経営者の経営課題を解決!「社員を成長させる方法として、課題図書は有効か?」

経営者の経営課題を解決!「社員を成長させる方法として、課題図書は有効か?」

新谷哲の経営相談「経営者の経営課題を解決!」

本コーナーでは、経営者、社長、後継経営者、起業予定者などから頂戴する会社経営に関するご相談に対して、WizBiz株式会社の代表であり、経営コンサルタントである新谷哲が独自の視点で経営上のアドバイスや解決方法をご提示いたします。なお、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の「3分コンサルティング」を編集して掲載しております。(2019年1月配信)

 

相談内容:「社員を成長させる方法として課題図書を考えていますが、どのように出せば良いかをお教え下さい」

ご相談者:N社様

業種:web制作会社

従業員数:4名

はじめまして。私はWeb制作業の会社を経営しております。

先日、知り合いの経営者が開く新年会にお邪魔したときに、「社員への年末年始の課題は何にしたか?」という話題になりました。

経営者の皆様は社員に課題図書や、提案資料作成などを課題として出していました。恥ずかしながら、私は「休暇中はしゃぎすぎてケガしないように!」とだけ伝え仕事納めをいたしました。

勉強不足、インプット量が不足している社員が多いので「課題図書でも出しておけばよかった」と経営者として後悔をしております。まだ少し先ですがGW期間に宿題として、読書課題を与えてみようと思っています。

そこで質問がございます。新谷さんは社員さんへ何か課題を出していますか?また、課題図書を出す際に、どのような方法をとれば社員のスキルアップに繋がるか、お教えいただけないでしょうか?よろしくお願いします。

 

ご相談者へ回答(回答者:新谷 哲)

弊社では、必読書という名前の課題図書が13冊ございます。こちらは入社をした社員全員に出しており「課題図書を読んだら、必ずレポート出しなさい」としております。どのような本を課題図書にしているかといいますと、ドラッカーの「現代の経営」とか、ユニクロの柳井さんの「経営者になるためのノート」とか、カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」等で、経営者になるために必要な本、と言う基準で課題図書を選んでいます。

これは理由があります。弊社は経営者向けネットメディアの経営をしていますので、「経営者様向けの文章が書けるか」が大変重要になります。社員に課題図書を読ませ、レポートを書かせることで、「文章力を上げながら、経営者の気持ちが分かるようにする」ために、課題図書という方法を取っています。また弊社には、経営者になりたいメンバーが数多く入ってきますので、経営者になるための勉強になり、一石二鳥な効果が狙えます。社員の成長を願って課題図書を出すのであれば、レポートの提出も義務付けるべきです。

 

次に新年の課題では、ライフプランというものを作らせています。ライフプランとは「5年後、10年後、15年後にはこうなりたい」という、人生設計のようなものです。社員全員にライフプランを作らせ、私が時間を取ってそれぞれと面談をして相談に乗っています。フプランは社員のやる気を引き出す方法の1つのです。毎年ライフプランを書いていると、同じ場所で足踏みしている社員、どんどん成長している社員が分かるようになりますので、新年の課題を検討するのであれば、ライフプランを出させるのも面白いと思います。

最後に、課題図書を選ぶ基準ですが、課題図書は社員を成長させる方法の1つです。経営者様が社員にどのように成長してほしいか、によって課題図書を選ぶべきです。弊社の場合は「社員に経営者になって欲しい、経営者の気持ちが分かるようになって欲しい」と思い、そのための方法の1つとして課題図書を選びました。ぜひ、社員にどのように成長してほしいかを考えて、課題図書をお選びください。

 

新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。

2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。現在、経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。日本国内では、経営者の会員登録数でNo.1のメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。著書に「社長の孤独力」(2019年6月発売。日本経済新聞出版社)がある。

※新谷哲の回答へのご質問・ご相談がある方はご遠慮なくお問い合わせください。

本コーナーで掲載する経営相談は、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の3分コンサルティング「社員を成長させる方法として、課題図書は有効か?」を編集したものです。文中に登場する社会環境や企業情報、数字情報、その他の各種事象は、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。