経営者インタビュー 伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長) Vol.1

経営者インタビュー 伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長) Vol.1

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長)です。今回は、株式会社ウェイビーの代表取締役社長、伊藤健太氏にお越しいただきました。慶應義塾大学卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名と資本金5万円で起業。起業当初はお金がなさ過ぎて、カードで借金をしながらの企業経営を行う。その後、年間3,000件以上の起業に関わる事業を経営し、会社は急成長。日本最大規模の起業イベントや、累積4,000人以上が参加する「TERACOYA」、起業支援ポータルサイト「助っ人」の運営等に携わる、起業に関する日本の第一人者である経営者です。

(2017年11月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、株式会社ウェイビーの代表取締役社長の伊藤健太社長。まずは、経歴をご紹介いたします。慶応義塾大学卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校の親友4名と起業。起業支援業務をスタートさせ、年間3,000件以上の起業に関わるような事業を経営しています。日本最大規模の起業イベントや、累積4,000人以上が参加している「TERACOYA」の主催、起業支援ポータルサイト「助っ人」の運営等々、起業に関する日本の第一人者である経営者です。伊藤健太社長、本日はよろしくお願いいたします。

伊藤健太:よろしくお願いいたします。

新谷哲:最初のご質問です。ご出身は神奈川県の横浜市とお聞きしましたが、どのような小学校・中学校時代をお過ごしになりましたか?

伊藤健太:普通の小学生・中学生でしたが、変わったところが2つありました。小さい頃に両親が離婚したことで、かなり寂しがり屋な性格になりました。小学生・中学生は、クラスのリーダー的ポジションになります。でも、小学校・中学校のリーダーってジャイアンみたいなタイプが多いです。私はジャイアンとは反対に、自分のことが嫌いそうな人と仲良くするというタイプのリーダーだったのです。だから皆と上手くやるということを小学生・中学生の時から意識をしていました。これが1つ目ですね。2つ目は、「自分がいる場所、クラスや部、塾などでは、皆が楽しく幸せであってほしい。自分にはその責任があるのではないか」という謎の意識があったことです。

新谷哲:創業経営者らしく、もともと素質としてリーダーシップを持っていたのですね。

伊藤健太:小学生の頃は違いましたが、今は「リーダーシップは役割の1つに過ぎない」と感じていますから、どうなのですかね?でも小学校から大学まで、同じような立ち位置にいたので、良い経験だったと思います。

新谷哲:では高校の時もリーダーシップを発揮されたのですね。

伊藤健太:そうですね、責任感は強いと思います。高校では1年に1回クラス替えがありまして、クラスの中に、学内で結構目立っている人、何かイケてる人がいないと「なんかこのクラス外れたね」という話をしているのです。でも自分がいる場所はできる限り良い形に持っていきたい、という気持ちはずっとあったので「いや、そんなことないんだ。私がこのクラスを1年間で一番イケてるクラスにするんだ」という変な使命感に燃えました。なので、クラスやサッカー部の活動をやりながら、高校3年の時に始めたバイトは、店長よりもちゃんとお店のことを考えてやっていました(笑)。

新谷哲:今のお話を聞くだけで、伊藤健太社長は経営者が一番向いてると感じます。経営者に向いていない私とは雲泥の差ですね(笑)。

伊藤健太:私は経営者に全く向いていないと思います(笑)。だから難しいです。最近は、「自分の役割である経営者って何だろう?」と考えています。「社内にあまりリソースを持たない」という方針で、会社を経営しています。だから、色々な会社と一緒に仕事することが多いです。

一緒に仕事をする会社さんは仲間だと思っているので、仲間のリソースを借りて経営をするという感じになります。人口が減っていく中で良い人を採用するということがもう確率的に難しくなっているので、私はプロパー社員を増やそうと思っていません。ほとんどの会社はマネジメントで苦戦して成長が止まると思いますので、マネジメントを不要にしないといけないと思っています。

その最たるものが「社員に事業をやってもらう」や「事業をやっている会社さんと一緒にやる」です。だから「経営者の役割って何だろう?」といった時に、「周りの人が一緒にこの会社と働きたい」と思うような経営理念や、「経営理念が形になった事業を経営する」という雰囲気を醸すことが、経営者の役割だと思っています。

新谷哲:小学校・中学校・高校時代のエピソードがそのまま事業になり、経営者になったという感じがします。私とはちょっと違うので、大変びっくりするやら羨ましいやら、と感じています(笑)。

伊藤健太:全然です。全然です(笑)。

新谷哲:その後、慶応大学に進まれていますが、選ばれた理由というのは、何でしょうか?

伊藤健太:本当は早稲田に行きたかったです。ただうちの家って、結構、貧困家庭でした。小学校3年生ぐらいの時に離婚をしていて、所得は多分、年収300万ぐらい。だから普通の家よりもお金を持っていませんでした。お兄ちゃんが途轍もなく頭が悪くて、絶対に落ちない公立の偏差値の一番低い高校に落ちたのです。それでも、高校は行かないといけないから、誰でも入れる私立に行くことになって、ここで家のお金を全て失ったのです。親からは中2ぐらいの時に「お兄ちゃんが私立に行ったから、お前は100%公立じゃないと駄目なんだ」と言われました。「お兄ちゃんは努力せずに別に行きたくなかった私立に行っているのに、何で私だけ選択肢が限定されるのか?」という理不尽さに納得いかなかったのです。別に公立でも良かったのですが、理由として全く納得できず、逆に私立に行きたくなってしまい「私立に行きたい」と親に言う訳ですよ。

その時に、唯一お金を持っていたのが母親のお父さん。つまり私の祖父で、慶応出身でした。慶応出身の人って、孫とかが慶応に行くことは、多分、嬉しいことです。だから祖父に「私立に行きたい」に話した時に「慶応だったらお金出してあげるよ」と言われました。そこで「慶応と同じぐらいの偏差値の早稲田でもいいですか?」と言ったら、「早稲田か慶応だったらお金出すよ」と言ってくれます。それが中学校3年生。中学は普通の公立の中学校にいて、勉強せずにずっとサッカーばかりやっていて、サッカーがめちゃめちゃ上手かったのです。家族や学校の先生からは、サッカー選手になるかと思われていたぐらい、勉強をしていませんでした。だから誰もが「早稲田や慶応なんて受からない」と思っていました。結果は、慶応に受かりました。でも早稲田には二次試験で落ちてしまいます。なので、渋々慶応に行きました。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]伊藤健太氏
株式会社ウェイビー代表取締役社長

慶應義塾大学卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名と資本金5万円で起業。企業支援業務をスタートさせ、年間3,000件以上の起業に関わる。日本最大規模の起業イベントや、累積4,000人以上が参加している「TERACOYA」の主催、起業支援ポータルサイト「助っ人」の運営に携わる。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、伊藤健太氏(株式会社ウェイビー 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。