経営者インタビュー 上田寛氏(ドリームムービー株式会社 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 上田寛氏(ドリームムービー株式会社 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、上田寛氏(ドリームムービー株式会社 代表取締役社長)です。今回は、「夢を想いをムービーに!」をミッションに、企業プロモーション映像、販促映像、また「夢・目標」の実現、「愛情・感謝」の伝達を含めた映像の企画制作を展開される、ドリームムービー株式会社 上田寛社長にお越しいただきました。広島県ご出身、学生時代はロックバンドを結成し音楽活動に打ち込んだ時期もあったそうです。大学卒業後、AGF(現・味の素)で営業部門、マーケティング部門、プルデンシャル生命でライフプランナー、日本最大級の保険代理店で営業企画部長、バイスプレジデントをご経験。10年の構想を経て、誰でも目標達成できる「成功イメージの映像化」を考案し、ドリームムービーを創業されました。著書は『最速で成功する脳の使い方~1日1分脳内TVで夢は叶う』。幾つになっても学び続ける真摯な姿勢や、お仕事に邁進される一方で、ご夫婦の時間を大切にされる暖かいお人柄も印象的な経営者インタビューです。ぜひ、お聞きください!

(2018年11月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、ドリームムービー株式会社代表取締役社長の上田寛社長です。まずはご経歴をご紹介します。1961年、広島県広島市生まれ。慶応義塾大学を卒業されています。AGF(現・味の素)、プルデンシャル生命保険他を経て、目標達成できる「成功イメージの映像化」に着目。個人や企業の夢と目標を実現するドリームムービー構想を構築。著書に「最速で成功する脳の使い方」などがございます。本日はよろしくお願いいたします。

上田寛:よろしくお願いします。

新谷哲:最初のご質問です。ご出身は広島県ということですが、小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

上田寛:小学校は、父親が厳しかったことを覚えています。自分じゃ大したことをしていないのに、子どもには厳しいという父親でした。よく「運動会でリレーの選手になれ、児童会長になれ」とか、そんなことを言われるのが、嫌で嫌でしょうがなかったです。

新谷哲:児童会長とは、生徒会長のような感じですか?

上田寛:そうですね。嫌々ながら立候補させられて、スピーチをした記憶があります。

新谷哲:お父様は、なぜ「生徒会長になれ」などとおっしゃったのですか?

上田寛:何ですかね?自分の子どもはすごいんだぞ、と見栄を張りたかったのかもしれませんね。

新谷哲:広島県の高校に進まれていますが、どのようにお過ごしになりましたか?

上田寛:普通の県立高校で、大したことはしていません。ロックが好きで、文化祭でバンドをしたくらいですね。

新谷哲:高校では、生徒会をされたのですか?

上田寛:中学校からやっていません。でも中学校は、小学校の延長で推薦され、学級委員を毎学年やっていましたね。でも高校は全くやっていません。

新谷哲:バンドをされたとのことですが、プロは目指されたのですか?

上田寛:ロックバンドはやりましたが、プロは目指していないです。

新谷哲:なるほど。慶応義塾大学を卒業される前に、広島の大学を卒業されているとお聞きしましたが、広島の大学に進まれた理由はございますか?

上田寛:特に理由はないですね。当時は「生まれたところで育ち、そのまま就職する」ことが一般的でした。もちろん、地元を出られる方も多かったですが、地元を出ようという気持ちはあまりありませんでした。

新谷哲:ちょっと話が前後しますが、40代になって慶応義塾大学に行かれたとお聞きしました。なぜ、40代で慶応義塾大学に行かれたのですか?

上田寛:40代になってから「社会でいろいろ通じる人間にならないといけない」と思いました。だから20年近く社会人を経験して、「勉強することは大事だ。これから時代が変わっても、どこにいても通じる状況を作らないといけない」と感じていました。保険の業界に長くいたので、「保険と金融の勉強を詳しくしたい」と思いました。慶應義塾大学は、通信課程で経済が学べるので選びました。

新谷哲:慶應義塾大学には、働きながら通われたのですか?

上田寛:そうですね。

新谷哲:働きながら保険や金融の勉強できるものなのですか?

上田寛:通信課程の卒業率は5%ぐらいで、なかなか難しいですね。通信で学ぶ経験がなかったので、1年半ぐらい何もできなかったです。でも「このままじゃ辞めてしまう」と一念発起して通いました。

新谷哲:勉強をしながら働いていて、売上は下がらなかったのですか?

上田寛:仕事との両立は難しいです。夏に1か月ほどのスクーリング期間があるので、夏休みを上手く使い、スケジュールを調整しながら通いました。

新谷哲:意志がお強いのですね。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]上田寛氏
ドリームムービー株式会社 代表取締役社長

1961年生まれ。AGF大阪支社や東京本社に10年間勤めたあと、プルデンシャル生命に転職。その後、大手保険代理店に転じ、営業企画部長、バイスプレジデントなどを歴任。15年ほど前からアイデアのあった夢実現映像ビジネスを2009年に創業、10年にドリームムービーとして会社組織化、社長に就任した。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、上田寛氏(ドリームムービー株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。