の仕事もしていた大学時代です。

新谷哲:卒業後は、Kodak研究開発センターにご就職されていますが、こちらを選ばれた理由はございますか?

鵜飼裕司:大学院に進んで、サイバーセキュリティーに興味を持ったのですが、「研究開発をやりたい」とも思っていました。日本にもサイバーセキュリティーの会社はあるのですが、研究開発をやっている訳ではなかったのです。それで、デジタルイメージングの研究開発をしているKodak研究開発センターに入りました。

新谷哲:Kodak研究開発センターには、何年ほどお勤めになったのですか?

鵜飼裕司:約3年ぐらいですね。

新谷哲:3年で辞められた理由はございますか?

鵜飼裕司:研究開発の会社に勤めましたが、「やっぱりセキュリティーの会社に勤めたい」という思いが強かったのです。サイバーセキュリティービジネスの業界は、Kodak研究開発センターに就職したころから急速に大きくなり始めていました。その関係で、いくつかの海外のベンチャー企業から「うちに来ないか?」とオファーを貰っていたのです。しかし、入ったばかりだったこと、海外の会社なので言葉が不安だったこともあり、3年ぐらい悩みました。最後には「サイバーセキュリティーの分野に行きたい」と思ったので、オファーのあったアメリカのベンチャー企業に就職しました。

新谷哲:アメリカの会社に勤められてから、経営者として勉強になったこと、どのようにお過ごしになったかなどをお教えいただけますか?

鵜飼裕司:一番は、念願のサイバーセキュリティーの研究開発ができたことです。2003年には渡米したのですが、日本にはサイバーセキュリティーの研究開発をしている会社がありませんでした。また就職した会社では、世界中から優秀なサイバーセキュリティーエンジニア、いわゆるホワイトハッカーと呼ばれる人がたくさん集まっていました。まさに本当にトップレベルのエンジニアがたくさんいる環境で、切磋琢磨しながら仕事ができたこと。この環境がとても刺激的で、非常に勉強になりました。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]
鵜飼裕司氏
株式会社FFRI 代表取締役社長

1973年2月、徳島県生まれ。1993年3月、詫間電波工業高等専門学校卒業後、徳島大学工学部知能情報工学科に編入、2000年3月、同大大学院工学研究科博士課程修了。博士(工学)。Kodak研究開発センターにてデジタルイメージングデバイスの研究開発に従事した後、03年に渡米。eEye Digital Security社に入社。セキュリティー脆弱性分析や脆弱性診断技術、組み込みシステムのセキュリティー脅威分析等に関する研究開発に従事。2007年7月、セキュリティーコア技術に関する研究、コンサルティングサービス、セキュリティー関連プロダクトの開発・販売を主事業とする株式会社FFRIを設立する。独立行政法人情報処理推進機構非常勤研究員のほか、多数の政府関係プロジェクトの委員、オブザーバーを歴任。第13回「情報セキュリティ文化賞」受賞。米国BlackHat Conferenceの審査員も務める。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、鵜飼裕司氏(株式会社FFRI 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。