経営者の経営課題を解決!「債務超過でも、資金調達は可能か?」|経営ノート

経営者の経営課題を解決!「債務超過でも、資金調達は可能か?」|経営ノート

新谷哲の経営相談「経営者の経営課題を解決!」

本コーナーでは、経営者、社長、後継経営者、起業予定者などから頂戴する会社経営に関するご相談に対して、WizBiz株式会社の代表であり、経営コンサルタントである新谷哲が独自の視点で経営上のアドバイスや解決方法をご提示いたします。なお、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の「3分コンサルティング」を編集して掲載しております。(2017年4月配信)

 

相談内容:「上場を考えています。株式上場のメリット・デメリットを教えてください」

ご相談者:B社様

業種:介護デイサービス

資本金:100万円

はじめまして

介護の小規模デイサービスを始めて3年になります。

3施設やっています。利益はトントンか、ちょい赤字くらいです。

最近放課後等デイサービスが流行っているとお聞きし、やってみようか迷っております。

ただ、資金調達しないといけないと、思っておりまして……。

債務超過をしていますが、資金調達はできるものでしょうか?BSはこうなっております。

資本金   100万円
売上   1億2000万円  放課後等デイサービス
利益  少し赤字      投資1500万円
業種   介護デイサービス   3施設   3年

BS   千円単位

流動資産  10,000 流動負債  10,000
固定資産  10,000  固定負債  20,000
  純資産  -10,000
計            20,000 計            20,000

 

ご相談者へ回答(回答者:新谷 哲)

純資産がマイナス、債務超過でございますので、普通の金融機関、銀行とか信用金庫さんから資金調達するのは、ちょっと難しいです。

一方で、流動負債1000万円、固定負債2000万円と、合わせて3000万ぐらいございます。恐らくこの中にオーナー、経営者の皆様方から会社に貸し付けているお金があるのではないかと思います。

会社側から見ると役員借入金ということになりますが、もし貸し付けがございましたら、純資産1000万円の債務超過を消すことができます。1000万円あるのか2000万円あるのかわかりませんが、債務超過を消すことによって、銀行や信用金庫から資金調達できるのではないかな、思われます。

放課後等デイサービスの投資額は大体1500万円ぐらいでしょう。御社はあと3000万ぐらいは銀行から資金調達ができると思われます。

しかし、資金調達できないケースもあります。資金調達できないケースとしては、過去に事故を起こしている場合などが該当します。決算書を3期分、細かく見させていただけたら、具体的にいくら資金調達することが出来るかなど、詳細をお話しすることが出来ますので、細かいご相談に乗らせていただきたいなと思っております。

最近、放課後等デイサービス、本当に流行っておりますね。私のお客様でも放課後等デイサービスやっていらっしゃる方は皆様、儲かっていらっしゃるようです。是非いろいろご検討いただければと思います。弊社としては資金調達のセミナーや、放課後等デイサービス等のフランチャイズビジネスの事業説明会等も開催しております。是非ご参加いただければと思います。

 

新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。

2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。現在、経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。日本国内では、経営者の会員登録数でNo.1のメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。著書に「社長の孤独力」(2019年6月発売。日本経済新聞出版社)がある。

※新谷哲の回答へのご質問・ご相談がある方はご遠慮なくお問い合わせください。

本コーナーで掲載する経営相談は、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の3分コンサルティング「債務超過でも、資金調達は可能か?」を編集したものです。文中に登場する社会環境や企業情報、数字情報、その他の各種事象は、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。