経営者インタビュー 赤澤宣幸氏(株式会社GIコンサルティングパートナーズ 代表取締役) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 赤澤宣幸氏(株式会社GIコンサルティングパートナーズ 代表取締役) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、赤澤宣幸氏(株式会社GIコンサルティングパートナーズ 代表取締役)です。「中小企業経営を勝利に導く」経営コンサルタントとして多くの実績を持つ、株式会社GIコンサルティングパートナーズ赤澤宣幸氏にお越しいただきました。同社では経営戦略から業務改革・集客マーケティングまで、中小企業経営をトータルで支援。全国にわたって多くの企業支援をされている赤澤宣幸氏だからこそ語れる「起業の成功の秘訣」とは? 弊社で開催している赤澤宣幸氏のインハウスSEOセミナーは、毎回大人気となっております。そんな赤澤宣幸氏の経営者インタビューは、大変貴重な内容です!

(2017年3月配信)



前回に続き、赤澤宣幸氏(株式会社GIコンサルティングパートナーズ 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:その後、船井総研に転職されていらっしゃるのですが、富士ゼロックスを辞めて船井総研に行かれた理由は何かございますか?

赤澤宣幸:富士ゼロックスの時のコンサルティングは、1000億円以上のお客様がターゲットで、なかなかできない経験をさせていただいたのですが、中小企業の経営を何とかできないかと思ったのです。私、生まれが倉敷市で小さい石材屋をやっている家の次男坊で、小さい企業さんとか中小企業さんを助けたいという思いがあって。そこで中小企業のコンサルタントは船井総研さんだということで、入社させていただきました。

新谷哲:では、経営者の息子さんということも、経験に生かされているのですね。

赤澤宣幸:そうですね。

新谷哲:船井総研ではどんなことを学ばれたのですか?

赤澤宣幸:短い期間しかいなかったのですが、ほとんどです。もともといた富士ゼロックスと同じ印刷業のコンサルティングの立ち上げのお手伝いなども、勉強させていただきました。

新谷哲:その後、独立されていますが、独立・起業のきっかけは何ですか?

赤澤宣幸:船井総研に入り、非常に勉強になることがたくさんあったのですが、若かったのでしょうね。やりたいことをやりたいように、やりたい人と仕事がしたい。そういう気持ちがやっぱりあって、組織に属するのではなく、自分で会社を立ち上げようという気持ちに切り替わって、そこで会社を興しました。

新谷哲:船井総研さん辞められる時、揉めなかったのですか?

赤澤宣幸:揉めるほど会社の中で重要な人物でもなかったので、さっさと辞めてしまいました(笑)。

新谷哲:現在コンサルティングは、どんな分野を中心にされているのですか?

赤澤宣幸:もともと製造業のコンサルをやっていたのですけど、今は全く関係がないところも非常に多いです。例えば工務店、サービス業、英会話教室、エステサロンとか、非常に幅広く中小企業さんとお付き合いをさせていただいています。

新谷哲:分野的にいうと経営戦略とか、またはWizBizでセミナーをやっていただいているSEOみたいな集客みたいなテーマだったりとか、割と本当に中小企業さんの悩みがある分野はほとんどやっていらっしゃるような感じにお見受けしたのですが、その幅広い分野は富士ゼロックス、船井総研で勉強されているのですか?

赤澤宣幸:そうです。富士ゼロックスの頃、企業経営の基盤、経営戦略を作って、どのように実行に移していくのかを学ばせていただきました。それが我々のコンサルティングの肝なのですが、中小企業は「経営計画よりお客さんが欲しい」という経営者が本当に多いです。お客さんをどうやって集めるのかと悩むところを、多く目にするのです。そんな中でWebマーケティングなどの知見が増えていって、必然的に強くなった、というのが我々の立ち位置だと思います。

新谷哲:私自身もコンサルタントの端くれなので、よくわかる部分もあるのですが、コンサルタントをしていて苦労するところとか悩むところというのは何かございますか?

赤澤宣幸:マインドセットが一番しんどいですよ。経営って一寸先は闇、だからこそ我々にサポートをお願いする訳ですが、その一歩を踏み出すというところがなかなかできないお客さんに対して、どうやって導いていくのかが一番しんどい。上手くいくと勝手に成長していくのですが、その一歩踏み出そうというところが一番苦労する部分ですよ。

新谷哲: 経営者のマインドセットということですか?

赤澤宣幸:そうですね。経営者が変わると企業がやっぱり変わります。とはいえ、経営者もずっと企業経営をやっていて、そのベースの中で今の意思決定をされていることをある意味ひっくり返す。そうすると体力と時間もかかってくるので、一番しんどいのです。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]赤澤 宣幸 氏
株式会社GIコンサルティングパートナーズ 代表取締役

富士ゼロックス(株)、(株)船井総合研究所で経営コンサルティングの経験を積み重ねた後、独立。経営戦略から業務改革・集客マーケティングまでをトータルで企業経営を強力に支援。中小企業に強い経営コンサルタントとして多くの実績を持つ。全国に多くのクライアント企業をかかえ、非常に高い成果の出せるコンサルタントとして活躍している。

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、赤澤宣幸氏(株式会社GIコンサルティングパートナーズ 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。