経営者インタビュー 森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長)です。今回は、飲食店の開業や経営を多方面からサポートする、飲食店プロデュースのリーディングカンパニー、株式会社テンポスホールディングスの森下篤史社長にお越しいただきました。小中学校の時は落ち着きがなく、夏休みに学校に呼び出されしまうほどのいたずらっ子、高校でも何をやっても中途半端だったと、ご自身で振り返られます。1983年に独立開業されてから、1997年にテンポスバスターズを設立し経営者となります。テンポス社は5年後に上場を果たします。そして今後も5社の上場を目指していく、という目標を掲げられています。70歳を過ぎてもなお、現場の店舗を回り、パート従業員の声を聴くことを大切にされている森下篤史社長。常に志は高く、飽くなき挑戦を続けられる熱い経営者のお話をぜひお聞きください!

(2019年4月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、株式会社テンポスホールディングスの森下篤史社長です。まずは経歴をご紹介します。静岡大学ご卒業後、東京電機(現・東芝テック株式会社)にご入社。その後、食器洗浄機メーカー協同精工を起業し経営者となります。1997年にテンポスバスターズを設立。5年後の2002年にはJASDAQに株式上場されます。現在は18のグループ会社を経営され、年商1000億円の企業を目指している経営者です。本日はよろしくお願いいたします。

森下篤史:よろしくお願いします。

新谷哲:最初のご質問です。ご出身は静岡県出身ということですが、小学校・中学校時代どのようにお過ごしになりましたか?

森下篤史:小学校・中学校時代は痩せていて、いたずら小僧で、落ち着きがなく人の言うことを聞かない子どもでした。親父は百姓で、おふくろは小学4年の時に亡くなります。小学6年の時に新しいおふくろがきました。

新谷哲:人の言うことを聞かないということは、ガキ大将だったのですか?

森下篤史:体小さくて痩せているもので、ガキ大将ではないです。でも勉強のできないやつを集めて、皆でどこか企画して遊びに行こう、と企画していました。

新谷哲:高校は静岡の高校ですか?

森下篤史:愛知県、新城市の高校へ行きました。

新谷哲:愛知県の高校を選ばれた理由はございますか?

森下篤史:寒いのが嫌だったので、南へ行こうと思い選びました。

新谷哲:高校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

森下篤史:中学時代から惚れっぽいたちで「すぐ結婚したい」と思っていました。高校でもすぐに、「好きだ、結婚したい」と思うのですが、女の子に声をかけることができずに卒業しました(笑)。大学を卒業して結婚するのですが、これは大学を卒業するときに、女の子の方から「どうする?」と聞かれたので「結婚します」と答えて結婚しました。中学時代は勉強ができたのですが、高校は勉強できるやつが集まるので、成績が中以下のグループになって、精神的に1年半ぐらい挫折します。高校3年生ぐらいから勉強が出来るグループに入るようになりました。スポーツについては、柔道部に入っては4カ月で辞め、テニス部に入っても大した腕にならずと、中途半端でした。

新谷哲:高校卒業後、国立の静岡大学を選ばれていますが、選ばれた理由はございますか?

森下篤史:親と「学校の先生になるのだったら、大学へ行かせる」という約束をして、静岡大学の教育学部へ行かせてもらいました。学校の先生になりたかったわけではなく「田舎だから大学に行くには先生になるぐらいしかない」という理由からの約束です。

新谷哲:学校の先生にならなかったようですが、なぜならなかったのですか?

森下篤史:いたずら小僧ではあるのですが、小学校から大学までは真面目に通い、授業をさぼることはありませんでした。ところが大学へ行ってフリーになった途端に、遊びほうけて、授業に出ない生活を送りました。そうすると、大事な時間と大事じゃない時間の区別がつかなくなります。10時から面接がある日、目を覚ましたのが11時半でした。教員試験には受かっていたのですが、面接を蹴ったので教員になれませんでした。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]森下篤史氏
株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長

静岡県生まれ。静岡大学教育学部卒業後、大手レジスター会社に就職し、トップセールスとなる。1983年、共同精工(現キョウドウ)を設立。その後、1997年、中古厨房機器販売の「テンポスバスターズ」を設立。設立5年後の2002年12月にジャスダック市場に株式上場。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、森下篤史氏(株式会社テンポスホールディングス 代表取締役社長)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。