経営者の課題解決!「自社に合う優秀な人材の見極め法!」

本コーナーでは、経営者、社長、後継経営者、起業予定者などから頂戴する会社経営に関するご相談に対して、WizBiz株式会社の代表であり、経営コンサルタントである新谷哲が独自の視点で経営上のアドバイスや解決方法をご提示いたします。なお、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の「3分コンサルティング」を編集して掲載しております。

相談内容:「優秀な人材はどのように見極めればよいのでしょうか?」

  • ご相談者:P社様
  • 事業内容:生活品雑貨の通販事業及び製造販売

新谷さんはじめまして。今回ご相談させていただきたいのは、優秀な人材の見極めについてです。弊社の事業内容は、生活品雑貨の通販事業及び製造販売です。現状、社員数30名、アルバイト10名で業務を何とか回しています。巣ごもり需要の影響もあり、ありがたい事に業務が手一杯になり、新たな人材の採用に乗り出す事にしました。求人を出したところ、今まででは考えられない量の応募が届きました。中には「どうして弊社に?」と思うほど優秀な経歴の方もちらほら……。どの方も平時であれば、是非来てほしいと思うのですが、実際、共に仕事をしてみないと分からないので、とても悩んでいます。最終的には10名の採用をしようと考えており、何とか20名まで候補者を絞りこみました。どのような方を採用すればいいのか?人材の見極め法などありましたら是非お教えいただけますと幸いです。

ご相談者へ回答(回答者:新谷 哲)

今は採用のチャンスです!弊社は、無料版Indeed (インディード)で人材募集をかけています。すると、採用枠は1名であっても、一か月に50名ほどの応募が来ます。そこから自社に合っている、長く働いていただける、結果を出してくれるような人材を絞り込んでいきます。

では、それらをどのように見極めていけばよいのでしょうか?優秀な人材とは企業ごとに求めるものが違います。まずは、貴社独自の採用基準を作成することから始めましょう。採用基準を作るときのポイントは、実際に目の前にいる社員を見ながら作成することです。社員たちの「こういうところがいい」や「こういう部分が足りていない」など気づいたことは紙に書きだしていきましょう。しかし、多くの応募があったとしても、実際に全ての希望を満たす者はほとんどおりません。そのため、どこを優先するのかをあらかじめ決めておくことが重要です。

弊社では「地頭と根性」を優先しています。正直、頭が悪くても根性さえあれば挽回は可能です。採用基準を満たしていなかったとしても、このどちらかがあれば今後の活躍が見込めると考え重要視しています。次に、実際に自社に合うかの見極めです。そのとき、心持ちや、今後どのようになりたいかなどの「姿勢」を見るようにしています。弊社は、経営者向けネットメディアなので、少し変わっているかもしれませんが「金持ちになりたい」や「社長になりたい」とおっしゃる方の意欲や真摯さを買って採用することが多いです。このようにして、求める人物像を明確にしていきます。

こうして採用基準が出来上がったら、ヒアリングする質問をあらかじめ考えておき、面接へと挑みます。そうすれば、おのずと御社に合った人材が採用できます。大切なことは「優秀さ」よりも「自社に合っているか」です。

ぜひ、採用基準の見直しを図られてみてはいかがでしょうか?ご希望がございましたらご相談に乗らせていただきますので、ぜひお声がけください。

新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長

新谷 哲

1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。
2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。現在、経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。日本国内では、経営者の会員登録数でNo.1のメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。

※新谷哲に経営相談をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。初回のみ無料で承ります。

本コーナーで掲載する経営相談は、Podcast「社長に聞く!in WizBiz」で配信中の3分コンサルティング経営者の課題解決!「自社に合う優秀な人材の見極め法!」を編集したものです。文中に登場する社会環境や企業情報、数字情報、その他の各種事象は、原則、収録当時のものですので、予めご了承ください。

『社長の孤独力』抜粋版(PDF29ページ)
無料プレゼント中!

『社長の孤独力』(新谷哲/著) の【抜粋版】を無料プレゼントしております!

71の課題の中から「資金・人材・売上・採用・後継者」の5つを抜粋いたしました。銀行からお金が借りれない社員がすぐに辞めてしまう売上を伸ばしたい、など、具体的なお悩みの解決策が掴めます。ぜひご覧ください。

無料プレゼントの詳細はこちら

関連記事