経営者の経営課題を解決!「起業時の創業メンバーを集める方法とは?」

経営者の経営課題を解決!「起業時の創業メンバーを集める方法とは?」

新谷哲の経営相談「経営者の経営課題を解決!」

本コーナーでは、経営者、社長、後継経営者、起業予定者などから頂戴する会社経営に関するご相談に対して、WizBiz株式会社の代表であり、経営コンサルタントである新谷哲が独自の視点で経営上のアドバイスや解決方法をご提示いたします。なお、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の「3分コンサルティング」を編集して掲載しております。(2019年5月配信)

 

※「経営ノート」では、「新谷哲の経営相談」のコーナーで取り上げさせていただくご相談案件を募集しております。ご相談を希望される方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

相談内容:「会社を起業するために、知識を持った創業メンバーを集める方法をお教え下さい」

ご相談者:N様

私は都内で看護師をしております、Nと申します。

看護師歴6年目に入り、この仕事を何とか楽しく続けておりますが周りの同僚や先輩が体調不良で次々と辞めてしまう現状に、問題意識を感じています。

皆、志を持って看護師を始めたのに、無理をしすぎて仕事を続けられなくなります。「この状況を変えることが私の使命なのではないか?」と思い、起業をして経営者となって問題を解決したいと考えました。

「看護師のための体調管理アプリ」を開発し、販売する事業を経営しようと思っています。しかし、アプリを開発するには、専門知識を持ったエンジニアが必要です。私は経営ビジョンを掲げたり、チーム運営などは得意だと思いますが、アプリ開発の知識と、アプリを作るために初期メンバーを集める知識がありません。

新谷社長の会社は、大規模の会員を抱えるWebサービスを運営していらっしゃいますが、創業初期はどのように仲間を集めましたか?また新谷さんが私の立場でしたらどう動かれるか?

起業のため、知識を持った創業メンバーを集める方法について、アドバイス頂けますと嬉しいです。

 

ご相談者へ回答(回答者:新谷 哲)

起業のため、知識を持った創業メンバーを集める方法という、大変難しいご相談です。私の起業した状況ですが、N様の参考にはならないと思います。私は前職で、東証一部上場企業で常務をやっていました。その時に率いていた20名のチームメンバーを引き連れて外に出た、というのが、起業の経緯となります。

ただ私は、起業をする前、あるいは起業して経営者になったたばかりの頃は「とにかく人に会い、自分がどんな事業を経営するつもりなのか知ってもらおう」と決めました。多い時は1日7面談、どんな人でも、どんな場所でも会いに行く。飛び込み営業をした方でも、電話での営業の人にも会いました。

色々な人に会うと、会った人から紹介いただくことがございます。私の場合は、弊社の株主になっていただいた方々、業務提携をして一緒に事業を経営する方々を、紹介していただきました。N様が起業して経営者になろう、創業メンバーを集めようとお考えでしたら、「色々な人にお会いすること」が、1つ目の方法になります。N様の場合は「看護師のための体調管理アプリの事業を経営したい」と会った方々に言い続けます。言い続けると、「アプリを作ってくれる会社」や、「起業のお手伝いを行う企業」、「事業の経営を助けてくれる企業」とも出会えます。

またN様は、「この事業はどのような方法で収益を出すのか?」という、起業後の経営についても考えなければなりません。「看護師のための体調管理アプリ」ですので、「課金モデルにするのか?アドネットワークなどの広告収入にするのか?アフィリエイト収入にするのか?」といった収益を得る方法を考えなければ、起業しても事業の経営を長く続けることはできません。収益の方法を考えましたら、その次は「どのようにアプリを使用する人を増やしていくのか?」というマーケティングについても考える必要がございます。ぜひ、起業後の経営について考えながら、色々な人にお会いいただければと思います。

 

※「経営ノート」では、「新谷哲の経営相談」のコーナーで取り上げさせていただくご相談案件を募集しております。ご相談を希望される方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。

2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。現在、経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。日本国内では、経営者の会員登録数でNo.1のメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。著書に「社長の孤独力」(2019年6月発売。日本経済新聞出版社)がある。

※新谷哲の回答へのご質問・ご相談がある方はご遠慮なくお問い合わせください。

本コーナーで掲載する経営相談は、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の3分コンサルティング「起業時の創業メンバーを集める方法とは?」を編集したものです。文中に登場する社会環境や企業情報、数字情報、その他の各種事象は、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。