成功経営者インタビュー

経営者インタビュー 嶋津 良智氏(一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事)

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、嶋津 良智氏(一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事)です。

今回は、もっと“稼ぐ”組織を作る「上司学」「組織づくりの12分野」メソッドの開発者であり、リーダー育成の第一人者でもある、嶋津良智氏にお越しいただきました。大学卒業後に入社したITベンチャー企業では、同期100名の中でトップセールスとして活躍し、その功績が認められ24歳の若さで最年少営業部長に抜擢。その後28歳で独立し、2004年には年商52億円の会社にまで育て、上場を果たされました。さらに出版した書籍は累計発行部数が140万部を超えています。経営者として、右肩上がりで輝かしい成功を掴んでいった嶋津良智氏の秘密とは? インタビューをぜひお聞きください!

新谷哲:今回の経営者インタビューは、著者としても、セミナー講師としても、研修講師としても有名な、嶋津良智社長にお越しいただきました。まずは経歴をご紹介します。大学ご卒業後、IT系ベンチャー企業に入社。同期100名の中でトップセールスマンとして活躍。その功績が認められ、24歳の若さで最年少営業部長に抜擢。就任3カ月で担当部門が全国ナンバーワンになりました。その後、28歳で独立して経営者となられ、2004年には年商50億円を超える企業となり、株式上場を果たしました。現在は、教育機関リーダーズアカデミーを設立し、その推進をされています。シリーズ100万部を突破したベストセラー『怒らない技術』の著書であり、研修コンサルタントでもある嶋津良智社長を、今日はお招きしております。よろしくお願いいたします。

嶋津良智:よろしくお願いします。

新谷哲:それでは最初の質問ですが、ご出身は東京ですか?

嶋津良智:はい、東京の東村山というところです。

新谷哲:おいくつくらいまで、東京にいらしたのですか?

嶋津良智:6歳です。

新谷哲:その頃の思い出は何か残ってらっしゃいますか?

嶋津良智:幼稚園の頃なので、ほとんどないです。お友達と「将来結婚しようね」と約束したことくらいですかね(笑)。

新谷哲:幼稚園からおモテになったのですね(笑)。その後、横須賀にお移りになったそうですが、小学校・中学校は横須賀ですか?

嶋津良智:そうですね。

新谷哲:その頃の思い出はございますか?

嶋津良智:大好きだった女の子が転校しちゃったとか、そんなことですかね(笑)。

新谷哲:嶋津良智社長が、こんなに女性話がお得意とは思いませんでした(笑)。

嶋津良智:思い出話と聞かれるとやっぱり、そういうことを思い出します(笑)。

新谷哲:小さい頃はどんなお子さんでしたか?

嶋津良智:勉強は全くしなかったですね。野球をやって、日が暮れるまで友達と遊ぶ毎日です。

新谷哲:意外ですね。研修講師をやっていらっしゃるので、頭の良いイメージを持っていました。高校は、横須賀とは別の場所になりますか?

嶋津良智:父の転勤があり、栃木の高校に進みました。

新谷哲:どんな高校時代をお過ごしになりましたか?

嶋津良智:全然勉強しなかったので、高校受験に失敗し、行きたくない高校に行くことになったのです。そして高校2年の時だったのですが、学年でアイドル的存在の女の子がいました。その女の子と偶然同じクラスになったのですが、彼女がとても賢くて美人だったのです。それで、「こいつと俺、何が違うのかな?」と思い、その時にはじめて「俺は努力をしてないんだ!」と気付きました。それで「努力をしたら彼女みたいになれるのかな?」と思って、初めて一生懸命勉強したのです。そしたら僕がクラスで2番になり「なんだ、やればできるじゃん!」と思って、大学に行くことを考えて一生懸命勉強しましたね。あとは、音楽に明け暮れました。

新谷哲:その美人の方とは、お付き合いをされましたか?

嶋津良智:全くないです。彼女は僕の親友と付き合ってました(笑)。

新谷哲:そうでらっしゃいますか(笑)。大学時代には、何をされたのですか?

嶋津良智:バイトとバンドに明け暮れました。

新谷哲:バンドは何系のバンドだったのですか?

嶋津良智:ハードロックです。

新谷哲:嶋津さんの年代だとガンズとか、そっちのジャンルですか?

嶋津良智:いや、もっと古いです。スタートは、KISSとかレインボーとか、ディープ・パープル。その後は、オリジナルでずっとやりました。

新谷哲:バンドでデビューしようとは考えなかったのですか?

嶋津良智:当時は思っていましたが、今から思うとただの願望です。

新谷哲:大学卒業後、ITベンチャー企業にお勤めになり、ご就職をされていますが、音楽を捨ててベンチャー企業を選ばれたのですか?

嶋津良智:捨てたっていうとカッコいいですけど、自分に才能がないのはわかっていたので、普通に就職活動をして入りました。僕は本当に頭が悪かったので、どこも雇ってくれないのです。内定が出たのが1社だけで、選択肢がなかったのでそこに入社しました。

新谷哲:私と一緒ですね。私も100社受けて、入社することになった1社だけしか受かりませんでした。嶋津良智社長は24歳で営業部長になられたわけですが、入社して2年~3年の時期ですか?

嶋津良智:そうですね。当時、社員は400名くらいの会社でしたが、俗にいうベンチャー企業でした。頑張ったら頑張っただけ評価をしてくれる会社だったので、評価されて25歳の時には、50名くらい部下持っていました。

新谷哲:入社当初から、営業成績は良かったのですか?

嶋津良智:全然売れなかったです。素晴らしいリーダーにたまたま出会い、僕が変わりました。この時の経験と、「育てる側が良くなれば、社会も企業も良くなる」という僕の思いがあって、今、リーダー育成という専門業を経営しています。

新谷哲:なるほど。できればこの時に出会ったリーダーの方のエピソードを教えて頂きたいのですが、変わったエピソードはございますか?

嶋津良智:僕の人生を変えてくれたのは、2人目のリーダーでした。1人目のリーダーは「見込みを作ったら同行してやるから、見込みを作ってこい」というタイプでした。今から思うと、同行するのが面倒くさかったのでしょう。2人目のリーダー「俺が必ずお前を売らせるようにしてやる」って言ってくれる頼もしいリーダーでした。1人目との最大の違いは「現場に同行して指導してくれたこと」です。それによって、営業現場の『行間』を掴めるようになりました。「こういう状況で提案するとお客さんはメリットを感じてくれる」とか、「こういう風に返すとお客さんは得してくれる」など、今まで見えなかったものが見えてくる。

さらに、リーダーが取った契約を「お前が取ったことにして会社に持ち帰れ」と言ってくれる。それによって、はじめて目標達成をして、成功の疑似体験をさせてもらったのです。ノルマが達成して起こることを感じさせてもらえたのです。人というのは、一回登った山を下りたがらないですよね? それで「今度こそ自分で頑張ってみよう」という気持ちも沸いてきて、ノルマを切らないような営業マンになれました。僕みたいになんの才能も取り柄もなくても、素晴らしいリーダーとの出会いによって変わることを体感したので、それを伝えたいという思いがあります。

新谷哲: 24歳で営業部長になられて、50名も部下がいた頃は、どのような苦労がございましたか?

嶋津良智:半端でない苦労がありました。24歳の小僧で、戦略がさっぱり分からない頃でしたから、ただ部下を鼓舞して煽って、部下に頑張ってもらいました。部下から反発を受けたり、辞めてしまったりとか、色んなことがありました。けれど、そこが僕の原点でもあり、マネージャーとしての原点でもあるので、後悔は一切していないんです。

新谷哲:3カ月で全国1位を取れたのは、マネジメントの能力や才能がおありだったからだと思いましたが、いかがでしょうか?

嶋津良智:僕がマネージャーになる前のチームの上司が、嫌なタイプの上司でした。僕はその上司を反面教師的にやったので、当時の部下が「嫌だったことが全部解消された」と感じて、一気に駆け上がったと思います。

新谷哲:嶋津良智社長のお話を聞いていると、スマートにうまくやって、あんまり苦労したようには思えませんが、本当に苦労されたのですか(笑)。

嶋津良智:いやいや(笑)。私が書いた本には色々あった苦労が書いてあるので、ぜひ読んで欲しいです!

新谷哲:分かりました(笑)。そして、入社から4年後の28歳で独立され、経営者になられたのですか?

嶋津良智:そうですね、28歳の時に独立して、経営者になりました。

新谷哲:なぜ独立・起業されたのですか?

嶋津良智:理由は3つあります。1つは、僕の上に担当役員しかいなかったこと。実力主義の会社でしたが、上に行けば行くほど年功序列があり、「次の役員は俺じゃない」と思った時に先が見えなくなりました。2つ目が、お客さんに対する考え方の相違。会社は「新規でお客様を増やす」方針で、僕は「お客さんを守るべきじゃないか」と思っていましたので、その違いから。3つ目が決定的で「自分の考えや思いを自由に反映したい」と思ったこと。でも、独立志向はありませんでした。しかし「仕事を辞める」と話をしたら、何人かの人間から「僕らも辞めたいので一緒に何かやりましょう」と言ってくれたので、独立して経営者の道を歩むことになりました。

新谷哲:経営者になるつもりは、全くなかったのですか?

嶋津良智:経営のセンスや才能があるとは思ってなかったので、経営者になるつもりは全くなかったです。

新谷哲:では、経営者をされてから才能に気が付いたのですか?

嶋津良智:才能というのかわかりませんが、僕の人生最大の財産は、「成果にレバレッジをかける」ことを覚えたことです。要するに「自分にない能力は人から借りる。協力者を探して協力してもらう。自分じゃなくても出来ることは、人に任せられる」ことを覚えたことで、僕の能力には見合ってない成果をあげられるようになりました。

新谷哲:大変勉強になります。会社経営は順調に進んだのですか?

嶋津良智:おかげさまで、経営は結構順調に進みました。

新谷哲:その後、上場を目指すわけですが、上場を目指すきっかけをお教えいただけますか?

嶋津良智:物販をやっていたので、取引先のメーカーがいました。そのメーカーの代理店の集まりには、お年を召した経営者が多かったのですが、若めの経営者が僕と他に2名いました。そこから、若い経営者3人で交流を深めます。その後、メーカー売上に乗じて、取引の金額・条件を変える制度に変わり、「今の取引高だと一番安い仕切り値で商品が仕入れられないので、3社共同の仕入れ会社を作ろう」となりました。そこからM&Aをして上場を目指したという形ですね。

新谷哲:それで、上場できてしまうわけですよね?

嶋津良智:そうです。

新谷哲:上場できた理由というのは何かございますか?

嶋津良智:僕より優れた経営者たちと組んだからです。

新谷哲:おふたりの経営者は、どの点が嶋津良智社長よりも経営者として優れていましたか?

嶋津良智:1人は、営業的な部分で僕より優れた経営者でした。もう1人は物凄く突破力のある経営者です。僕は平和主義なタイプだったので、3人の経営者が全く違う個性を持っていました。だから上手くいったところはあると思います。

新谷哲:素晴らしいですね。では、別のご質問をさせていただきます。好きなことは「身体を動かすこと」ということですが、運動がお好きなのですか?

嶋津良智:ジムに定期的に行っているのと、少林寺拳法をやっています。

新谷哲:少林寺拳法は小さい頃からですか?

嶋津良智: 39歳から始めました。

新谷哲:39歳ですか!?その年齢から始められた理由は何かございますか?

嶋津良智:キザな話ですが、新婚旅行で妻とパリに行った時にひったくりに遭ったのです。それで妻が肩の骨を折って大変だったのですが、「何かあった時に妻を守れるようになろう」と思い、始めました。

新谷哲:嶋津良智社長は女性がらみの話が色々出てくるので、やっぱりおモテになるのですね(笑)。

嶋津良智:言われてみればそうですね(笑)。

新谷哲:もう1つ、好きなものが「子供が食べるもの、ラーメンとかハンバーグ」といただきました。僕の嶋津良智社長のイメージと全く違いますが、そんな子供っぽい面があったのですね?

嶋津良智:フランス料理とかイタリアンとか、専門的なものがあまり好きじゃないんです。カレーとか、ラーメンとか、ハンバーグのような、お子様系の食べ物が大好きです(笑)。

新谷哲:今もそうですか?

嶋津良智:今もそうですね。昔に比べたら多少舌も肥えたので、イタリアンもフレンチも食べに行きますけど、未だにそういうのは好きですね。

新谷哲:では、奥様の手料理が一番お好きという感じですね(笑)。

嶋津良智:そうですね(笑)。

新谷哲:次に、座右の銘ですが、「人生1回、作楽(さくら)咲く」。「作に楽」でさくらと読む、ということで大変珍しい。これを座右の銘にされた理由をお聞かせいただけますか?

嶋津良智:僕の座右の銘はずっと「人生1回」でした。意味は「人生1回なのだから後悔しないように生きよう」というものです。たまたま、3.11(東日本大震災)の後に東北へ訪れた時に、ぺんぺん草も生えない状況だったのですが、丘の上に津波を免れた小さな神社がありました。その神社の名前が、作るに楽しいと書いて「作楽神社」。それを見た瞬間に「ビビビ、これだ」と思って、座右の銘を「人生1回、作楽咲く」にしました。僕が作った造語です。

新谷哲:大変深いお話です。最後のご質問ですが、全国の経営者、もしくはこれから起業する方に向けて、経営者として成功する秘訣をお教えて頂けたら思います。

嶋津良智:ゲームとかスポーツにもルールというものがあって、このルールを知らずしてやると、勝てるゲームも勝てない。同じよう、人づくりとか組織づくりとか経営とかも、ルールがあると思っています。そのルールを知ってやるのと知らずにやるのとでは、会社経営の成功の確率が変わってきます。僕はこのルールのことを設計図という呼び方をしています。設計図というのは、僕の中では事業計画とは違うのです。例えばビルとかもそうです。設計図を作ってビルを建て始めるのと、設計図がない状況でビルを建てるのとでは、結果は明白です。これは経営も一緒で、設計図をもって経営にあたるのと、設計図のない状況で経営にあたるのとでは、天と地の差が出てくる。行き当たりばったりな経営は、崩壊すると思っています。設計図があるから絶対に上手くいくわけではありませんが、設計図をもってしっかり経営すると、成功の確率を圧倒的に上げられます。なので、その設計図をしっかり持って取り組んでいただけたらと思います。

新谷哲:設計図が大切だというお話で、私ももう一度、設計図を見直したいと思います。嶋津良智社長、本日はどうもありがとうございました。

嶋津良智:ありがとうございました。

編集後記

嶋津良智社長のお話をお聞きし、特に、設計というお話が大変勉強になりました。私も、部下には「設計をし続ける日々を過ごしなさい」と言っていますので、嶋津良智社長のお話は、私自身が一番心に響きました。是非、皆様方もご参考にしていただき、素晴らしい経営者、素晴らしい経営を行って頂ければと思います。

嶋津 良智 氏
一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事

1965年1月26日生まれ。日本の著述家、評論家。リーダーズアカデミー学長。セミナーズアカデミー学長。一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事。早稲田大学エクステンションセンター講師を務める。

※本インタビューへの出演をご希望の方はこちらよりご応募ください。

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。
今回は嶋津 良智氏(一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事)の経営者インタビューを取り上げました。

『社長の孤独力』抜粋版(PDF29ページ)
無料プレゼント中!

『社長の孤独力』(新谷哲/著) の【抜粋版】を無料プレゼントしております!

71の課題の中から「資金・人材・売上・採用・後継者」の5つを抜粋いたしました。銀行からお金が借りれない社員がすぐに辞めてしまう売上を伸ばしたい、など、具体的なお悩みの解決策が掴めます。ぜひご覧ください。

無料プレゼントの詳細はこちら