経営者インタビュー 稲生奈穂子氏(株式会社巴工務店 代表取締役) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 稲生奈穂子氏(株式会社巴工務店 代表取締役) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、稲生奈穂子氏(株式会社巴工務店 代表取締役)です。今回は、株式会社巴工務店の稲生奈穂子社長にお越しいただきました。短大卒業後、東京電力に就職。入社式で「歯車の1つになって働いてください」という言葉に反発し、退職。輸入雑貨、アロマ店を経験し、工務店の経営者となられるという経歴をお持ちの経営者です。座右の銘で「一期一会」と掲げるように、人の縁を大切にしているお話しは、多くの経営者様に大変参考になるかと存じます。ぜひお読みください!

(2019年8月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、株式会社巴工務店の稲生奈穂子社長です。まずは経歴をご紹介します。東京都ご出身ですが、お父様が転勤族だったので、高松、福岡、東京、仙台等々、転々と過ごされました。高校は都立の駒場高校に進学。その後大学に進学し、東京電力に就職。東京電力を退職後は、輸入雑貨の会社にご入社。その後ご結婚をされ、アロマのお店を開き、株式会社巴工務店の代表取締役に就任するという、大変、変わった経歴をお持ちの経営者です。稲生奈穂子社長、よろしくお願いいたします。

稲生奈穂子:よろしくお願いいたします。

新谷哲:最初のご質問なのです。転勤族だったということですが、小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

稲生奈穂子:高松の小学校に入学し、小学3年生の1学期まで高松の小学校に通いました。その次は福岡の小学校に転校し、小学5年生の1学期まで過ごします。小学5年生の2学期から東京に戻ってきましたので、小学校を3回変わっています。転勤で大変だったのは方言です。方言が分かるようになるまで1週間ぐらいかかるので、分かるまではじーっとして大人しくしています。クラスで方言を喋ると一員として受け入れてもらえました。しかし家で方言を喋るのは恥ずかしいので、家では標準語、学校の中では方言を使い分けるバイリンガルでした(笑)。

新谷哲:中学時代も転勤を繰り返したのですか?

 

稲生奈穂子:転勤はありましたが、高校受験があるので父だけが単身で行きました。

新谷哲:では、中学校は東京のほうで過ごされたのですね。中学時代はどんなお嬢様でしたか?

稲生奈穂子:お嬢様ですか(笑)。中学時代は、そんなに大人しくもなく、でも目立つ訳でもなく、普通だったと思います。

新谷哲:その後、都立の駒場高校に進学をされますが、選ばれた理由はございますか?

稲生奈穂子:駒場高校を選んだ理由は、都立の中で唯一セーラー服だったからです。セーラー服を着たいと思い、駒場高校を選びました。

新谷哲:高校時代はどのように過ごされたのですか?

稲生奈穂子:高校時代はちょっと挫折を味わいました。駒場高校は偏差値が高く、頭良いのです。私が入学できたのは、真面目だったので内申点が取れたという理由なので、本当に頭が良いわけではなかったのです。周りは頭が良いので、私が分からないところもパパッと理解していくので、どんどん勉強が大嫌いになりました。ただ3年間クラス変えがなかったので、クラスメイトとの仲はすごく良くなりました。

新谷哲:高校卒業後、短大に進学をされますがどのようにお過ごしになりましたか?

稲生奈穂子:高校で勉強が嫌いになってしまったので、軟式テニス部に入って、半分遊んでいるような感じで楽しく過ごしていました。私の時代は女子大生ブームだったので、どこに行っても優遇されました。ディスコにもタダで入れたりして、本当に楽しい学生生活を送っていました。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]
稲生奈穂子氏
株式会社巴工務店 代表取締役

大学卒業後、東京電力に就職。その後、輸入雑貨、アロマサロンを経て、株式会社巴工務店の代表取締役に就任。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、稲生奈穂子氏(株式会社巴工務店 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。