経営者インタビュー 香丸俊幸氏(株式会社CLOVER 代表取締役) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 香丸俊幸氏(株式会社CLOVER 代表取締役) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、香丸俊幸氏(株式会社CLOVER 代表取締役)です。今回は、7か所の介護のデイサービスを展開する介護事業、および介護事業に関するコンサルティングを展開されている、株式会社CLOVER代表取締役の香丸俊幸氏にお越しいただきました。学生時代はクラスの人気者だった、という香丸俊幸社長。大学卒業後、セブン-イレブン・ジャパンに入社された後、ベンチャー・リンクに入社。その後、独立され経営者となりました。実は、ベンチャー・リンク時代にはインタビュアーの新谷の部下として仕事をされていたこともあり、終始和やかな経営者インタビューとなりました!セブンイレブン時代に徹底力・実行力、そしてベンチャー・リンク時代に経営の真髄を学び、現在の介護事業も明るく大きな未来を見据えて展開されています。ぜひ、お聞きください!

(2018年5月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、株式会社CLOVERの香丸俊幸社長です。まずは経歴をご紹介します。ご出身は東京。多摩川大学を卒業後、株式会社セブン-イレブン・ジャパンにご入社され、店舗経営指導員・商品開発などを担当されています。その後、実家の居酒屋の新店舗の立ち上げをし、株式会社ベンチャー・リンクにご入社。ここで私の部下となります。立地開発・オープンサポート・スーパーバイザー・FCの加盟開発等々を経験した後、独立。株式会社CLOVERを起業し経営者となりました。現在は介護のデイサービスを7事業所、発達障害の子ども向けの放課後等デイサービスを1事業所、飲食店や経営コンサルタント等の事業を経営する経営者です。香丸俊幸社長、本日はよろしくお願いいたします。

香丸俊幸:よろしくお願いします。

新谷哲:最初のご質問ですが、東京ご出身ということで、小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

香丸俊幸:自分で言うのが恥ずかしいのですが、クラスの人気者でした。面白くて人気があるタイプでしたが、誰も信じてくれません(笑)。

新谷哲:私の部下だった時から面白い人だったので、合っています(笑)。人気者ということは、バレンタインでチョコはいっぱいもらえたのですか(笑)?

香丸俊幸:そうですね。小学校の時は、クラスの半分以上の女の子からチョコをもらいました。でも、これを言っても誰も信じてくれません(笑)。

新谷哲:香丸俊幸社長がなかなか結婚できなかったことを考えると、その時で運が尽きちゃったのかもしれませんね(笑)。

香丸俊幸:いえいえ(笑)。

新谷哲:高校は都立大附属、現在の桜修館に行っていますが、選ばれた理由はございますか?

香丸俊幸:都立大附属を選んだ理由は、塾の先生に行けると言われたからです。内申が低かったので、担任の先生は「無難なところに行け」と言いました。でも塾の先生は「絶対に都立大付属に行ける」と言うので、やる気を出しました。

新谷哲:卒業後は、多摩川大学の経営工学科に進まれています。こちらを選んだ理由はございますか?

香丸俊幸:「女性ウケが良い大学どこかな?」と思って選びました(笑)。僕は、「おしゃれで格好良い大学に行きたい」と思って浪人しました。青学とか立教とか成蹊とかを狙っていたのですが、浪人中ちょっと遊んでしまいました。そこで12月の模試時点で入学可能な大学の中、「女性ウケが良い大学どこかな?」と思って選んだのが多摩川大学です。

新谷哲:小学校の時にモテた経験を、引きずっていたのですね(笑)。

香丸俊幸:そういうことですね(笑)。

新谷哲:多摩川大学では何を勉強されたのですか?

香丸俊幸:勉強は、ほとんどしていませんでした。

新谷哲:聞いた私がいけなかったようですね(笑)。大学卒業後、セブン-イレブン・ジャパンご入社されていますが、選ばれた理由はございますか?

香丸俊幸:本当のことを言うと、アレな理由なんですが、言ってもいいですか?(笑)

新谷哲:どうぞお聞かせください(笑)。

香丸俊幸:正直に言いますと、親戚のおじさんから、縁故で紹介されました(笑)。紹介された企業は7社ぐらいあり、オリエンタルランドや、山一証券などが入っていました。その中からセブンイレブンを選んだ理由は、最初は「ユニフォームを着てお店でレジを打つのかな?」と思ったのです。でも経営コンサルタントの仕事をすると聞き、興味を持ったので選びました。

新谷哲:経営コンサルタントを目指していたのですか?

香丸俊幸:経営コンサルタント自体は、目指していませんでした。でも両親は居酒屋の経営者で、親戚にも経営者が多かったので、「将来は独立して経営者になりたい」と思っていました。そこで、経営コンサルタントなら、経営の勉強ができると思いました。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]香丸俊幸氏
株式会社CLOVER 代表取締役

1972年5月1日生まれ。東京都出身。株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社ベンチャー・リンクを経て経営コンサルタントとして独立。IT企業や外食企業の役員などを歴任して2010年に株式会社CLOVERを創業。「人が幸せになるコミュニティつくり」をコンセプトに地域密着型デイサービスや放課後等デイサービス、飲食店、経営コンサルティング等の経営をしている。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、香丸俊幸氏(株式会社CLOVER 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。