経営者インタビュー 三條慶八氏(株式会社Jライフサポート 代表取締役) Vol.1

経営者インタビュー 三條慶八氏(株式会社Jライフサポート 代表取締役) Vol.1

「社長に聞く!」経営者インタビュー 〜活躍する現役社長に、経営者としての半生をお聞きしました!

本コーナーで掲載する経営者インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集しています。今回、ご紹介する経営者は、三條慶八氏(株式会社Jライフサポート 代表取締役)です。幼い頃はあがり症だったという三條慶八氏は、ある時に出会った「何でもいいから日本一になりなさい」という言葉を胸に、学生時代から商売に興味を持つようになります。そして大学入学と同時に父親の会社に入社。阪神淡路大震災後、会社が負った負債140億円を自力再生して完全復活させた経験から、現在は中小企業の事業再生のサポート業を経営されています。自身が倒産の危機という逆境を乗り越えられたからこそ、重みのあるお言葉はすべての経営者様必見です!

(2017年12月配信)


 

新谷哲:今回の経営者インタビューは三條慶八社長です。まずは、経歴をご紹介いたします。株式会社Jライフサポート代表取締役、神戸生まれでいらっしゃいます。負債140億円を背負った会社を自らの力で再生し、完全復活させた経験に基づき、悩める中小企業経営者に真の会社再生法を伝授。何があっても大丈夫をモットーに、経営者の人生の再生を最優先した、経営者とともに戦う、真の会社と家族を守る、経営アドバイザー、経営コンサルタントです。最初のご質問ですが、兵庫県の神戸市ご出身ですか?

三條慶八:はい、そうです。

新谷哲:小学校・中学校時代は、どのように過ごされましたか?

三條慶八:普通だったとは思いますが、小学校の時はテストの答案用紙が真っ白に見えてしまう程のあがり症でした。

新谷哲:そうだったのですね!

三條慶八:今はこんな図々しい顔をしていますが、駄目でビビリの子どもでした(笑)。

新谷哲:今は経営セミナーの講師などをやっていらっしゃいますよね?

三條慶八:はい。人生分からないものですね。

新谷哲:高校時代はどんな感じでしたか?

三條慶八:「大学受験に向けて勉強しなくてはいけない」と思いつつも、心の底から大学受験に向き合おうとはしませんでした。受験勉強の本を読むふりをして、商売や経営の本を読んでいました。

新谷哲:高校時代から商売や経営の本ですか?

三條慶八:そうです。

新谷哲:それはやっぱり経営者であったお父様の影響ですか?

三條慶八:それもありますが、友達でダイエーの息子がおり、よく交流をしていたので、中内功社長とも喋る機会がありました。

新谷哲:ダイエー創業者の中内功社長の息子さんと同級生だったのですか?

三條慶八:そうですね。ちょうど中内功社長が本を出された時期で、本を読んで感動して、お会いした時にサインをしてもらいました。サインには「挑戦」という文字が書いてあり、その時に一言、「何でも良いから日本一になりなさい」と言われたのです。それがずっと頭の中に残っており、高校ぐらいの時に沸々と思っていました。

新谷哲:では今の経営者、経営コンサルタントとしての原形は、高校の時に作られたのですね。

三條慶八:あの時は「将来は経営者になって商売したい」と思いながら、受験勉強の本をしまって、商売や経営の本を読んでいましたね。

新谷哲:大学は立教大学に進まれていますが、選ばれた理由はございますか?

三條慶八:希望校に落ちたことと、商売人や経営者の息子が多いと聞いていたからです。また経営者の親父から「一度は東京を見てこい」と言われたので、「東京はどんなものだろうか?」と思ったことも理由です。

新谷哲:どんなことを大学ではしたのですか?

三條慶八:大学生の楽しみはほとんどしていないです。大学に入る前、経営者の親父は「大学に入ったらいろんな経験をしなさい。いろんなところに行け。世界中を見てこい」と、非常に夢のあることを言っていたのですが、大学に入った瞬間に親父の会社の社員になりました(笑)。別に「社員にしてくれ」と言った覚えはないのですが、仕送りが給料振込になっていました。ちょうどゴールデンウイーク前に経営者の親父から電話がかかってきました。私は、ゴールデンウイークは遊びに行こうと計画とかを立てていたのですが、経営者の親父は「お前いつ帰ってくるんだ?お前、給料もらっているだろう、働け!」と言われまして、泣く泣く帰りました。それ以降も、ちょっとした休みの時は必ず帰って、朝7時ぐらいから夜の1時2時ぐらいまで仕事をしていました。だから全然面白くない。2年生のちょっと過ぎたぐらいに、私だけ遊んでいるような雰囲気に言われたので、「じゃあ神戸から大学に通う」と新幹線通学をすることにしました。ところが、お金がかかるので給料がすぐなくなる。これは嫌だと思いまして、初めは2週間に1回、だんだん1か月に1回、最後には半年に1回しか大学に行かなくなり、ほとんど神戸で仕事をしていました。

新谷哲:卒業はできたのでしょうか?

三條慶八:できました。立教って卒業論文がなくて良いところだったので(笑)。

新谷哲:三條慶八社長の頭が良かったから卒業できたのだと思います(笑)。

Vol.2へ続く

 

[プロフィール]三條 慶八 氏
株式会社Jライフサポート 代表取締役

立教大学経済学部経済学科卒業。大学入学と同時に父親の会社に入社し、新幹線通学しながら大学に通う。阪神淡路大震災で40億以上の損害を受けた負債140億の会社を自力再生して完全復活させる。その後、東北の大震災を契機に本格的に中小企業経営者のサポート事業を本格化させる。中小企業経営者の再チャレンジ社会の構築を目指し奮闘中。著書に『会社と家族を守って借金を返す法』(フォレスト出版)『あなたの会社のお金の残し方、回し方』(フォレスト出版)『借金回収リーマン日記』(徳間書店)

 

本インタビューは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の経営者インタビューを編集したものです。文中に登場する社名、肩書、数字情報などは、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

今回は、三條慶八氏(株式会社Jライフサポート 代表取締役)の経営者インタビューを取り上げました。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。