経営者インタビュー 松原脩二氏(リイマジンコンサルティング株式会社 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 松原脩二氏(リイマジンコンサルティング株式会社 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、松原脩二氏(リイマジンコンサルティング株式会社 代表取締役社長)です。今回はリイマジンコンサルティング株式会社 代表取締役社長の松原脩二氏にお越しいただきました。リイマジンコンサルティングの設立を家族に相談したところ、奥様から事業計画書を出せと言われ2度ほど挫折。しかし、自社に合った保険を新しく作りたい経営者を支援すべく起業。保険をゼロから新しく作るという、日本で唯一の事業を経営するエピソードをお話しいただきました。ぜひ、松原脩二氏の経営者インタビューをお聞きください。

(2019年9月配信)


 

新谷哲:本日の経営者インタビューは、リイマジンコンサルティング株式会社代表取締役の松原脩二社長です。まずはご経歴をご紹介させていただきます。外資系保険会社、外資系証券会社にて要職に従事、大手共済にて常務取締役、少額短期保険会社2社にてそれぞれ取締役、代表取締役社長を歴任されました。現在はリイマジンコンサルティング株式会社の代表取締役をされています。松原脩二社長、本日はよろしくお願いいたします。

松原脩二:よろしくお願いします。

新谷哲:最初のご質問です。ご出身はどちらですか?

松原脩二:東京の三多摩です。立川や八王子の近辺です。

新谷哲:小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

松原脩二:基本的には良い子だったと思いますが、「ヒョロヒョロして青い顔をして勉強していた」、「よく喋る人だった」など、人によって違う評価を受けていました。自分では、基本的には真面目な良い子だったと自覚しています。

新谷哲:高校はどちらに進まれたのですか?

松原脩二:北多摩高校という古い学校です。正確ではないのですが、5年ほど前になくなってしまいました。

新谷哲:その高校を選んだ理由はございますか?

松原脩二:僕が試験を受けた頃は群制でしたので、自分の希望する群を受けたんですが、落ちてしまいました。それで倍率が高い二次募集という試験を受けて、北多摩高校に受かったので通ったという形です。

新谷哲:高校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

松原脩二:昔の話なのでアレですが、クラブ活動は卓球部に入り、あとは割と本を読んでいました。また学生運動が下火になるころで、高校が制服から私服になるなど変化が大きい中で高校時代を過ごしました。

新谷哲:高校卒業後は創価大学に進まれていますが、選ばれた理由はございますか?

松原脩二:大学の理念などに共鳴したからです。有名な大学に入るよりも、創価大学で自分自身を大きくしていきたいという強い思いがありました。

新谷哲:どの学部に入られたのですか?

松原脩二:文学部です。

新谷哲:今のお仕事とは、ちょっと外れていますが、文学部を選ばれた理由はございますか?

松原脩二:当時は学部が文学部・法学部・経済学部の3つあり、3つとも受けたんですが、受かったのが文学部だけでした。

新谷哲:大学時代はどのようにお過ごしになりましたか?

松原脩二:今後どう生きていくかということに対して、真摯に見つめながら過ごしていました。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]
松原脩二氏
リイマジンコンサルティング株式会社 代表取締役社長

外資系保険会社、外資系証券会社において要職に従事、大手共済にて常務取締役、少額短期保険会社2社にてそれぞれ取締役、代表取締役社長を歴任。生命保険会社・共済において豊富なマネジメント経験を有し、双方のビジネスモデル及び実務に通じている。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、松原脩二氏(リイマジンコンサルティング株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。