経営者インタビュー 加藤昌人氏(株式会社プロセミ 代表取締役) Vol.2|経営ノート

経営者インタビュー 加藤昌人氏(株式会社プロセミ 代表取締役) Vol.2|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、加藤昌人氏(株式会社プロセミ 代表取締役)です。今回は、セミナー事業やセミナー事務局業を行う株式会社プロセミの加藤昌人社長にお越しいただきました。有限会社てっぺんや未来総研株式会社でセミナー事業に携わり、2015年に株式会社プロセミの代表取締役に就任されました。現在は、セミナー事業や、人間力大学などの事務局業を行っている加藤昌人社長のお話しは、多くの経営者様に大変参考になるかと存じます。ぜひお聞きください!

(2019年6月配信)



前回に続き、加藤昌人氏(株式会社プロセミ 代表取締役)の経営者インタビューをお届けします。(Vol.1はこちら

新谷哲:大学時代はどのようにお過ごしになりましたか?

加藤昌人:アルバイトをしながら、夜間コースで勉強をしていました。生活の中心はアルバイトですね。

新谷哲:大学卒業後は、株式会社東京めいらくに就職されますが、選ばれた理由はございますか?

加藤昌人:何社か受けた中で、受かったのが東京めいらく1社だけだったので、選びました。

新谷哲:東京めいらくでは、関東No.1という素晴らしい成績を収められていますが、No.1を取れた理由はございますか?

加藤昌人:関東No.1というのは、ルートセールスでの成績です。業務用の商品を扱っていたので、レストランに飛び込み営業をしながら、1店舗ずつ成績を伸ばしました。ただ当時は、成績のことを全く気にしていませんでした。僕の同期は300人ぐらいいたのですが、なぜか周りから「僕が最初に辞めるだろう」と思われていました。最初に退職するのは悔しい、と思いながら一所懸命やった結果、関東No.1の成績になっていました。

新谷哲:東京めいらくには何年ほどお勤めになられたのですか?

加藤昌人:9年間ぐらいです。

新谷哲:東京めいらくで9年間お勤めになり、株式会社てっぺんのセミナー事業部に転職をされますが、どのようなきっかけがあったのでしょうか?

加藤昌人:当時、てっぺんのNo.2の方が、僕と同い年でした。その方とは、大学でやっていたバイトで一緒に働いたことがあり、同い年だったこともあり仲良くなりました。就職後も、年に何回か会って飲んでいた縁で何度か「営業が欲しいから、来てくれよ。お前よりできる営業マンは腐る程いるけど、俺はお前と一緒に働きたいんだ」と誘われていました。彼の誘いを受けたきっかけは、東京めいらくで働き過ぎて、肺炎で1週間ぐらい入院したことです。入院中に「このままで良いのかな?」と考えて、No.2の方から誘われていたことを思い出し「あいつと一緒に働きたい」と思ったことが、転職の理由です。2009年ごろのことだったと記憶しています。

Vol.3へ続く

 

[プロフィール]
加藤昌人氏
株式会社プロセミ 代表取締役

株式会社東京めいらく入社、4年間で関東No.1の成績を収める。有限会社てっぺんのセミナー事業部に入社後、未来総研株式会社に移籍。有限会社てっぺんや未来総研株式会社でセミナー事業に携わり、2015年に株式会社プロセミの代表取締役に就任。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、加藤昌人氏(株式会社プロセミ 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。