経営者インタビュー 前田出氏(一般社団法人 協会ビジネス推進機構代表理事) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 前田出氏(一般社団法人 協会ビジネス推進機構代表理事) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、前田出氏(一般社団法人 協会ビジネス推進機構代表理事)です。協会ビジネスの第一人者である、前田出氏にお越しいただきました。ホビークラフトで作り上げた認定講師が活躍する仕組みをビジネスモデルとして、2007年より他の業態に「新・家元制度」を提唱されています。ミュージカル劇団、街づくり、インテリアコーディネーター、選挙のプロデュースなど、様々な経験が現在のビジネスの成功につながっていくストーリーは、大変興味深い内容となっております。前田出氏の語る、事業を大きく発展させるための「仕組みづくり」とは? 企業成長を目指す経営者の皆様は必聴です!

(2017年5月配信)


 

新谷哲:本日の経営者インタビューは、私の尊敬する経営者のお一人、前田出氏です。まずは経歴をご紹介します。1954年生まれ。協会ビジネスの第一人者であり、新・家元制度を提唱。和歌山市生まれで長崎大学水産学部卒業。その後、マニフェスト選挙の先駆けを作り出し、株式会社コロネットを設立。押し花の認定講師制度の仕組みを作り成功されて、今は、新・家元制度のビジネスモデルを推進されていらっしゃいます。本日はよろしくお願いいたします。

前田出:よろしくお願いいたします。

新谷哲:最初のご質問ですが、ご出身は和歌山市ですか?

前田出:はい、和歌山市です。

新谷哲:小学校・中学校は、どのような幼少期をお過ごしでしたか?

前田出:小学校・中学校と優等生でした。小学校の頃から生徒会長をやっていて、先生に気に入られる子でした。高校に行った時は、成績も中ぐらいになり「自分は井の中の蛙」と実感し、いい子をやるのがしんどくなってきました。

新谷哲:そうでしたか(笑)。高校はどちらに行かれたのですか?

前田出:学校として有名だった、桐蔭高校というところに行きました。

新谷哲:大学は長崎で、水産学部とのことですが、理系だったのでしょうか?

前田出:理系でした。選んだ理由は、高校で自分の実力が分かり、「普通のデスクワークはやりたくなく、農学部か水産学部に行きたい」と思い、水産学部ある長崎大学へ行きました。

新谷哲:今のお仕事と、全然違う学部ですよね。元々、水産学部から何か目指す夢はあったのですか?

前田出:その当時、クストーという潜水で有名な方がいて、海に潜ることをやりたいと思っていました。ただ大学ではろ過など、やりたいこととは違うことをやりました。

新谷哲:大学卒業後は普通に就職したのですか?

前田出:就職は、水産の仕事とは関係なく、大阪のアイスクリームの卸売業に入りました。でも半年で辞めました。

新谷哲:面白くなかったということでしょうか?

前田出:何をやっているかも分からずに入って、営業の見習いという前段階で辞めました。

新谷哲:そのアイスクリーム屋さんを辞められた後、独立ですか?

前田出:父が黒板屋を経営していたので「家に帰ればなんとかなる」と思ったのですが、超零細企業でなんともならない(笑)。丁度結婚を考えていて、超零細企業入って頑張る気もなく、何か面白いことはないかと思い、アマチュアのミュージカル劇団に入りました。

新谷哲:大変変わった経歴で、今の前田出先生からは想像がつかないですね。失敗話になるんですか?

前田出:そうですね。父の経営する黒板屋の給料は年収200万もないくらいで、保母さんをやっていた嫁さんの方が収入が多かったです(笑)。ミュージカル劇団では、シンガーソングライターの小椋佳さんを口説いて曲を書いてもらい、全国ツアーをし、10年間で10万人動員。サントリー地域文化賞をもらいました。

新谷哲:すごいですね。

前田出:劇団のキャストとプロデューサーの方が面白く、全く収入がない状態が32歳まで続きました。

新谷哲:ミュージカルのほうが成功して、今の前田出先生の片鱗をのぞかせるような気がします。ミュージカルを辞めたのが32歳ですか?

前田出:丁度まちづくりブームがありまして、建築家の方々と何かやろうという話になりました。和歌山で大きなイベントを3回して、2000~3000人位を動員するイベントを作れたのです。それとミュージカルを同時にして、人を動かすということが面白く感じました。32歳の時に真面目に仕事をやろうと思い、株式会社アイシーエスというのを作ったんです。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]前田 出 氏
一般社団法人 協会ビジネス推進機構代表理事

1954年1月5日 和歌山市生まれ。一般社団法人 協会ビジネス推進機構代表理事。神戸山手大学 客員教授。書籍・映像などの著作。「社会に良いことをしながら儲かる仕組み」として、協会ビジネスモデルを提唱。2020年までに、年商1億円の協会を200作り、10万人の認定講師が活躍する社会を実現させる。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、前田出氏(一般社団法人 協会ビジネス推進機構代表理事)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。