経営者インタビュー 西堀敬氏(株式会社日本ビジネスイノベーション 代表取締役) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 西堀敬氏(株式会社日本ビジネスイノベーション 代表取締役) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、西堀敬氏(株式会社日本ビジネスイノベーション 代表取締役)です。今回は、ベンチャー企業の事業継続支援会社を展開する、株式会社日本ビジネスイノベーション代表取締役の西堀敬氏にお越しいただきました。西堀敬社長は滋賀県に生まれ、大阪市立大学商学部卒業後、日立造船入社、和光証券(現・みずほ証券)を経て、ウェザーニュースにて上場準備に携わられました。米国・イーコマース会社COO兼CFOとして日本業務を立ち上げた後、2011年日本ビジネスイノベーションを設立、代表取締役に就任され、現在は複数の上場企業の社外取締役を務められています。幅広い活躍を通して得られた広い視野や、成功経営者としてのあり方の詰まった西堀敬社長の経営者インタビューは、大変参考になります。ぜひお聞きください!

(2018年10月配信)


 

新谷哲:本日の経営者インタビューは、株式会社日本ビジネスイノベーション代表取締役の西堀敬社長です。まずは経歴をご紹介させていただきます。滋賀県生まれで、大阪市立大学商学部卒業。その後、日立造船に入社。和光証券へ移られて、国際企画部、スイス現地法人、国際金融部と国際業務に従事されました後、ウェザーニュースに移られ、国際業務の経験の後、財務部長として上場準備に携わられます。その後、アメリカのイーコマース会社のCEO、IRコンサルティング会社取締役、新規上場企業情報サイト東京IPO編集長などを経て、日本ビジネスイノベーションの代表取締役にお就きになられた経営者です。本日はよろしくお願いいたします。

西堀敬:よろしくお願いします。

新谷哲:最初のご質問ですが、ご出身は滋賀とのことで、小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

西堀敬:滋賀県は、近江商人発祥の地で、戦後日本で活躍する経営者を多く輩出した土地ですが、小学校の頃はそういう土地と知らずに育ちました。田んぼしかないので、小学校・中学校は田園風景の中を走り回る、そんな形で育ちました。

新谷哲:ガキ大将とかそういう感じでいらっしゃいましたか?

西堀敬:全く逆です。4月1日生まれなので、学年で一番成長が遅く、他の子はできることが、自分だけできない子だったので、それがコンプレックスでした。小学校の低学年から中学年ぐらいまで、気弱な子でしたね。

新谷哲:今の西堀敬社長からは、想像がつかないですね。

西堀敬:いじめられることも多かったですが、小学校6年生ぐらいの時に転換点がありました。皆の前でガキ大将にいじめられていたとき、「お前、殴りたかったら殴れ」とガキ大将が言ったのです。これまで100発ぐらい殴られているので、「ここで100発ぐらい殴ってやろう」と馬乗りになってボコボコしました。そこからそのガキ大将が僕の子分になったんです。

新谷哲:ということは、やっぱりガキ大将だったのですね(笑)。

西堀敬:中学校時代は、ガキ大将でしたね。喧嘩が起こるといつも呼ばれていました。バスケット部に所属していましたので、喧嘩をすると「お前が悪い」と顧問に言われ、平手で叩かれました。でも、中学校時代は楽しかったです。

新谷哲:勉強はできたのですか?

西堀敬:勉強は、普通だったと思いますが、田舎でしたので進学とかよく分からなかったです。中学校3年生の進路に関する三者面談では、教師が父親に「息子さんの将来をどう考えていますか?地元に残して跡取りにするのですか?それとも大阪や東京の大学にいかせるのですか?それによって選ぶ高校が変わりますよ」と言うのです。父親はそこまで考えていなかったので困り、「ちょっと考えておきます」となりました。家に父親と話し合って「とりあえず普通科の高校に行けば、大学に行けるし、地元に残って家を継がせることもできる」と結論がでて、普通科の高校に行きました。

新谷哲:滋賀の高校に行かれたのですか?

西堀敬:そうです。実家から一番近い、地元の公立高校です。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]西堀 敬 氏
株式会社日本ビジネスイノベーション 代表取締役

1960年滋賀県生まれ。大阪市立大学商学部卒業後、日立造船入社。その後、和光証券(現・みずほ証券)で国際業務に従事。ウェザーニュースでは財務部長として上場準備に携わる。米国・イーコマース会社COO兼CFOとして日本業務を立ち上げ2002年より新規上場企業情報サイト「東京IPO」編集長。11年、日本ビジネスイノベーションを設立、代表取締役に就任。複数の上場企業の社外取締役を務める。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、西堀敬氏(株式会社日本ビジネスイノベーション 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。