経営者の経営課題を解決!「SNSからの集客で考えるべきことは?」|経営ノート

経営者の経営課題を解決!「SNSからの集客で考えるべきことは?」|経営ノート

新谷哲の経営相談「経営者の経営課題を解決!」

本コーナーでは、経営者、社長、後継経営者、起業予定者などから頂戴する会社経営に関するご相談に対して、WizBiz株式会社の代表であり、経営コンサルタントである新谷哲が独自の視点で経営上のアドバイスや解決方法をご提示いたします。なお、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の「3分コンサルティング」を編集して掲載しております。(2018年6月配信)

 

相談内容:「SNSから集客をする、良い方法をお教え下さい」

ご相談者:T社様

業種:人材派遣業

従業員数:5名

こんにちは。
私は創業3年目、社員5名の人材会社を経営しています、Tと申します。

本日ご相談したいのは、SNSについてです。これまでは、過去の人脈やウェブサイトからの問い合わせが充分にあり、SNS含め、あまり他の集客対策を考えてきませんでしたが、このままでは時代の流れに乗り遅れてしまいます。

しかし、Facebook、LINE、Twitterなど様々なSNSがあり、何から手を付けていいのか迷っています。本当に集客に効果が出るのかも確信が持てないまま、時間を割くのも躊躇しております。WizBizさんはSNSをどのように使い分けをされていますか。SNSを集客に繋げるコツや方法、成果が出た事例などあれば、教えていただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

ご相談者へ回答(回答者:新谷 哲)

弊社の集客方法は、メールマガジンやサイトからだけではなくて、SNSもございます。活用するSNSの種類としては「Facebook、LINE@、Twitter、Instagram、YouTubeチャンネル」など。「SNSは全部活用しろ」が私からの指示なので、SNSを使った集客は全部やっています。

ただし、SNSの活用で中心になるのは、ウェブサイトです。

弊社で一番うまくいっているSNSは、Facebookです。Facebook上で「オンライン経営者交流会」という1万人以上のグループを作り、多くの経営者にご登録いただいています。このSNSのグループで集客をするわけですが、誘導するのはウェブサイトです。ウェブサイトの周りに、様々なSNSのツール類があり、上手く連動させていくこと。これがSNSで集客をする一番良い形です。

様々なSNSを試して、御社のサービスに合った集客の形を研究してみてください。詳しいご相談に乗らせていただきますので、是非、弊社にお越しいただければと思います。

 

新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。

2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。現在、経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。日本国内では、経営者の会員登録数でNo.1のメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。著書に「社長の孤独力」(2019年6月発売。日本経済新聞出版社)がある。

※新谷哲の回答へのご質問・ご相談がある方はご遠慮なくお問い合わせください。

本コーナーで掲載する経営相談は、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の3分コンサルティング「SNSからの集客で考えるべきことは?」を編集したものです。文中に登場する社会環境や企業情報、数字情報、その他の各種事象は、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。