経営者インタビュー 島津清彦氏(株式会社ZENTech 代表取締役CEO) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 島津清彦氏(株式会社ZENTech 代表取締役CEO) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、島津清彦氏(株式会社ZENTech 代表取締役CEO)です。今回は株式会社ZENTech代表取締役CEOの島津清彦社長にお越しいただきました。スターツグループの取締役を歴任された後、株式会社シマーズや株式会社ZENTechを設立された経営者です。起業後に禅と出会い、自身の経営哲学と共通する部分があると気付き、座禅を経営に生かす活動をされています。スティーブ・ジョブズなどの著名な経営者が禅を取り入れるエピソードなどをお話しいただきました。ぜひ、経営者インタビューをお読みください。

(2019年8月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは島津清彦社長です。まずはご経歴をご紹介します。スターツコーポレーション取締役人事部長、スターツコーポレーション専務取締役、スターツファシリティーサービス代表取締役社長、スターツピタットハウス代表取締役社長を歴任され、その後、株式会社シマーズ、株式会社ZENTechを設立され経営者となられます。島津清彦社長、よろしくお願いいたします。

島津清彦:よろしくお願いいたします。

新谷哲:最初のご質問です。ご出身はどちらになられますか?

島津清彦:出身は、東京都江東区の深川です。最寄り駅でいうと、門前仲町や木場になります。

新谷哲:では下町っ子という感じですね。

島津清彦:そうですね、下町ですね。

新谷哲:小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

島津清彦:小学校・中学校時代は、学年で一番背が低く、自分の身を守るためではないですが、周囲を明るく笑わせていました。

新谷哲:では今の島津清彦社長と同じで、明るいご性格というか、そんな感じですね?

島津清彦:先生からの通知表にはよく「明るくて楽しくて朗らかですね」と書かれました。

新谷哲:高校は、東海大附属高輪台高校に進まれていますが、選ばれた理由はございますか?

島津清彦:本当は都立に行こうと思っていたのですが、先生から「内申的に駄目だ」と言われて反発をしました。ある程度チャレンジする高校を受験しようと調べ、高輪台が良さそうだと思い選びました。

新谷哲:高校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

島津清彦:体が小さかったので卓球部に入りました。楽しかったのですが、マイナースポーツだったのであまり気合いを入れられませんでした。また友達と一緒にお笑いコンビを結成して、お笑い番組に出演してチャンピオンになったことがあります。

新谷哲:そうすると、吉本興業に入られていたかもしれない、という感じですか?

島津清彦:そうですね。多分若い人はご存知ないと思うんですが、テレビジョッキーという番組のお笑いコーナーに出て、そこでチャンピオンになりました。そのまま勝ち進んでいけば、本当にお笑いの世界にいたかもしれません。

新谷哲:ちょっと驚きなお話しでございます。大学はそのまま東海大学に入られたのですか?

島津清彦:そうです。東海大学の経済学部に進みました。

新谷哲:大学時代はどのようにお過ごしになりましたか?

島津清彦:完全にアルバイト一筋でした。自宅から大学が遠かったので、部活よりアルバイトをしようと思いました。浦安の駅前のマクドナルドのグランドオープンと同時に応募しました。アルバイトが100人以上いたのですが、早い段階で店長からスイングマネジャーになれと言われました。大学時代はとにかくマクドナルド一筋で、勉強はあまり熱心にしなかったです。

新谷哲:ではアルバイトだけど、社員みたいな扱いだったのですか?

島津清彦:そうですね、半分社員みたいな感じでした。売上の管理から商品、バンズの仕入れ、クルーのスケジュール管理まで。人、物、金の全てを任せられました。

新谷哲:マクドナルドでは、何か学ばれましたか?

島津清彦:アルバイト100人以上いると、仲が良い悪いで派閥ができます。そういう人達を上手くまとめたりしました。あと、パンが足りない時に他のお店から借りたりするなど、調整能力を学びました。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]
島津清彦氏
株式会社ZENTech 代表取締役CEO

1965年東京都生まれ。元スターツピタットハウス代表取締役。元ソニー不動産取締役。2012年に独立。その後、多くの世界一流のリーダーが禅にたどり着くことを知り、自らも出家得度して仏門入り。経営者と禅僧という二つの顔を持ちながら、官公庁や数多くの企業へ禅を活かしたコンサルティングや研修、講演、坐禅指導などを行う。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、島津清彦氏(株式会社ZENTech 代表取締役CEO)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。