経営者インタビュー 斉藤寛氏(株式会社ミライナビ 代表取締役) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 斉藤寛氏(株式会社ミライナビ 代表取締役) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、斉藤寛氏(株式会社ミライナビ 代表取締役)です。今回は、人材派遣・職業紹介事業を展開する、株式会社ミライナビの斉藤寛社長にお越しいただきました。1978年生まれ。現在のヒトコミュニケーションズに入社。その後、フィールドサーブジャパン設立に携わり、2016年に、日本の未来をナビゲートする、という思いから株式会社ミライナビを創業。 人材業界に16年以上携わり、総合人材サービス会社を経営する斉藤寛社長のお話しは、多くの経営者様に大変参考になるかと存じます。ぜひお聞きください!

(2019年6月配信)



前回に続き、斉藤寛氏(株式会社ミライナビ 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:ヒト・コミュニケーションズに入社後、活躍をされてどんどん出世されたのですか?

斉藤寛:端的に言うとそうです。1年半ほどは派遣の販売員として、ビックカメラの店頭で販売員をしていました。時給の良い仕事だったので、半年ぐらいで100万円近くあった借金は返せたのですが、「お金を貯めて彼女と海外旅行に行きたい」と思ったので、延長して仕事をしていました。

新谷哲:ではお金のために仕事をしていた、ということですか?

斉藤寛:そうです。ただ、1年半ほど経って、ヒト・コミュニケーションズから正社員の話が出て、営業職として就職します。

新谷哲:なるほど。ヒト・コミュニケーションズには何年ぐらい所属したのですか?

斉藤寛:販売員も含めて、計4年ほどです。

新谷哲:では、正社員になってからの2年半で実績を上げたということですか?

斉藤寛:はい。当時のヒト・コミュニケーションズはそこまで大きくなかったので、裁量権が大きい仕事をさせていただきました。「三方良し」と言いますか、企業、求職者、自社の三社に利益が残る形であれば、自由に仕事ができる環境だったので、楽しく仕事をしていました。ただの営業職から、営業の主任、事業部長、東京営業部の事業部長と出世もしていき、やりがいを感じることができました。

新谷哲:その後、フィールドサーブジャパンの起業に参画して、取締役にご就任されていますが、元上司の方と一緒に起業したのですか?

斉藤寛:ヒト・コミュニケーションズの創業メンバーの一人が、独自資本で起業した会社がフィールドサーブジャパンです。私も役員として少しばかり出資をさせていただきました。

新谷哲:ヒト・コミュニケーションズを退職する葛藤、会社を起業することへの葛藤はございましたか?

斉藤寛:私は昔から、「起業して経営者になろう」という起業志向を強く持っていました。フィールドサーブジャパンの起業には、「将来は起業して経営者になりたいので、3年間、起業や経営の勉強させてください」と話をして参画をしました。

新谷哲:フィールドサーブジャパンには、何年いらしたのですか?

斉藤寛:11年おりました。

新谷哲:当初の予定よりも遅れたのは、なかなか離れられなかったのでしょうか?

斉藤寛:そうです。起業から3年経って、「私の思っていた通りの会社にはなっていない。やらなきゃいけないことはまだある」と思っていました。またプライベートな部分で結婚や出産、家を買うというその大きなイベントがあり、起業して経営者になるタイミングが掴めなかったです。

新谷哲:起業から11年後に「起業して経営者になろう」と決断されますが、きっかけをお教えいただけますか?

斉藤寛:子どもとした夢についての会話がきっかけです。幼稚園等に入って子どもから「パパの夢は何?」と聞かれて「俺は起業して経営者になって、こんなことやりたい」と答える中で、ハッとしました。自分のライフイベントは落ち着いてきた時期であり、資金的な面、起業メンバーにも恵まれていたので、「ここが起業して経営者になるタイミングだ」と起業いたしました。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]斉藤寛氏
株式会社ミライナビ 代表取締役

1978年10月18日生まれ。東京都出身。2001年ビックスタッフ(現ヒト・コミュニケーションズ)入社。2005年フィールドサーブジャパン設立に参画、取締役に就任。16年ミライナビを設立し、代表取締役就任。総合人材サービス会社として人材派遣、職業紹介、メディア運営を行う傍ら、ほかの人材会社のアドバイザーや研修講師を務め、その知見を広く発信している。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、斉藤寛氏(株式会社ミライナビ 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。