経営者インタビュー 沢木 恵太氏(株式会社OKAN 代表取締役CEO) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 沢木 恵太氏(株式会社OKAN 代表取締役CEO) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、「オフィスおかん」を展開する沢木 恵太氏(株式会社OKAN 代表取締役CEO)です。「働くヒトのライフスタイルを豊かにする」をミッションに掲げ、法人向けぷち社食サービス「オフィスおかん」、個人向け惣菜定期仕送りサービスなどを展開している、株式会社OKAN代表取締役CEO の沢木恵太氏にお越しいただきました。奥様と、0歳と2歳のお子様がいる中で起業・会社経営を決意したという沢木恵太氏。まずやってみる「チャレンジ精神」と、成果が出るまでに諦めずにやり抜く「胆力」を大切にしながら会社経営を軌道に載せたストーリーは、深い気づきをもらえるインタビューとなっております。

(2017年8月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、株式会社OKANの沢木恵太社長です。沢木恵太社長は、前職で私の後輩でもありました。今、流行りの「オフィスおかん」というサービスをスタートさせた経営者です。まずは、経歴をご紹介します。1985年長野県生まれ、中央大学卒業後、東証1部上場企業のベンチャー・リンクに入社し、新規事業開発をされました。その後、ベンチャー企業でゲームプロデューサーを経て、株式会社すららの立ち上げをされます。2012年に退職され、株式会社OKANを設立。主力サービスの「オフィスおかん」導入企業数は1500を突破しており、多数のメディアにも取り上げられている注目の経営者です。本日はどうぞよろしくお願いします。

沢木恵太:よろしくお願いします。

新谷哲:では、最初の質問ですが、ご出身は長野県ですか?

沢木恵太:はい、長野県出身でございます。

新谷哲:小学校、中学校はどのような幼少期をお過ごしになりましたか?

沢木恵太:中学校のときに、ハンドボール部に入部しました。ハンドボールはメジャーなスポーツではないです。私が入学した中学校でも、どんどん部員が減っており、僕の代で終わりにするという話になっていました。私の同期は1人もいない。でも最後に大会に出て結果を出したいと思いました。ハンドボールには7人必要なため、他の部活から人を集めました。それも借りてくるのではなく、全員辞めさせてハンドボール部に入部させ、練習して大会に臨みました。

新谷哲:なるほど、中学の頃からリーダーシップがあったということですね?

沢木恵太:もともと、リーダーシップがある人間ではないと思っていましたが、今振り返るとそういう経験は、中学時代にあって特徴的だと思っています。その時のスカウト術を今思い出して採用に使いたいのですが、なぜそんなに引き抜けたのか私も不思議です(笑)。

新谷哲:何か熱い思いがあったということですね(笑)。

沢木恵太:そうですね、みんな来てくれました(笑)。

新谷哲:そして、高校に行かれていますが、長野の高校ですか?

沢木恵太:そうです。

新谷哲:高校の時は、どんな時間を過ごされましたか?

沢木恵太:高校は、普通科ではなく、英語科でした。どちらかというと不真面目で面倒くさい生徒だったはずです。怪しい時もありましたが授業も一応出て、テストとかやるべきところはやって、バランスをとっていました。それは、大学も結構似たような感じです。

新谷哲:面倒くさいとは、先生と揉めたとかですか?

沢木恵太:悪いことはしないのですが、真っ当になんでも言うことを聞くような生徒ではなかったです。要領よく、ずる賢い部分はありました。

新谷哲:大学は中央大学ですが、選んだ理由はございますか?

沢木恵太:長野の出身でしたので、あまり都心のほうに行きたくなかったのです。当時、一定レベル以上で、メインキャンパスが多摩の緑豊かな地域にあったのが中央大学でした。すごい意識が低い選択方法でした(笑)。

新谷哲:長野は、どちらのご出身ですか?

沢木恵太:諏訪の近くの茅野市というところです。

新谷哲:なるほど、茅野に似た多摩を選んだのですね?

沢木恵太:実際、住み心地はすごく良かったです。

新谷哲:大学時代は、どのようにして過ごされましたか?

沢木恵太:2つあります。1つはサークルを自分で立ち上げ。人間関係を学び、メンバーを募って活動することをやっていました。もう1つは、ダブルスクールという形で会計の勉強を専門学校で行ったこと。自分が事業を作り、仕組みを作ることに興味が出たためです。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]
沢木 恵太 氏
株式会社OKAN 代表取締役CEO

1985年長野県茅野市生まれ、中央大学商学部卒。フランチャイズ支援および経営コンサルティングを行う一部上場企業にて新規事業開発、ベンチャー企業でゲームプロデューサー兼事業責任者を経て、EdTech領域のスタートアップに初期メンバーとして参画。その後、2012年12月に株式会社OKAN(当時CHISAN)を設立し現職。「働くヒトのライフスタイルを豊かにする」をミッションに、2014年3月には、ぷち社食サービス「オフィスおかん」をリリースし、多数のメディアで紹介されるなど注目を集めている。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、沢木 恵太氏(株式会社OKAN 代表取締役CEO)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。