経営者インタビュー 嶋津 良智氏(一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 嶋津 良智氏(一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、嶋津 良智氏(一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事)です。今回は、もっと“稼ぐ”組織を作る「上司学」「組織づくりの12分野」メソッドの開発者であり、リーダー育成の第一人者でもある、嶋津良智氏にお越しいただきました。大学卒業後に入社したITベンチャー企業では、同期100名の中でトップセールスとして活躍し、その功績が認められ24歳の若さで最年少営業部長に抜擢。その後28歳で独立し、2004年には年商52億円の会社にまで育て、上場を果たされました。さらに出版した書籍は累計発行部数が140万部を超えています。経営者として、右肩上がりで輝かしい成功を掴んでいった嶋津良智氏の秘密とは? インタビューをぜひお聞きください!

(2017年7月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、著者としても、セミナー講師としても、研修講師としても有名な、嶋津良智社長にお越しいただきました。まずは経歴をご紹介します。大学ご卒業後、IT系ベンチャー企業に入社。同期100名の中でトップセールスマンとして活躍。その功績が認められ、24歳の若さで最年少営業部長に抜擢。就任3カ月で担当部門が全国ナンバーワンになりました。その後、28歳で独立して経営者となられ、2004年には年商50億円を超える企業となり、株式上場を果たしました。現在は、教育機関リーダーズアカデミーを設立し、その推進をされています。シリーズ100万部を突破したベストセラー『怒らない技術』の著書であり、研修コンサルタントでもある嶋津良智社長を、今日はお招きしております。よろしくお願いいたします。

嶋津良智:よろしくお願いします。

新谷哲:それでは最初の質問ですが、ご出身は東京ですか?

嶋津良智:はい、東京の東村山というところです。

新谷哲:おいくつくらいまで、東京にいらしたのですか?

嶋津良智:6歳です。

新谷哲:その頃の思い出は何か残ってらっしゃいますか?

嶋津良智:幼稚園の頃なので、ほとんどないです。お友達と「将来結婚しようね」と約束したことくらいですかね(笑)。

新谷哲:幼稚園からおモテになったのですね(笑)。その後、横須賀にお移りになったそうですが、小学校・中学校は横須賀ですか?

嶋津良智:そうですね。

新谷哲:その頃の思い出はございますか?

嶋津良智:大好きだった女の子が転校しちゃったとか、そんなことですかね(笑)。

新谷哲:嶋津良智社長が、こんなに女性話がお得意とは思いませんでした(笑)。

嶋津良智:思い出話と聞かれるとやっぱり、そういうことを思い出します(笑)。

新谷哲:小さい頃はどんなお子さんでしたか?

嶋津良智:勉強は全くしなかったですね。野球をやって、日が暮れるまで友達と遊ぶ毎日です。

新谷哲:意外ですね。研修講師をやっていらっしゃるので、頭の良いイメージを持っていました。高校は、横須賀とは別の場所になりますか?

嶋津良智:父の転勤があり、栃木の高校に進みました。

新谷哲:どんな高校時代をお過ごしになりましたか?

嶋津良智:全然勉強しなかったので、高校受験に失敗し、行きたくない高校に行くことになったのです。そして高校2年の時だったのですが、学年でアイドル的存在の女の子がいました。その女の子と偶然同じクラスになったのですが、彼女がとても賢くて美人だったのです。それで、「こいつと俺、何が違うのかな?」と思い、その時にはじめて「俺は努力をしてないんだ!」と気付きました。それで「努力をしたら彼女みたいになれるのかな?」と思って、初めて一生懸命勉強したのです。そしたら僕がクラスで2番になり「なんだ、やればできるじゃん!」と思って、大学に行くことを考えて一生懸命勉強しましたね。あとは、音楽に明け暮れました。

新谷哲:その美人の方とは、お付き合いをされましたか?

嶋津良智:全くないです。彼女は僕の親友と付き合ってました(笑)。

新谷哲:そうでらっしゃいますか(笑)。大学時代には、何をされたのですか?

嶋津良智:バイトとバンドに明け暮れました。

新谷哲:バンドは何系のバンドだったのですか?

嶋津良智:ハードロックです。

新谷哲:嶋津さんの年代だとガンズとか、そっちのジャンルですか?

嶋津良智:いや、もっと古いです。スタートは、KISSとかレインボーとか、ディープ・パープル。その後は、オリジナルでずっとやりました。

新谷哲:バンドでデビューしようとは考えなかったのですか?

嶋津良智:当時は思っていましたが、今から思うとただの願望です。

新谷哲:大学卒業後、ITベンチャー企業にお勤めになり、ご就職をされていますが、音楽を捨ててベンチャー企業を選ばれたのですか?

嶋津良智:捨てたっていうとカッコいいですけど、自分に才能がないのはわかっていたので、普通に就職活動をして入りました。僕は本当に頭が悪かったので、どこも雇ってくれないのです。内定が出たのが1社だけで、選択肢がなかったのでそこに入社しました。

新谷哲:私と一緒ですね。私も100社受けて、入社することになった1社だけしか受かりませんでした。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]
嶋津 良智 氏
一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事

1965年1月26日生まれ。日本の著述家、評論家。リーダーズアカデミー学長。セミナーズアカデミー学長。一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事。早稲田大学エクステンションセンター講師を務める。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、嶋津 良智氏(一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。