経営者インタビュー 宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事) Vol.1|経営ノート

経営者インタビュー 宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事) Vol.1|経営ノート

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事)です。今回は、日本各地でウェルスダイナミクス普及のために活動する、一般社団法人日本適性力学協会の代表、宇敷珠美氏にお越しいただきました。マサチューセッツ大学ボストン校政治学部卒業後、20代をアメリカにて過ごし、日本帰国後は、アメリカ大学大学院日本校、インターナショナルスクールのディレクターなどを経て2002年に起業されました。サクセスリソーシズ(アジア最大のイベント会社)グループ会社の日本支社代表を務め、日本の起業家たちに海外ビジネスセミナーを紹介。多くの優秀な人材を様々な海外セミナーに導いた先駆け的存在となっています。サスペンスドラマを癒しの時間と楽しみながらも、「仕事が大好き」と断言するパワフルな女性経営者のお話は、大変興味深いかと存じます。ぜひ、お聞きください!

(2018年6月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは、一般社団法人日本適正力学協会代表理事の宇敷珠美様です。まずは経歴をご紹介します。マサチューセッツ州大学ボストン校政治学部卒業後、20代をアメリカにて過ごされます。日本帰国後は、アメリカ大学大学院日本校インターナショナルスクールのディレクターなどを経て、2002年に起業し、経営者となります。サクセスリソーシズ、アジア最大のイベント会社グループ会社の日本支社代表を務め、日本の起業家達に海外ビジネスセミナーを紹介。多くの優秀な人材を様々な海外セミナーに導いた、先駆け的存在となっていらっしゃいます。現在、日本各地でウェルスダイナミクス普及のための活動に務めている経営者です。宇敷珠美代表、本日はよろしくお願いいたします。

宇敷珠美:よろしくお願いします。

新谷哲:ご出身は東京とのことですが、小学校・中学校時代はどのようにお過ごしになりましたか?

宇敷珠美:大人しかったです。友達はいっぱいいましたが、アウトドア派ではなくて、完全インドア派でした。

新谷哲:では、お友達とも家の中で遊ばれたのですか?

宇敷珠美:絵を描いたり、何かゲームしたりという感じでした。

新谷哲:高校は、どのようにお過ごしになりましたか?

宇敷珠美:私は高校受験に失敗して、行きたくなかった高校に通い、大学はアメリカに行きました。3年間、耐えながら高校に通っていたことで、「アメリカの大学に行きたい」という気持ちが膨らんだと思います。

新谷哲:では高校時代は、勉強ばかりしていたのですか?

宇敷珠美:はい、勉強ばかり、と言う感じです。高校時代の経験から、「自分が所属する学校や会社が好きでないと、ろくなことにならない」と思います。今ならば「所属する場所を嫌がらず、好きになって、そこで価値あるものを自分に活用する方が良い」と思えますが、高校時代は思えていなかったです。

新谷哲:高校の途中で「アメリカに行くぞ」と決めていたのですか?

宇敷珠美:そうです。アメリカに行く選択肢は常にありました。

新谷哲:では、日本の大学には行かずに、そのままアメリカに留学したのですか?

宇敷珠美:そうです。

新谷哲:日本の大学とアメリカの大学の違い、はございますか?

宇敷珠美:日本の大学に行ってないので聞いた話になりますが、違いだらけです。アメリカは、大学の先生と生徒の距離が近く、フラットな感じがします。あとは、勉強しないと卒業できないことが違うと思います。

新谷哲:その大学に通われている時は「起業しよう、経営者になろう」などは思われたのですか?

宇敷珠美:大学生の間は思いませんでしたが、アメリカに10年以上いた影響で、アメリカンドリームや起業家精神は培われたと思います。でも小学校時代から、「何になりたいですか?」言われた時に「経営者」と言っていました。

新谷哲:内向的だったのに、「経営者」になりたかったのですか?

宇敷珠美:内向的でしたが、すごい自信があったのです。例えば、「年を取ったらどんなおばあちゃんになりたい?」と言われた時に「威張れているおばあちゃん」と答えました(笑)。今でも「威張れる立ち位置でいたい」と思っています。もしかしたら、経営者になった経緯の1つに「威張れる、偉そう」というイメージがあったからかもしれません(笑)。

新谷哲:今の宇敷珠美代表からは想像できず、大変びっくりしました(笑)。アメリカの大学卒業後は、そのままアメリカに残られますが、どのようにお過ごしになりましたか?

宇敷珠美:私は目標がないと駄目になっちゃう人なので、大学卒業後は常に目標を持っていました。その目標も、すごい企業に就職するのではなくて、「インドに行ってヨガを勉強したい」などです。そして目標が決まったら、「目標達成のためにバイトをする」という感じで、仕事をしていました。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]宇敷 珠美 氏
一般社団法人日本適性力学協会 代表理事

マサチューセッツ大学ボストン校政治学部卒業後、20代をアメリカにて過ごす。日本帰国後は、アメリカ大学大学院日本校、インターナショナルスクールのディレクターなどを経て2002年に起業。サクセスリソーシズ(アジア最大のイベント会社)グループ会社の日本支社代表を務め、日本の起業家たちに海外ビジネスセミナーを紹介、多くの優秀な人材を様々な海外セミナーに導いた先駆け的存在となる。現在、パッションである起業家の支援をしながら日本各地でウェルスダイナミクス普及のための活動に務めている。

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、宇敷珠美氏(一般社団法人日本適性力学協会 代表理事)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。