経営者インタビュー 長澤誠氏(株式会社フルッタフルッタ 代表取締役) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 長澤誠氏(株式会社フルッタフルッタ 代表取締役) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、長澤誠氏(株式会社フルッタフルッタ 代表取締役)です。今回は、スーパーフード「アサイー」のパイオニアであり、2014年に東証マザーズ上場を果たした、株式会社フルッタフルッタ 長澤誠氏にお越しいただきました。幼少期はガキ大将、高校時代はドクターストップ中にも拘らず、大人に内緒でアメフトの試合に出たというエピソードもあります。現在の事業にたどり着くまでのアマゾンフルーツとの運命的な出会いのお話、そして創業当初から目指した上場を果たすまでのお話など、盛りだくさんで学びに溢れた経営者インタビューとなりました。

(2018年3月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、長澤誠社長です。まずはご経歴をご紹介いたします。1986年関西学院大学を卒業後、京セラ株式会社や食品メーカーを経て、2002年株式会社フルッタフルッタを設立し経営者となります。「アサイー」のパイオニアとして、日本でいち早く輸入を開始するとともにアマゾンフルーツを通じてアグロフォレストリーを先進国市場に結び付けるビジネスモデルを展開されています。「自然とともに生きる」を企業理念として、経済と環境が共存共栄する社会づくりを目指す、マザーズ上場企業の経営者でいらっしゃいます。長澤誠社長、よろしくお願いいたします。

長澤誠:よろしくお願いします。

新谷哲:最初のご質問です。ご出身は神戸ですか?

長澤誠:そうです。

新谷哲:小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

長澤誠:ある意味、個性的な子どもだったと思います。集団行動が嫌いで、皆が「これをやろう」と言うと、1人で違うことをやる子どもでした。

新谷哲:もともとの性格が経営者に向いたのですね(笑)。

長澤誠:三つ子の魂百までです(笑)。

新谷哲:高校も関西だったのですか?

長澤誠:大学まで関西です。

新谷哲:高校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

長澤誠:中学校の時に病気にかかりました。それまではスポーツしか取り柄のない子どもだったのですが、担当医から「激しいスポーツはやっちゃいけない」と言われたので、「それなら高校は一番激しいスポーツであるアメフトをやろう」と決めました。当時アメフトの日本一のチームが関西学院だったので、受験を決意しました。

新谷哲:関西学院ではアメフト部所属ですか?

長澤誠:そうですね。

新谷哲:大学もアメフト部に所属したのですか?

長澤誠:はい。しかし病気の問題があったので、親には、「プレイヤーは絶対やらない」と言って、秘密裏にプレイヤーをやりました。大学は残念ながら途中退部しましたので、アメフトは通算5年~6年やりました。

新谷哲:両親や担当医には、アメフトのプレイヤーであることは、バレなかったのですか?

長澤誠:バレました(笑)。ある時、私の母親と主治医が、木陰から悲しそうな顔をして見学しているのを見て、驚きました。

新谷哲:主治医の方から止められたり、大変だったのではないですか?

長澤誠:その時は強制的に引き上げられて、すぐ検査です。でも幸いにして完治していました。主治医は苦虫を噛み潰したような顔をしていましたけど、完治していたので無罪放免です(笑)。

新谷哲:そのころから、一本気な方だったのですね(笑)。

長澤誠:信じたことをやるスタイルでした(笑)。

新谷哲:大学は、関西学院大学に進まれていますが、エスカレーターですか?

長澤誠:エスカレーターです。

新谷哲:大学時代の思い出はございますか?

長澤誠:大学は、通算6年通いました。好きで始めたアメフトは、ふとしたきっかけで、飛び出しています。格好良く言うとドロップアウトです。アメフトの一流チームを辞めて、自分の力と看板の無力さを知って、そこからまた負けん気が出ます。「一流チームの普通に卒業していく人達に、負けちゃいけない。今度は個人の力で乗り越える」と決意した大学生時代を過ごしました。振り返ると、それが私の人生を決めたと思います。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]
長澤誠氏
株式会社フルッタフルッタ 代表取締役

1986年関西学院大学を卒業。その後、京セラ株式会社や食品メーカーを経て、2002年株式会社フルッタフルッタを設立。「アサイー」のパイオニアとして、日本でいち早く輸入を開始するとともにアマゾンフルーツを通じてアグロフォレストリーを先進国市場に結び付けるビジネスモデルを展開。2014年に東証マザーズ上場。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、長澤誠氏(株式会社フルッタフルッタ 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。