経営者インタビュー 吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長)です。今回は、PC・スマートフォン向け各種サービスの事業を経営する、株式会社イオレの代表取締役社長の、吉田直人氏にお越しいただきました。吉田直人社長は、1995年に咽頭がんの発覚、1997年に倒産そして自己破産という経験をされています。これらの苦難を乗り越えて、2001年に株式会社イオレを創業、2017年12月に東証マザーズに上場を果たしました。これらの経験を踏まえて、今、経営者の皆さんに伝えたいことは、「明けない夜はない」という言葉。大なり小なり、迷い悩みながら進んでいる吉田直人社長のお話は、経営者の皆様の大きな勇気となります。ぜひ、経営者インタビューをお聞きください!

(2018年4月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、株式会社イオレ代表取締役社長の吉田直人社長です。まずは経歴をご紹介させていただきます。北海道函館市生まれ。立教大学を卒業後、広告代理店に入社。2年後に広告代理店編集プロダクションを創業し経営者となります。その後、優良職業紹介所とゲーム会社を創業しますが、1995年に咽頭がんを発症。1997年にゲームの会社が倒産し、自己破産なさいます。その後、現在の株式会社ザッパラスを創業し、株式会社イオレを創業され、そして2017年12月にマザーズに上場されました。いろんな経験もされている私の尊敬する経営者の1人でございます。吉田直人社長、よろしくお願いいたします。

吉田直人:よろしくお願いします。

新谷哲:最初の質問になりますが、函館ご出身ということで、小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

吉田直人:普通の子でした。スポーツができる訳でも、勉強ができる訳でも、絵が得意な訳でもなかったです。

新谷哲:高校も函館に進まれましたか?

吉田直人:函館ラサール高校というところですね。

新谷哲:では、頭は大変良かったのですね。

吉田直人:どうなのでしょうね?高校時代の成績は後ろから2番目とかでしたから、劣等生と言ったほうが良いいかもしれません。

新谷哲:でも函館ラサールへ入られていますので、中学時代は勉強ができたのではないですか?

吉田直人:中学時代の成績は、真ん中ぐらいだったので、普通でした。

新谷哲:函館ラサールを選んだ理由というのは、何かあったのですか?

吉田直人:特にありません。うちの中学校から函館ラサールへ行くメンバーが多かったので、「僕もとりあえず受けよう」と受けたら「受かっちゃった」という感じです(笑)。

新谷哲:なるほど(笑)。すごく活躍されている経営者ですので、「小学校・中学校から普通とは違うのかな?」と思っていました。高校卒業後、立教大学にお進みになっていますが、選ばれた理由はございますか?

吉田直人:「どうしても立教に行きたかった」という理由はないです。流れで何校か受けた中の1つが立教だった、という理由です。若い頃の僕は、本当に普通の子でした。

新谷哲:では、起業をして経営者になろう、と目指されたのはいつ頃ですか?

吉田直人:「起業して経営者に」という部分に関しては、実家が事業を経営していました。子どもの頃から「家を継いで経営者になるんだよ」と両親や祖母、祖父に言われていたので、「函館の実家の商売を継いで、経営者になるのだろう」と漠然した将来のイメージがありました。

新谷哲:立教大学時代は、どのようにお過ごしになりましたか?

吉田直人:大学時代で、実家の経営が傾きました。それまでは、「地方のちょっと裕福な家の子、あまり努力をしない子」という感じでしたが、経営が傾いたので仕送りとかが来なくなります。授業料は大学に奨学金のお願いをし、生活費を稼ぐためにアルバイトしました。大学1年生の夏過ぎから「大学生なのか、フリーターなのか、よく分からない」という状況に陥ってしまいます。

新谷哲:では大学時代は、バイトばかりの生活でしたか?

吉田直人:バイトばかりの生活です。どんなバイトをして良いのかも分からず、家庭教師、塾の先生、飲食店、老舗のホテルの客室係など、色々なバイトをやりました。

新谷哲:では、大学時代は苦労をされたのですね。

吉田直人:全く想定していませんでした(笑)。平々凡々と暮らしていた、地方のお坊ちゃんが東京に出てきて、急に苦学生になってしまうという感じです。本当に人生はよく分からないです。

新谷哲:なるほど(笑)。大学卒業後、広告代理店に就職されていますが、選ばれた理由は何でしょうか?

吉田直人:大学3年生ぐらいの時に、世の中で「大学生ブーム」が起こりました。大学生を使ったマーケティングの仕事が、至るところで花盛りになるのです。その時に、友達がバンドでデビューしました。自分の友達でもありましたので、彼らに売れてほしいと「レコード会社さんのお手伝い、プロモーションのお手伝い」をします。それが非常に楽しくて、商売に繋がったものですから、「イベントの仕事ができる会社に就職したい」と思ったので、広告代理店に就職しました。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]
吉田直人氏
株式会社イオレ 代表取締役社長

株式会社ホワイトT&R、株式会社シオンコーポレーション(現・株式会社セレブリックス)、グラムス株式会社、株式会社サイバービズ(現・株式会社ザッパラス)など数々の会社を創業。2001年4月株式会社イオレを設立し代表取締役社長就任。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、吉田直人氏(株式会社イオレ 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。