経営者インタビュー 森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長) Vol.3|経営ノート

経営者インタビュー 森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長) Vol.3|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長)です。今回は、飲食店の開業や経営を多方面からサポートする、飲食店プロデュースのリーディングカンパニー、株式会社テンポスホールディングスの森下篤史社長にお越しいただきました。小中学校の時は落ち着きがなく、夏休みに学校に呼び出されしまうほどのいたずらっ子、高校でも何をやっても中途半端だったと、ご自身で振り返られます。1983年に独立開業されてから、1997年にテンポスバスターズを設立し経営者となります。テンポス社は5年後に上場を果たします。そして今後も5社の上場を目指していく、という目標を掲げられています。70歳を過ぎてもなお、現場の店舗を回り、パート従業員の声を聴くことを大切にされている森下篤史社長。常に志は高く、飽くなき挑戦を続けられる熱い経営者のお話をぜひお聞きください!

(2019年4月配信)



前回に続き、森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.2はこちら

新谷哲:その後、起業して経営者になるのですよね?

森下篤史:親父は百姓、おふくろが公務員だから、ベンチャー精神のかけらもないです。東芝テックを解雇になった後は両親が怖くて、取引先にあちこち電話かけ就職先を探します。社員数7人の会社が「今までの給料で雇うよ」言ってくださり、その会社へ就職します。10カ月で会社の売上が4倍、利益が10倍になり、社員も7人から24人になりました。3000万円以上あった不良債権も解消して、会社としては嬉しい限りだったのですが、経営者が「東芝テックの全国1位の営業マンが、7人の会社へ来るには何か訳があるはずだ!」と疑心暗鬼になりました。私は「やっと就職できた」と嬉しくてしょうがないのに、経営者は「あいつは起業して辞めるつもりだ!」と疑りの眼で見るのです。それで入社から10カ月目に突然、でかいガラスの灰皿で殴りかかってきました。経営者は「うちの会社をどうするつもりだ!」と言うのですが、私は何が何だかさっぱり分からなかったです。でも経営者の奥さんは、何かやることを感知していたので、経営者を羽交い絞めにして「森下さん逃げて!」ということになり、その10カ月で会社はクビなりました。そのときに、経営者に反抗的な社員2人を押し付けられたので、3人で東京へ出てきて株式会社協同を起業して経営者になりました。

新谷哲:なるほど。じゃあ2回解雇されたということですね。

森下篤史:本当に、見る目がなかったです(笑)。

新谷哲:この時に起業された株式会社協同は、現在も経営しているのですか?

森下篤史:経営しています。協同は、給食センターで使うような、コンベアー式の食器洗浄機を販売する事業を経営する会社です。

新谷哲:プロフィールでは、その他にも色々な事業に手を出しては失敗を重ねる、とお書きいただきました。これはよく失敗している、ということでしょうか?

森下篤史:そうです。いまだに8つ失敗して2つ成功する確率です。

新谷哲:1997年に設立されたテンポスバスターズのお話をお聞きしたいのですが、こちらを設立した理由はございますか?

森下篤史:食器洗浄機屋の経営をしている時にテレビで、捨ててある電化製品を1万円で売る経営者が出演していました。その社長がベンツに乗っていたのです。それを見て「こっちは一生懸命、機械作って怒られてばっかりなのに、あれは拾ってきたものを売って何でベンツに乗るんだ。今の事業を経営することは話にならん。これまで社員に苦労をかけてきたから、楽をさせなければならない。だからリサイクル屋の経営をしよう」と思い、1997年にテンポスバスターズの経営をスタートしました。

新谷哲:その後、たった5年で上場までいく訳ですが、上場は目指して経営をしていたのですか?

森下篤史:上場を考えて経営していましたが、スタート時点で躓きました。500坪の倉庫に厨房関係の物が集まってこないのです。集めるためにチラシを配ると、なぜかギターが来たりします。新聞とかテレビなどのメディアにも電話をかけますが、取材もこない。3カ月後に、朝日新聞の浦和の支局の人が取材に来ますが、倉庫にはギターしかないのです。そこで10トントラックを2台手分けして、普通のリサイクル屋の隅っこにある製氷機などを借りてきて並べました。それでも倉庫がスカスカだったので、奥に入れないように入口に山盛りにするなどの工夫をします。なんとか物が少ないことを誤魔化して、埼玉版の新聞に5行ぐらいの記事がでます。その記事では2件ぐらい電話があっただけでした。しかしそれまで毎日、メディアに電話をしていたので、メディア関係者が記事を見たときに「テンポスという名前だけは知っていたが、朝日新聞に出たんだからこれは本物だ」と思って日経新聞が取材に来ました。日経新聞の全国版に記事が出たことで、4カ月目には500坪の倉庫が全部埋まります。そこから調子が出て、5年半ぐらいで上場できたので、戦略は何もないですね(笑)。

Vol.4へ続く

 

[プロフィール]森下篤史氏
株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長

静岡県生まれ。静岡大学教育学部卒業後、大手レジスター会社に就職し、トップセールスとなる。1983年、共同精工(現キョウドウ)を設立。その後、1997年、中古厨房機器販売の「テンポスバスターズ」を設立。設立5年後の2002年12月にジャスダック市場に株式上場。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。