経営者インタビュー 寺澤康介氏(ProFuture株式会社 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 寺澤康介氏(ProFuture株式会社 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、寺澤康介氏(ProFuture株式会社 代表取締役社長)です。6万人以上の会員を持つ日本最大級の人事ポータルサイト「HRプロ」、約15,000人が参加する日本最大級の人事フォーラム「HRサミット」を運営する、ProFuture株式会社 代表取締役社長の寺澤康介氏にお越しいただきました。好きなことに「仕事」と挙げるくらい、経営者としての仕事に邁進されている寺澤康介氏は、「いかに仕事を楽しくできるか」が重要だと言います。これから起業を志す方・経営者の皆様へのお言葉も、多くの修羅場をくぐり抜けてきたという寺澤康介氏ならではの力強さです。経営者インタビューをぜひお聞きください!

(2017年9月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、「HRプロ」で有名なProFuture株式会社の寺澤康介社長をお呼びしました。まずは、ご経歴をご紹介いたします。1986年慶応大学卒業後、就職情報会社役員等を経て、2007年に採用プロドットコム株式会社、後のHRプロを設立し、代表取締役に就任されます。人事ポータルサイト「HRプロ」、経営者向けサイトは「経営プロ」、日本最大級の人事イベント「HRサミット」「HRテクノロジーサミット」等を運営されている、人材採用関連では有名な経営者です。本日はよろしくお願いします。

寺澤康介:よろしくお願いします

新谷哲:それでは、最初の質問ですが、ご出身はどちらですか?

寺澤康介:生まれたのは兵庫県の神戸市です。幼稚園の時に伊丹市を引っ越しました。

新谷哲:空港のある伊丹市ですか?

寺澤康介:そうです。

新谷哲:小学校・中学校時代の幼少期というのはどんなお子さんでしたか?

寺澤康介:中学・高校で中高一貫の男子校に行きました。男まみれの中でサークルをやったり、友達と遊んだりする、ごく普通の男の子だったと思います。

新谷哲:高校時代の思い出はございますか?

寺澤康介:高校2年まで、剣道部に入っていました。高校3年からは受験のための勉強に入ったので、部活以外では特に何もしていません。

新谷哲:大学は慶応大学にご進学をされています。寺澤康介社長は見た目も格好良くて慶応ボーイという感じがします(笑)。

寺澤康介:いえいえいえ、全然そんなことないです(笑)。

新谷哲:慶応を選ばれた理由はございますか?

寺澤康介:私は地元の国立大学を受けて、私学は東京の大学を受けようと思いました。当時、兄が慶応に行っていたので、慶応を選びました。受験の結果は、地元の国立が落ちて、慶応に受かったから選んだという、非常に安易な理由です。

新谷哲:でも慶応ということは、頭もよろしかったということですよね?

寺澤康介:そんなことはないですよ、たまたまです。

新谷哲:大学時代はどんなことをして過ごされたのでしょうか?

寺澤康介:当時、新設の学科だった「人間関係学科」に入りました。人間を基軸にした学部で、心理学、社会学、哲学などを専攻しました。前半はまだまだ勉強していたのですけど、後半はあまり学校に行きませんでしたね(笑)。

新谷哲:人に関連する学問と聞きますと、現在のお仕事と通じるものがあるように思います。

寺澤康介:全くの偶然です。卒業後は進学して大学院に行こうと思っていましたが、大学院に落ちました。就職活動は社会経験の一環のような感じで行っていて、たまたま就職情報会社にだけ内定をもらっていました。お金を稼がないといけないので「1年ぐらい働いてみるか」と思い、人材業界に入ります。なので、大学で学んだ人に関連する業界に行こうなんていう頭は全くなく、偶然受けただけという形です。

新谷哲:では、大学で勉強したこととは全然関係ない方向に行こうとしたら、また元に戻ったみたいな感じのイメージですか?

寺澤康介:そうですね(笑)。しかし、大学時代に学んでいたことと、就職をしてから仕事は、全く別の内容です。大学の勉強が仕事で役に立ったということはありません。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]
寺澤 康介 氏
ProFuture株式会社 代表取締役 HR総研所長

1986年慶應義塾大学文学部人間関係学科を卒業後、就職情報会社文化放送ブレーン入社。営業部長、企画制作部長などを経て、2001年文化放送キャリアパートナーズを共同設立。常務取締役を経て、2007年採用プロドットコム(現社名=HRプロ)を設立、代表取締役社長に就任。約25年間、大企業から中堅・中小企業まで幅広く人材採用のコンサルティングを行う。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、寺澤康介氏(ProFuture株式会社 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。