社長の孤独力番外編!「社員同士、仲が悪い」|経営ノート

社長の孤独力番外編!「社員同士、仲が悪い」|経営ノート

「社長の孤独力」番外編

本コーナーでは、2019年6月に日本経済新聞出版社から出版された、新谷哲の著書「社長の孤独力」の内容を解説するとともに、本書では書ききれなかったポイントもご紹介します。経営者へのアンケートで集めた1000個の悩みをジャンル分類した本書から、毎回1テーマを取り上げます。なお、本コーナーは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の「社長の孤独力 番外編」を編集して掲載しております。(2019年12月配信)

第20回「社員同士、仲が悪い」

本日は、『社長の孤独力』2章11項「社員同士、仲が悪い」を解説いたします。

社員同士の仲が悪いという問題は、大変よく分かります。社員数が増えてきますと派閥もできます。私が前にいた会社では、営業の部署と顧客支援の部署の仲が悪く、面倒くさいことになりました。「なぜ仲が悪いのだろう?」と疑問に感じましたが、恐らく部長同士の仲が悪く、面倒くさいことになったのだと思っています。

やはり、セクショナリズムが一番の問題です。セクショナリズムが生まれてくる原因は「自分の方が良いチームだ」とか「他部署は関係ない」という認識です。人間は自分が優秀だと思いたがるものですので、そこが原因でしょう。解決する方法としては、人事評価制度の改善がございます。例えば、他部署に貢献すると業績給が付く、評価が上がる、といった項目を人事評価制度に加えることが、解決の方法になります。このような他部署貢献を推奨する人事評価制度がなければ、セクショナリズムは必ず起こります。

弊社でも、人事評価制度に他部署貢献の項目を入れております。また他にも、ディスカッションを行う合宿を定期的に開催しています。弊社には3つの部署があるのですが、3部署のメンバーを混ぜたチームを作り、目標に向かってチームで頑張っていく、という合宿です。この合宿を通して、結果的に仲良くなったり、他部署のことを知る機会となります。セクショナリズムを防ぐには、他部署のことを認め、応援する姿勢を作ることが重要です。人事評価制度を変え、他部署間の交流を促進する場を持たせることが一番です。ぜひ、セクショナリズムがなくなるよう、色々なことを試して下さい。

 

新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。

2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。現在、経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。日本国内では、経営者の会員登録数でNo.1のメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。著書に「社長の孤独力」(2019年6月発売。日本経済新聞出版社)がある。

※新谷哲の回答へのご質問・ご相談がある方はご遠慮なくお問い合わせください。

本コーナーで掲載する経営相談は、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の社長の孤独力 番外編「社員同士、仲が悪い」を編集したものです。文中に登場する社会環境や企業情報、数字情報、その他の各種事象は、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。