社長の孤独力番外編!「お金の不安から解放されたい」|経営ノート

社長の孤独力番外編!「お金の不安から解放されたい」|経営ノート

「社長の孤独力」番外編

本コーナーでは、2019年6月に日本経済新聞出版社から出版された、新谷哲の著書「社長の孤独力」の内容を解説するとともに、本書では書ききれなかったポイントもご紹介します。経営者へのアンケートで集めた1000個の悩みをジャンル分類した本書から、毎回1テーマを取り上げます。なお、本コーナーは、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の「社長の孤独力 番外編」を編集して掲載しております。(2019年6月配信)

第2回「お金の不安から解放されたい」

本日は、『社長の孤独力』第1章第1項「お金の不安から解放されたい」を解説いたします。

18万社の経営者様からアンケートで集めた経営のお悩みのベスト1は、やはり「資金繰り」に関するお悩みでした。私もWizBiz株式会社を創業したばかりの頃は、課題のほぼ全てが資金繰りでございました。お金は会社にとっての血液ですので、1円でも足りないと倒産してしまいます。会社を創業したばかりのころは「資金繰りに失敗して、いつ倒産するのか?」を考えながら経営をしておりました。イトーヨーカドーの創業者である伊藤名誉会長も、会社が大きくなってからも夢に資金繰りの課題が出てきて飛び起きていたそうですので、全ての経営様が資金繰りに悩んだ経験をお持ちだと思います。

資金繰りの課題を解消する方法は、3つございます。1つ目は利益を出し続けること、2つ目は資金調達すること、そして3つ目は現状のキャッシュフローを正しく把握すること、です。この中で最も重要なことは、3つ目のキャッシュフロー、お金の流れを正しく見える化することです。弊社では日次で資金繰り表を作っています。そして、資金繰りの予想と現実にどのくらいの差が出ているのかを見て、資金繰りの予測と現実に差が出る原因を必ず追及することをしています。それによって、早め早めに資金繰りの課題に関する対策を行うことができます。

資金繰りの不安から解放されるには、まずはお金の見える化が重要です。この見える化は小さな会社であればあるほど重要なことです。日次で資金繰り表を作り、予測をし、予測を当てられるようにすることで、対策を次々と打つことができるからです。ただし、お金が本当に足りず、倒産が目の前にある時は、資金繰りの予測をしても仕方がありません。その時は経営者様自らが動くしかございません。資金調達を行い倒産の先延ばしを行い、次に部下の皆さん方に頑張っていただき、利益が出る体質を作ること。会社の資金を生み出していく方法は、このたった2つしかございません。見える化は、この2つの方法を確実に行うための手段だとご理解ください。

資金繰りの正確な予測ができるようになれば、お金の不安から解放され気持ちが楽になります。ぜひ、お金の流れを見える化し、資金繰りの課題から解放されてください。

 

新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。

2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。現在、経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。日本国内では、経営者の会員登録数でNo.1のメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。著書に「社長の孤独力」(2019年6月発売。日本経済新聞出版社)がある。

※新谷哲の回答へのご質問・ご相談がある方はご遠慮なくお問い合わせください。

本コーナーで掲載する経営相談は、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の社長の孤独力 番外編「お金の不安から解放されたい」を編集したものです。文中に登場する社会環境や企業情報、数字情報、その他の各種事象は、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

新谷 哲 著「社長の孤独力」特別抜粋版 無料プレゼント

CTA-IMAGE 経営ノートをご覧くださっている皆様に、日本経済新聞出版社から2019年6月に発刊された「社長の孤独力」(WizBiz社長・新谷哲著)の特別抜粋版(29ページ)を無料プレゼントしています。お申込みフォームに必要事項をご記入ください。