経営者の経営課題を解決!「優秀な社員の離職・退職を防ぐ方法とは?」|経営ノート

経営者の経営課題を解決!「優秀な社員の離職・退職を防ぐ方法とは?」|経営ノート

新谷哲の経営相談「経営者の経営課題を解決!」

本コーナーでは、経営者、社長、後継経営者、起業予定者などから頂戴する会社経営に関するご相談に対して、WizBiz株式会社の代表であり、経営コンサルタントである新谷哲が独自の視点で経営上のアドバイスや解決方法をご提示いたします。なお、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の「3分コンサルティング」を編集して掲載しております。(2017年7月配信)

 

相談内容:「入社3年以内に退職する社員が多く、人手不足で悩んでいます」

ご相談者:G社様

業種:商社

資本金:1,000万円

年商:3億円

従業員数:10名

所在地:栃木県

創業:2012年

弊社は、多彩な生活雑貨用品を扱い、和柄をベースとしたオリジナルブランドの開発や直営ショップの展開も行う専門商社です。

専門店、通販運営企業ともお取引をしています。人手不足もあり、取引先の新規開拓が思うように進んでいない状況ですが、将来的には全国の百貨店や、世界へ自社商品を発信していきたいと考えてます。

しかし、昨年も人手不足で悩んでいましたが、先月も3年目の社員が1人、退職してしまいました。入社当時から、物怖じせず積極的に仕事に取り組み、業務時間外にも自主的に勉強しているような社員だっただけに、突然の退職に困惑しています。辞めた理由は本人から聞けていません。創業以来、退職が多いことが課題となっています。

若手・中堅の人材が退職せず、長く続くための指導・教育方法はないでしょうか?

この退職問題を解決する方法、それを見つけないと我が社の人手不足問題が解決しません。どうぞ良き方法をお教え下さい。

 

ご相談者へ回答(回答者:新谷 哲)

3年目は結構退職します。

他社でも、新卒3年目というのは3割くらい退職する。9割退職した企業も知っています。

社員を退職させない指導・教育方法があるのか、という質問ですが、正直に言うと指導・教育方法の問題ではございません。退職する根本の問題は、いわゆる企業文化、組織風土にあると思います。

退職・人手不足の問題を解決するにはまず、

・どんな人材に幹部になり、社長の右腕になって欲しいか

を考えていただきます。

欲しい人材像に合わせて、人事評価制度、組織風土を作っていく。これが退職を防ぐために一番重要ではないかと思います。

その上で、そのような人材が育っていくには一つには組織風土、企業文化でございますので、社内規定、就業規則というのが大変重要になります。

弊社WizBizでは、社員達に、「あなた達がWizBizの経営者、あなた達がWizBizの創業者、私、新谷の首を飛ばす権利はあなたちは持っている」、こういうことを言って、教育をしております。それも、言い続けるということをしております。

そうすると社員達が育つ可能性、もしくは退職しない可能性が出てくると思います。

例えば、3年目の中堅社員さんたちの給料が、早く帰る古い社員さんより低い場合、中堅社員はこの会社に自分の成長や成功はないと思い、退職するのではないかと思います。

若い方の退職を防ぎたいならば、リーダーシップを持っている若手を引き上げる、という人事評価制度を作成いただくのが良いと思います。

 

新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。

2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。現在、経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。日本国内では、経営者の会員登録数でNo.1のメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。著書に「社長の孤独力」(2019年6月発売。日本経済新聞出版社)がある。

※新谷哲の回答へのご質問・ご相談がある方はご遠慮なくお問い合わせください。

本コーナーで掲載する経営相談は、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の3分コンサルティング「優秀な社員の離職・退職を防ぐ方法とは?」を編集したものです。文中に登場する社会環境や企業情報、数字情報、その他の各種事象は、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。