経営者インタビュー 富田直人氏(株式会社イノベーション 代表取締役社長) Vol.1

経営者インタビュー 富田直人氏(株式会社イノベーション 代表取締役社長) Vol.1

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、富田直人氏(株式会社イノベーション 代表取締役社長)です。今回は、法人向けインターネットマーケティング事業会社を経営する、株式会社イノベーション代表取締役社長の富田直人氏にお越しいただきました。幼い頃から負けず嫌いで、勉強もスポーツも、努力して勝ち取ることが当たり前だったという富田直人社長。大学卒業後にはリクルートに入社し、IT企業に対する企画営業・マーケティングやIT関連メディア「キーマンズネット」立ち上げなどの経験を経て、2000年12月に株式会社イノベーションを設立。2016年12月に東証マザーズ上場を果たしました。「成功するためには、成功するまでやめない。」努力をもって大きな成功をつかみ続けてきた富田直人社長の経営者インタビューを、どうぞお読みください。

(2018年1月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、富田直人社長です。まずは経歴をご紹介します。1965年生まれ、浜松市出身。1987年にリクルートにご入社、その後2000年12月に株式会社イノベーションを設立し、代表取締役社長に就任。法人営業の新しいスタイルを創造するべく、法人向けにインターネットマーケティング支援事業を展開。2016年に東証マザーズに上場を果たした上場企業の経営者です。富田直人社長、よろしくお願いいたします。

富田直人:よろしくお願いいたします。

新谷哲:まずは最初のご質問です。浜松市ご出身ということですが、大河ドラマにもなった井伊直虎の浜松ですか?

富田直人:さようでございます。

新谷哲:小学校・中学校時代は、どのようにお過ごしでしたか?

富田直人:地元の公立小学校・中学校、かなり平凡な学生だったと思います。ただ、非常に負けず嫌いなところがありました。勉強などで競うことがあると「絶対勝ってやるぞ」という思いを内に秘めていました。努力をして勝ち取ることが好きなタイプで、両親に好かれたい思いが強かったです。

新谷哲:小学校・中学校時代から努力するのが好きだったのですか?

富田直人:そうですね。自分の納得いく成果を残すためには「努力しないといけない」と小さい頃から分かっており、「頑張れば何とかなるんだ」と思っていました。

新谷哲:高校時代はどのようにお過ごしでしたか?

富田直人:浜松市の県立高校に入学し、ボート部に入部しました。浜松には佐鳴湖という湖があり、ボートが盛んなのです。4人乗り・8人乗りのボードで競争するというスポーツで、ボート部の仲間とはかなり仲良くしていました。有意義な高校生活を送ったと思っています。

新谷哲:ボートは今でも続けているのですか?

富田直人:高校の部活の時だけですね。

新谷哲:高校卒業後、横浜国立大学に進まれていますが、こちらの大学を選んだ理由はございますか?

富田直人:裕福な家庭ではありませんでしたので、親孝行のために「国立大学」を選びました。次に父親が電気工事業の経営者をしており「父親の仕事を継いで経営者になる」と考えて、電気工学科に入ろうと決めました。電気工学科がある国立大学には、横浜国立大学以外にも、静岡大学という自宅から通える大学があったのですが、「やはり自宅から出たい」と思い、横浜国立大学を選びました。

新谷哲:大学卒業後は、リクルートに入社されていますね。理系出身では珍しい進路だと思いますが、リクルートをお選びになった理由は何でしょうか?

富田直人:私が入社した1987年は、就職に良い時代でした。理系であれば銀行・証券・商社・一般の電機メーカーなど、推薦でどこにでも入社できたのです。どこに入ろうかと就活をする中で、「何年か勉強のために東京の会社で働いて、3~5年したら帰って実家を継いで経営者になろう」と思い会社を選びました。IBM、SONY、富士通、日立といった大手電機メーカーの推薦があり、何社か行ってみたら「これは3~5年で辞める会社じゃない」ことがよく分かりました。この時点で文系就職を始めました。「若いうちから仕事を任せてくれて3年~5年で辞めて良い」という条件で探す中でリクルートがございましたので、入社しました。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]富田 直人 氏
株式会社イノベーション代表取締役社長

大学卒業後、株式会社リクルートに入社。IT企業に対する企画営業・マーケティングやIT関連メディア「キーマンズネット」立ち上げなどの経験を経て、2000年12月に株式会社イノベーションを設立、代表取締役に就任。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、富田直人氏(株式会社イノベーション 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。